歩き日記

登山道情報・ウォーキングコース情報・愛犬とのウォーキング・生き物・植物・音楽など

珍姓(名字)さん回答

2012年10月27日 | Weblog

山の案内 歩き日記

◆SHARP電子辞書の読めそうで読めない漢字「クイズもどきの珍姓さん」より

 日本の名字(姓)は、十二万以上で、世界一の数と言われています。鈴木さん、佐藤さん、高橋さん、渡辺さんが、日本では最も数の多い四大姓です。「ホントに、こんな名字があるの」と、吃驚する、難読な名字の回答です。

☆回答

四月一日(わたぬき)さん:衣替えで、この日から綿入れを脱ぐことから。
月見里(やまなし)さん:周りに山がないので月が良く見えるから。

小鳥遊(たかなし)さん:鷹がいないので、小鳥が安心して遊べるから。
春夏秋冬(ひととせ)さん:四季を通して一年。

一口(いもあらい)さん:出入口が一つだと、芋を笑うような混雑ぶりになるから。
九寸九分(くずはた)さん:一尺に一寸足りなくても、機(はた)で織った布が半端(はんぱ)ものになって、売り物にならずクズ同然に扱われるから。

栗花落(つゆり)さん:栗の花が盛りを過ぎ散り始める頃が、ちょうど梅雨入りにあたることから。
朏(みかずき)さん:陰暦では、空に月が初めて出るのは、その月の三日目だったところから。形はもちろん細長い弓形の月。

コメント   この記事についてブログを書く
« 東京にて(25~26) | トップ | 霧島の紅葉を訪ねて »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事