歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

霧島東神社登山口から高千穂峰に登る。

2012年10月20日 | Weblog
   山の案内 歩き日記 今日の猫たち  登山道マップ&情報

  冷えてきてヒルのいない気候になり、まちにまった、霧島東神社登山口から高千穂峰登山となりました。昨夜は興奮して一睡もできず・・・・・・なんて冗談です。(^o^) 登山口6時30分着。準備をして6時45分登山開始。

 前回の登山で背負子の横棒があたり、不快だったので、水道用凍結防止材を取り付けて登ったところ、快適に登れました。しかし、狭い登山道では、樹木の枝で、締め付け縦ベルトが、外れやすいことが、判明しましたので、次回登山までには、改善したいと思っています。

 今回の登山では、非常食、雨合羽、救急薬品、コンロセット、ライトなど完全装備で登ります。背負って見ると結構重い、レットさんは喜んで走り回っています。レットさんが山頂までにダウンせずに、登ってくれることを祈りつつ出発。

 駐車場から霧島東神社経由は、登りだけけで、下りの通過は、ヒルの関係で、禁止となっていますので、ご注意ください。今回は、登り・下りとも神社を通過しないコースで歩きました。もちろん、登山届けに記帳し登ります。「頑張って登るか」「W~~oN!」(^_^;)

 このコースは、歩行距離約5kmで、部分的に平坦、緩やか登山道がありますが、その距離は短く、ほぼ全線急坂登山道です。距離・標高標識が設置してあり、目印テープ、踏み跡もしっかりありますので、迷う心配はありませんが、藪の区間はわかりにくい箇所がありますでの、注意しましょう。霧、夜の登山は危険ですのでオススメできません。

 登山開始後、直ぐ、レットさんと記念撮影、暑くなったので、長袖シャツを脱ぎ、半袖シャツで登りました。2.8km地点から、急坂勾配が増し、2.2km地点から荒れた狭い急坂登山道になります。

 あえぎあえぎ登りましょうね。(^o^) 苦しみ登る、そこが、このコースの魅力なんです。私が霧島山系で一番好きなコース所以ですかね。森の中を歩ける、喜びが、感じられるコースでもあります。(^_^)v

 荒れた急坂登山道を登ると、霞んでいますが、御池、小池が見え、黄金色の田が輝いています。レットさんは、やけに元気で、荒れた狭い、登山道では、足取り軽やかに、ナビしてくれます。時々間違うけどね。(^_-) ふーふーと、荒れた狭い登山道を登ると、青空に、ふたつの山のトンガリが、見え、二子石まであと少し。

 9時40分、二子石に無事つきました。途中、鎖柵石段があり、ここでアグネスさん思い出し、涙がこぼれるのですが、今回は大丈夫でした。鎖柵石段の周辺登山道は、転落に注意して、慎重に登りましょう。二子石でおやつタイム、レットさん、風景を撮影して、私が最も好きな、展望ポイントを目指し出発。「レットさん疲れた?」「元気!WON!」

 展望ポイントは、朝露に濡れ、靴もズボンも濡れ、風も強く、冷えます。ここでコーヒータイムと思いましたが、下山時に変更し、山頂を目指すことにしました。展望ポイントから見える、高千穂峰の威風堂々とした山容、何もかも、包み込んでくれます。D地点からの、登山道には、火山ビリ砂利が、堆積していました。一部木段が埋没していました。

 詳しくは、高原登山口の案内を見てください。長い木段急坂を登り、11時山頂着。なによりもレットさんが、ダウンせずに山頂に立てたことに、ホット安心しました。良く登ってくれたと、頭をなでてやりました。(^_^)v

◆高千穂峰で出会った登山者の皆さん

 写真右のAさんは、小林市に転勤で住むことになったので、登山を始めたとのことでした。山の案内を知っておられて、レットさんと記念撮影となった次第です。写真左のBさんは、宮崎市在住で、今日は天孫降臨コースで登ったと言われまして、レットのことを知っておられ、記念撮影となった次第です。Aさん、Bさん今後ともHPよろしくお願いいたします。

 写真左の少年は、鹿児島市の兄弟で、お父さんと一緒に登ったとのことでした。犬が好きな少年で「犬を撮影していいですか」「いいよ」となった次第です。仲の良い兄弟で、明るく、弟さんが「兄ちゃん、兄ちゃん」と頼っている姿が微笑ましかったです。 写真右の若い女性は、福岡の犬大好きの登山者で、レットさんは、犬好きを見抜き、直ぐにスリスリして膝の上に抱っこされました。笑顔の素敵な天真爛漫な女性でした。

 写真左は、犬好き女性登山者で直ぐにレットを抱っこし、ほおずりされたり、キスしたり、犬が好きでたまらない感じで、レットさんを暫く抱っこされていました。「家の犬が躾が悪く苦労します、こんな犬なら良いのに」と、言われました。レットさんと別れるとき、「連れて帰りたい」と言われました。レットさんは美人が好きなので、なかなか離れたがりませんでした。

 写真右は、鹿児島市の元気若者達です。とにかく、明るいのです、笑いが絶えない、若者で、犬好きで、思わず笑いの世界に引き込まれ、何故かホットした時間を過ごせました。いいですね若さと笑顔、羨ましい限りです。バーナーに火が付かないとき「これ使ってください」と、マッチをもらいました。この場をお借りしてお礼申し上げます。本当に清々しい、明るい若者達でした。

