歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

「都城橋紀行」沖水川を歩く

2012年02月04日 | Weblog
山の案内 歩き日記 マップ→都城橋紀行参照

 今日は久しぶりの朝寝坊で8時30分起床となった。朝食を食べ窓からの風景を見ると青空、それに暖かい。急に歩きたくなり家内を誘ったが断られ、レットさんと沖水川を歩くことにする。駐車場に車を止め10時30分歩き始める。

 青空で風もないし気持ち良い。レットさんも芝生の上で走り回っている。沖水川は河川公園として整備されており、あちこちに駐車場、簡易トイレが設置され歩く環境が整っている。堤防も歩けるがリードなしで歩ける河川芝生広場をできるだけ歩くことにする。

 昔、子供たちを連れて良くこの河川公園で遊んだ。そのときの子供たちの情景が思い出され懐かしくふと感傷的になる。今は子供たちは旅立ち夫婦二人、早く孫の顔を見たいが期待できそうにない。

 孫ができたらあちこち連れて歩きたいと思っているのだが・・・・・・。沖水川に高木原用水路の沖水川サイフォンの白いコンクリート管が露出している。

 下郡元橋、東郡元橋。郡元橋を調査しながら歩くと体が暖まり、ジャンパーを脱ぎ、レットさんの服も脱がし歩くと沖水橋に着く。沖水橋には、旧沖水橋、新沖水橋、沖水橋測道橋で3橋で沖水橋である。沖水橋の近くには霧島酒造の新工場がある。

 工場とリサイクル施設で100億円の建設費である。「おれも霧島焼酎フアンとして新工場建設費に貢献しているのだ、霧島酒造、焼酎の値段を下げろ」とブツブツ言いながら歩く。

 工場入り口の噴水は、工場から見える霧島連山の山容を表現している。最後の橋、下沖水橋に着き、ここから引き返し12時40分A2地点着く。楽歩時間2時間10分。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 甑岳(火口)を一周する | トップ | 川の見える風景(高崎川) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事