ひまわりのひとり言 2

お気に入りの画像にちょっとしたコメントをそえて・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

五重の塔と天邪鬼(あまのじゃく) 京都

2009-02-02 10:00:11 | おでかけ
新幹線、近鉄の車窓からも美しい姿を見せてくれる、
東寺の五重塔(国宝)
総高55mもあり、日本の古塔中、最高の塔として残っています。
四度の消失にあい、五代目の塔だそうです。

(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<

初めて五重塔の中を見せてもらいました。
もちろん撮影禁止。
懐中電灯で照らしながら、ガイドさんが説明された。
耐震構造で一躍脚光を浴びた、神柱は大日如来に
見立て祀られていました。
極彩色の文様は350年前のままだそうで、
かなりいたんではいますが、
扉の左右の柱に描かれた「龍」などは、はっきり
見ることができましたね。
(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<

一階屋根のひさしの裏、はりだした柱の上に
天邪鬼(あまのじゃく)がいましたよ!

(マウスオーバーで拡大画・マウスアウトで戻ります)
<




コンパクトデジカメでなんとか撮ることができました。
天邪鬼の存在を不思議に思い、たずねてみました。

建築的には「装飾」になるそうです。。。が

仏教的にはいつも反対ばかり言う、天邪鬼にお釈迦様が
罰として「家の守り神」にしてしまったということです。
素直な心をもちなさいという教えでしょう。

(サムネイル画像をクリックし、拡大してみてくださいね)
<

 <
<
<

懸命に家を支える四者四様の天邪鬼、どこか滑稽で
憎めない気がしました。



ブログランキングに参加しています。
よろしければポチお願いします。
日記@BlogRanking

コメント (20)   この記事についてブログを書く
« 東寺縁日・初弘法さん(京都) | トップ | パフイオが咲いた! »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あまのじゃく (迷えるおじさん)
2009-02-02 13:03:41
こんにちは.

東寺の初弘法のお帰りに東寺の中をご覧になったのでしょうか.
それならば,初弘法の出店でのshoppingの時間が無かった訳,納得できますよ.

「あまのじゃく」という言葉.
他にも聞ききますよね.
よく「へそ曲がりな人」の事を指して言いますね.

そこで,
あまのじゃく【天の邪鬼】 について調べてみました.
-------------------------
①そもそもは
 「仏像で四天王や仁王が踏みつけている小さな鬼.
 又は毘沙門天(びしやもんてん)が腹部に付けている鬼面」
 の事だそうです.
②それが転じて
 「人の言うことやすることにわざと逆らうひねくれ者.
 つむじまがり」になったそうです.
-------------------------
漢字としては「天邪気」なのか「天邪鬼」なのか良く判りませんが.
どこか、滑稽 ! (kensei)
2009-02-02 14:09:34
こんにちは!

 東寺の塔を見学ですか。 4体の「天の邪鬼」など、それぞれの姿態は、違っていますが、懸命に天井裏を支えていて何か滑稽で、憎めない感じです。

 「天の邪鬼」は、もとは記紀に出てくる「天探女」(あまのさぐめ)から転化したようなので、嫌われ神様ですが、人間の煩悩を表現しているのかも? 

 明日は、節分ですから、あちこちで豆をぶつけられ逃げまどう鬼さんですが、これもまた楽しく笑える風景ですね。 
古のユーモア・・・。 (古曽部に住めば都)
2009-02-02 19:52:35
 平安時代に建立され、何度か再建され今日に至る。
それにしても、塔のなかの彫刻はそのような意図であったのか。まさに、古の人々の心意気を、今に対比して感慨ふかいおもいです。言葉の意味合いを守りたいとおもいます。
Unknown (ジュマ)
2009-02-02 21:36:02
普段見られない所を見学できると
すごく得したように思います。

あまのじゃくって漢字で天邪鬼と書くのですね。
一生懸命屋台骨を支えている姿が面白いような気の毒なような・・・・。

貴重な写真を見せてくださってありがとうございます。
東塔の中は見られるのですか (アツガーリン)
2009-02-02 22:01:27
 今晩は
 東海道線が京都に近づくと「ああ京都だなあ」と思わせるのが「東塔」ですね。
スケッチをしたことはありますが、中は見られるとは知らなかったです。
天の邪鬼、よく写せましたね。大体が撮影禁止でしょう。国宝は、、。
それにしてもユーモラスな姿ですね。
私も天の邪鬼なところがありますから、外から見ると、こんなでしょうかね。
貴重なフォトありがとうございました。
Unknown (かくべい)
2009-02-02 22:38:32
う~む、天の邪鬼というから、デジカメを向けたら横を向くお二人かと思ったら、本当の天の邪鬼ですね。
何となく憎めなく可愛い。

東寺は、織田信長が京都に上洛した時に、陣を構えていたところですね。
この目で一度見てみたいと思いつつ、新幹線からしか見たことがありません。
見事な五重塔ですね。

今度、京都に上った時に行ってみます。
お早うございます (花ぐるま)
2009-02-04 08:19:35
当時は2年くらい前に東寺に行ったときに
中の耐震構造を見た記憶があります。
それでも天邪鬼がいたことは知りませんでした。

4匹も?~の反対ばかりしている天邪鬼をお釈迦さまが
家の守り神にしてしまったという面白い話があったのですね。
今の世の中にも通じるお話、有難うございました。
面白い言い伝え (梅より)
2009-02-04 10:08:55
おはようございます、今日は1日中晴れるのでしょうかね、日差しがあると心も晴ればれ、東寺の天邪鬼なかなか滑稽で憎めない姿ですね、言葉は知っていましたが塔にこのような4体があっていい伝えられているのは全く知りませんでした、機会があれば見たく思っています、ありがとうございました。
親切に (magamik)
2009-02-04 21:47:17
迷えるおじさんさん! こんばんわ~

初弘法を見ておりましたら、五重塔の内部が見られる
と聞き、良い機会と思い見学しました。

天邪鬼について、調べ、教えてくださりありがとうございます。
言葉は知っていますが、本当の意味は知りませんので、
勉強になりました。

天邪鬼の漢字もいくつかあるようですが、天を雨でもよいとも
言われました。
でも天邪鬼がなじみやすいですね。
変えておきました。

ありがとうございました。
東寺の五重塔 (高花六無斎)
2009-02-04 21:55:08
magamikさん こんばんわ!
こちらは予報に反して夕方まで曇りの状態で10以下の寒い一日でした。
東寺の五重塔は一昨年の春訪れたとき、ガイドの方から説明を聞きました。耐震構造になっていることを聞き、感嘆しました。
天邪鬼のことも聞いたような気がしますが、殆ど記憶に残っておらず,magamikさんの説明でよく分かりました。

コメントを投稿

おでかけ」カテゴリの最新記事