 山頂で撮影していると、「山の案内のレットさんですね」と、男性登山者Cさんが言われたので「そうです」と答えたところ、「わあ、嬉しいな、ここで会えるとは、いつかは会えると楽しみにしていました、いつもHPを参考に山に登っています」と、言われ、握手を求められました。私のHPが役だっていることを聞き、大変嬉しかったです。

 Cさんは鹿児島市在住で、霧島東神社登山口コースが一番好きだとのこと、私と同じで、またも握手。ほんとうに明るく、元気で、笑顔の素敵なCさんでした。別れ際、また握手を求められ3回目の握手をしました。握手の時、手袋をしたままだったのを後で気づきました、大変失礼ました。お詫び申し上げます。

 出会った皆さん、全員、素敵な笑顔で、ほのぼのとしました。また何処かの山で、会える日を楽しみにしています。

 昼食は、いつものカレーカップラーメンと、おにぎり、カップラーメンはお湯を入れて、直ぐに食べました。今では、この食べ方に、病みつきになっています。みなさんも一度、お試しあれ、うまいですよ。

 今日は、緑茶をパックいれ持参し、沸かし飲みました。ペットボトルで味わえない、お茶の香りのする、美味しいお茶を味わえました。もちろんレットさんにも昼食を与えます。遠くに二子石を見ながら食べました。

 山頂で楽しいひとときを過ごし、12時10分下山開始。下山開始し、木段を2段くらい下ったとき、「歩けないwon・・・・」と元気のない声、振り向くと、寂しそうな表情で、立ち止まっているレットさん。「登り頑張ったからな、背負ってやるか」と、レットさんをキャリイに入れ、背負うと、ズッシリと肩に重みがつたわりました。

 ここからMP3プレイヤーでBGMを聞きながら下ることにしました。最初のBGMは、ジュリー・ロンドンの「私を月に連れてって」でした。良い曲です。快適に急坂、木段を滑らないように慎重に下り、天孫降臨コース分岐を過ぎ、平坦登山道を歩き、急坂を登ると展望ポイントにつきます。

 ここで背負子をおろし、レットさんを外にだし、コーヒータイム。もちろんチョコレートはブラック、今日は、明治ブラックチョコ、確かに苦みが強い。コーヒーを飲みながら、ロッド・スチュアートの「この素晴らしき世界」をリピートし何回も聞きました。何故か、高千穂峰の雄大な風景と、マッチするのです。レットさんにおやつを与え、山頂に雲が漂う風景を見ながら、40分間を過ごしました。

 キャリイにレットさんを入れずに歩き出すと、またもや「歩けません。won・・・・」と、悲しそうな声、振り向くと立ち止まっている。「ふー」と、息を吐き、レットさんをキャリイに入れ、背負って、下りました。

 狭い荒れた登山道では、左右に、前後に揺れるので、レットさんは起きているようです。ところが、広い安定した登山道になると、眠ってしまいます。不思議な事に、レットさんが眠ると、肩にかかる重みが増えるのです。

 何回か語りかけましたが、返事がありません。余ほど、疲れているのでしょう、静かに寝かしてやり下りました。登山届けに記入して、登山口15時35分着。登山口で、レットさんをキャリイから、だすと、いつもの背伸びです。可愛いですね。(^_-)。大好きな可愛いレットさんです。BGMは、由紀さおりの「マッシュ・ケ・ナダ」歌唱力抜群です。楽山時間:8時間50分。満足の一日でした。

 今回、5kmの急坂をレットさんを背負って下りました。確かに重かったですが、そう苦にはなりませんでした。これは毎日、15000歩以上、速歩ウォーキングの効果と思っています。でも、レットさん背負っての5km登りには、自信がありません。その点、今回はレットさんが、頑張ってくれた、お陰と感謝しています。一日たった今日、肩が少し張り、痛みがあります。

 下りは、1脚杖にカメラをセットし、花を撮影しながら下りました。幸運なことに、ダイモンジソウの花に、出会え感動しました。花の形が、大に似てることから、名付けられたそうです。ここで出会えるとは、思いもよらなかったことでした。

 キリシマヒゴダイも1脚のお陰でブレずに撮影できました。その他、ホソバリンドウも咲いていました。小さいイロハカエデ(?)が、紅葉していました。イロハカエデ?名前には自信がありません。悪しからず。

 
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ワーカーズレーベル小物入れ... | トップ | 登山雑感・その4(低山・軽... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (レットさんLOVE)
2012-10-21 21:56:45
もう限界です。(笑)
コメントせずにはいられなくなりました。

たまりません~~レットさんかわいいですねぇ~~

山でのアイドルスター・・・レットさん(^^♪

私も会いたい気持ちが募るばかりです。

会えた人羨ましい限り・・・(笑)

いつもホームにお邪魔させてもらっての山の情報・・・私にはPCで空想しながら~実際に行けたらどんなにすばらしい事でしょう?

癒されてます。(^^♪

有難うございます。




ありがとうございます。 (won)
2012-10-22 18:49:57
レットさんLOVEさんへ

山でのアイドルスター・・・・そう思って頂いて嬉しいです。レットも喜んでいます。

是非、登山を始めてください。いつか、何処かの山でレットに会ってください。

それまでは、私のHPで癒されてください。(^_^)v

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事