歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

鞠智城(きくちじょう)公園を歩く(山鹿市)

2012年04月21日 | Weblog
山の案内 歩き日記 マップ→歴史公園鞠智城の案内参照

 熊本に所用があり、久々のウォーキング。山鹿市の鞠智城を訪ねる。インターネットの情報では国営公園を目指している公園である。そんな訳で鞠智城の公園に点在しいる史跡をめぐりながら、約1300年前の歴史に思いを馳せようと思ったのだが

 点在する史跡に標識がない箇所が多く、その場所探しに苦労した。また。また史跡の説明板がない場所が多く、パンフレットにもそれらに関する史跡の説明が記載されてなく、物足りないウォーキングであった。

 あちこちに芝生広場、出会い広場には、四阿やベンチが設置してあるが、説明版や標識も設置してもらい。さて、愚痴はこのくらいにして、この公園はペット持ちこみ禁止である。

 そこで、創生館の関係者に了解をとり、ザッグにレットさんを詰め込み背負って歩くことにする。レットさんご機嫌が悪いので、途中、農道等では歩いてもらい、撮影時もザッグから出しました。7時55分駐車場出発。駐車場は広く無料である。

 

 遊歩道はいろいろな工法で整備されている。アップダウンもある。各ポイントに道標が設置されているが、肝心の史跡に標識がない。

 パンフレットを片手に歩いたのだが、標識や説明版(パンフレットにも掲載されてない。)のない史跡が多く「史跡公園とは何だろう」と思いながら歩く。松本清張氏が訪れた、ワクド石が見つからなかったのでが残念であった。

☆私の歩いたコース

 灰塚展望台からの眺望は良かった。鞍岳、金峰山、普賢岳、八方岳等が一望できる。公園には沢山の幼児が集まりゲームに興じていた。イメージキャラクター「ごろう君」がサービスの努めていた。

 大駐車場11時10分着。歩行距離8.1km。満足感の得られないウォーキングであった。※温故創生館の学術員、事務員、清掃員のみなさんは、大変親切で心のこもった対応をしてもらった。もちろん温故創生館の展示物も見ました。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本一石段と大行寺山に登る... | トップ | 車中泊米良三山に登る。その... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事