歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

ウォーキング雑感その2

2012年09月17日 | Weblog
山の案内 歩き日記 ウォーキングコースの案内

◆はじめに

 私が、今まで歩いたコースは、橋紀行を除いて、48コースで、大部分は宮崎県内です。一番遠いコースは新潟県の佐渡です。コースは、海岸線、森、渓谷、田園、伝承建造物群、神話伝説の地、史跡、街とあれこれです。

 登山とウォーキングは、同じ歩くことですが、どちらを選択するかと言いますと、やはり登山です。かといって、ウォーキングも好きです・・・「どっちやはっきりせい!」と。怒られそうですが、ただ歩くことが好きなんです。

 私の歩くコースは、いつも登山で山の中を歩いているせいか、海の見えるコースが多い気がします。海はいいですね、大海原を見ていると、日常の些細な事柄が、小さく見えます。「いろいろとあれこれ考えない、人生はなるようになるのさ」と、誰かに聞いた言葉を思い出します。

 はじめて訪ねるウォーキングコースのときは、まず、インターネット情報を活用し見所を決め、コースを設定します。そして、おおまかな歩行距離と歩行時間を設定し、出発時間を決めます。当然ながら駐車場の位置は必ず確認します。細かな事は、着いてから考えます。計画はおおまかでいいと思います。

 ウォーキングの時は、カメラと手帳、マップを持って風景や時間、歩道の状況などを記録しながら歩きます。今は動画撮影もしています。もちろんレットさんも同行します。登山と一緒で、団体ウォーキングは、好きではありませんが、スタッフで参加することはあります。初めて歩くコースのワクワク感は何ともいえない快感です。あ、それから、MP3プレイヤーも持参しますね。(そのときの気分で聞きます。)

 登山は、コースが予め設定されていますので、それに乗っかれば良いので楽ですね。でも、ウォーキングは、自分で場所を探し、コース設定しないといけないので、ちょっと面倒かな。

◆今、歩きたいウォーキングコース

 古事記編さん1300年「神話のふるさとみやざき」のブームにのり、前回、西都市の「記紀の道」を歩きました。素晴らしいコースでした。そこで、神話伝承の地、「高原町記紀の道」(勝手に命名)、インターネットで偶然見つけた、桜島と錦江湾を一望できる、「うわば公園」、美しい日向灘を満喫できる「日南海岸(前回歩いたつづき)」を歩こうと考えていますが、どうなることやら・・・・・・・・

◆オススメコース

 ここでオススメコースを紹介します。沢山のコースから選択するのは、悩ましい作業でした。私がオススメしたコースを訪ねられて、「大したことない」と、思われるかしれませんが、個々人の感じかたですので、悪しからずお許し下さい。

 県内(北から順に)

 日之影セラピーロード(トロッコ道、石垣棚田、石垣の村、見立渓谷など) 日向岬(米の山、クルスの海、灯台、日向岬、馬の背、細島港、港資料館など)

 美々津海岸(美しいリアス式海岸、美々津大橋、国の重要伝統的建造物群など) 潮騒の道(有料道路歩道、臨海公園、市民の森など)

 記紀の道(古事記の記、日本書紀の紀から命名された、神々に出会える道) 照葉大橋遊歩道(日本最大の照葉樹林帯、渓谷、大吊り橋など)

 正応寺(国の重要文化財、史跡、六ヶ村城展望台、湯屋谷の滝など) 御池(野鳥の森、小池、皇子港、霧島東神社、キャンプ場など)

 油津(港、堀川運河、岩窟祇園神社、津の峯展望台、日南海岸など) 亜熱帯作物支場(亜熱帯植物園、ジャカランダノの森、トロピカルドーム、茶碗山など)

 県外

 旧国鉄宮原線遊歩道(竹筋コンクリート橋、木塊館、北里柴三郎記念館など) 佐渡(港、道の駅、トキの森公園、本間家能舞台、牛尾神社など)

写真左:美々津海岸・右:石垣の村

コメント   この記事についてブログを書く
« 登山雑感・その2 | トップ | 自転車選び途中経過報告 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事