歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

背負子鍛錬韓国岳往復登山

2010年09月24日 | Weblog
 山の案内 歩き日記 霧島山系の案内

★駐車場(9:53)→(10:35)5合目(10:45)→(11:15)山頂(12:35)→(13:18)駐車場 楽山時間3時間25分 

 背負子鍛錬登山のため韓国岳に登った。登山口無料駐車場は、満杯であったので、不動池に隣接する駐車場に駐車する。

 レットさん、ペットボトル水、一眼デジカメ諸々を詰め込んでの背負子登山である。レットさんは歩いて登りたい様子だったが、背負子に無理矢理詰め込んだ。

 あえぎあえぎ登り5合目に無事着いた。休憩していると小林市立「三松中学校2年生」の75名の生徒が登ってきた。

 ワイワイがやがやと賑やかである。生徒の話によると、中学2年生は韓国岳登山と決まっているだそうだ。

 5合目で休憩し出発。5合目からは背負子に体が馴染み、わりと楽に登れた。山頂に無事到着。山頂から霧島連山、高隈山系、桜島、大浪池が見える。久々の快晴山頂だ。

 山頂で風景を楽しみながら昼食。昼食はおにぎり弁当280円・ペットボトルお茶78円也。レットさんは、きょうのごほうびプチビスケット250円也。

 食事の後、アンパンマンミニスナック126円を2本食べた。アンパンマンスナックをうまいし補給食にピッタリだ。おすすめしたい。(^_^)v

 弁当を食べ、風景を撮影しようと思ったとたん、ガスがかかり、厚い雲が空を覆い、またしても撮影ができなかった。

☆65歳くらい男性と話したこと。

 「今日は、中学生の案内人ですか」
 「いえ、孫が心臓が悪く、学校側から付き添いがあれば登山許可すると言われたので
、その付き添いで」

 「お孫さんは、自分から登りたいと言ったのですか」
 「そうです、どうしても登りたいと」

 「そうですか、でも登れて本人は喜んでいるでしょうね」
 「はい、まわりのみんなも驚いていると思います」

 「おじいちゃんの力ですね」「いいえ、孫の友達の力です、みんな応援してくれました」
 「本人も自信がついたでしょう」「そう思います」

 赤いヤッケをきた小さいお孫さん(女性)が、友達と楽しそうに食事をしている姿を遠くから眺め、「病気に負けるなよ」と祈った。

 山頂でいい話を聞き満足しながら晴れ間をまったが、晴れないので下山を開始する。下の写真は昼食前のレットさんです。

 背負子鍛錬韓国岳往復登山は、満足できる結果で、自信がついた。下りは快適にノンストップで下れた。

 ただ、レットさんは、不満足な顔をしていたので、下山後、駐車場周辺を散歩し、満足顔のレットさんをキャリィに入れ帰路についた。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 1泊2日車中泊登山(くじゅ... | トップ | レットさんのリードを作る »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (うり)
2010-09-25 20:21:39
山のおいしい空気を吸いながらの友達と食べる
お弁当・・・そのお孫さんの元気のもとになった
でしょうね~。
背負子に入るレットさん、相変わらず可愛いです
おはようございます (won)
2010-09-27 04:12:23
お誉めの言葉、ありがとうございます。
レットさんも喜んでおります。

お孫さんとおじいさんは20分ほど先に下山され
無事に登山口に到着されました。

いよいよ秋ですね。
また紅葉の山で会いましょう。


初めてのルート (夢ミルク)
2010-09-27 12:39:29
レットさんはず~っと背負われっ子だったのですね。
本当に、おりこうさんですよね。かわい~いし。

25日(土)どこに行こうか決めないまま
おにぎり2個、スナック菓子1個、スポーツ飲料他
(ビールを隠し持って・・・・)出発!

結局、霧島神宮に車とめて、竜馬さんとおりょうさん
がいったいどんな道通ったのかな?とそのルートでした。 高千穂河原まで1時間45分、途中いろいろな
きのこに出会いながら・・・。

途中どなたとも出会わなかったのが、どーも不思議
でした。駐車場で、ちょこちょこ歩くワンちゃんを
見かけました。が残念ながらレットさんではありませんでした。
いつどこで会えるのかを楽しみに、
山の季節を迎えました。
おはようございます (won)
2010-09-28 05:40:42
おりょうさんの気分で森林浴を楽しめたようですね。
このコースは森林浴に最適なコースです。
それに隠し持ったビールがおいしかったでしょう。

霧島山系の紅葉と言えば、大浪池、えびの高原池めぐりです。
ぜひチェレンジしてください。

「会える日が楽しみ、won!」とレットさんが言っております。



コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事