歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

ニガゴイ(ニガウリ)簡単料理。

2012年10月18日 | Weblog

山の案内 歩き日記

 みやま荘に宿泊したときに、夕食のニガゴイの天ぷらが、美味しかったので、私が良く家でつくり、家族に好評のニガゴイ料理を紹介します。ニガゴイの味の決め手は苦みですので、苦みが残るように調理します。

◆ニガウリの蘊蓄

 ニガウリ(苦瓜)は、ツルレイシ(蔓荔枝)の別名で、沖縄ではゴーヤと呼ばれ、諸県弁ではニガゴイと言います。苦い味が特徴で、好き嫌い分かれる野菜です。私も子供の頃は食べられませんでした。

 種子に共役リノレン酸を含み、ビタミンCなどの水溶性ビタミンを多く含むことや、健胃効果もある苦味のため、健康野菜として、日本全国で栽培されています。

◆ニガゴイ簡単料理

①ニガゴイを二つ割りにし、種をとります。
②白い中綿をスプーンで取り除きます。
 ・白い中綿が苦みの元ですので、好みにより取り除き量を加減してください。
 ・私は苦いのが好きなので、少ししか取り除きません。

③2~3㎜厚で薄切りにします。
 ・下茹の必要ありません。
④それに軽く塩を振り、暫く置きます。
  ・味見をし、塩辛い時は、軽く水で洗ってください。

⑤④を軽く揉み水分を出します。
⑥マヨネーズ、ツナ缶、胡麻油、ラー油、ポン酢などをまぜます。
 ・ツナ缶は、お好みで、絞って油を出してください。
 ・調味料は、お好みの量で、何でもお好きなものを、まぜください。
 
⑦⑥と⑤まぜて完成です。

コメント   この記事についてブログを書く
« 湯之野温泉・みやま荘に泊まる。 | トップ | ワーカーズレーベル小物入れ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事