歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

楽輪号で肝属川河畔自転車道を走る。

2014年05月04日 | Weblog
 肝属川河畔自転車道は、道標が、あったり、なかったりで、判りづらく、途中、迷いそうな、箇所が、ありましたが、肝属川堤防を走ることを、念頭に置いて、走ったので、迷わなかったです。(^_^)v

 肝属川堤防は、右岸・左岸とも走れます。ほぼ、全線、車道と分離されていますが、途中、数箇所、車道区間を走りますが、交通量は、少ないです。

 今日の走行距離48km(途中寄り道含み)。楽輪時間(野鳥撮影時間含み)5時間(走行時間3時間30分)。
 今日は、走りたいと思っていた、自転車専用道のひとつ、肝属川河畔自転車(一般県道東串良吾平自転車道線)を走ることにしました。

 インターネットの情報で大隅広域公園を起点にしました。自宅出発が遅れ、11時10分公園着、かの有名な「つわぶき」のみそうどん大盛(780円)を食べ、味は、う~~ん、懐かしい味かな。

 鹿児島県のマスコットキャラクター「ぐりぶー」に見送られ、12時出発。公園駐車場を出ると、いきなりの急坂下り、帰路、苦労しそうだ。
 急坂を一気に下ると、「吾平山上稜」に着きます。広い、駐車場にトイレあり、帰路の急坂上りを考えると、吾平山上稜寮起点をオススメします。よって、マップは、吾平山上稜を起点としました。

 吾平山上稜は、あいらのやまのうえのみささぎ、あいらさんりょう・・・など、いろいろな呼称があります。黒羽子橋の手前に、大隅地域振興局が設置した、自転車道の看板があります。ここが、A地点(起点)です。
 新緑が美しい、自転車道を走り、県道沿いの自転車道へ・・・・?、分岐、B地点、九州自然歩道の道標で、自転車道は、どこだと、迷いながら、ウロウロ、「えい!自転車道は、左でぃ!」と、伝法な口調で、ひとり呟き、左折。
 左折すると、田園風景が広がる、自転車道から、町中を通り、風情ある月見橋を左手に見ながら、C地点(県道544号)を横断します。

 自転車道は、堤防上や河川敷を繰り返し走ります。新しく、整備された、カラー舗装歩道、河川敷の舗装自転車道、老朽化した自転車道と、色々です。

 洪水時の土砂で、埋没している、河川敷自転車道の復旧工事と思われる、区間が、数箇所ありました。

 D地点で、肝属川支線を迂回し、自転車専用橋を渡ります。E地点で、肝属川俣瀬橋を渡り、対岸を走ります。
 道標も、あったり、なかったりで、途中、工事中の迂回路で、楽輪号が喜ぶ、オフロードもありました。風向きが、向かい風になり、「きつ~~ぃ」と、ブツブツ言いながら、走りました。でも、風のお陰で、涼しいから、「持ちつ持たれつ?」・・・ちょっと用法違うね(^o^)
 遠くに、志布志湾が、見える、F地点(終点)は、近いぞと思いながら、快適に?風に抵抗しながら、走り、F地点(終点)15時30分着。F地点は、予想外の、ちょっと、寂しい風景でした。
 今回のサイクリングで、沢山の野鳥に会えました。野鳥たちの観察と、撮影で、楽しいサイクリングと、相成りました。写真左より、ホホジロ、ほのぼののアイガモ・・・・・思わず見とれてしまいました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ノカイドウとえびの高原池め... | トップ | あげ餅の「こころ屋」(鹿屋... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
吹き出しました (レンジャー中城)
2014-05-06 19:32:48
「持ちつ持たれつ?」・・・の用法の妙に笑ってしまいました。
いつも楽しみに見ています、読んでいます。
ありがとうございます。
ありがとうございます。 (won)
2014-05-08 07:43:58
受けましたか(笑い)

例えば
もたれ、もたれ、つ。。。。って、用法としては
おもしろいと思っていました。

そんな言葉はない!・・・・・たしかに

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事