~ 不定期 マエダガス トクトク通信 ~

皆様に知って得する快適生活のヒントや楽しい情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガス給湯器等の不具合について

2017-01-14 13:00:00 | 日記
今日は朝から雪がちらついていますね。寒い冬に良くお問い合わせをいただく事を説明をさせていただきます。


●スイッチを入れていないけど給湯器から音がする。
これは給湯器本体の凍結防止のために、ヒーターが働いて動いている、又は追焚き用ポンプが作動しているからです。
ヒーターが働かないと給湯器内に残っているお水が凍り、膨張して最悪の場合は破裂してしまいます。

給湯器を使用しない時でも寒い冬場はコンセントは抜かずに差しておいて下さい。
(長期不在にする場合は給湯器の水抜きをしておくと安心です。)

追焚きタイプの給湯器の場合は、浴槽の残り湯を循環アダプター上部より5cm以上ある状態に残しておくと、
給湯器本体のポンプが自動運転して追焚きの配管内の水を循環してくれるので、冷える日には残り湯を残しておくと安心です。

<ガス給湯器周辺の配管の凍結予防方法>
・リモコンの運転スイッチを 『切』 にします。
・おふろの給湯栓を開け、1分間に約400ミリリットルの水を浴槽に流しておいてください。
 ※サーモ付やワンレバーの混合水栓の場合は、設定を最高温度の位置にしてください。
 ※シャワーから水を流す場合、シャワーヘッドは浴槽にたまった水につからない位置に置いてください。

(その他凍結防止の対策もございますので、取扱説明書をご覧ください。)


●給湯栓(お湯が出る蛇口)からお湯も水も出なくなった。
給湯器に入っていく配管の水が、又は給湯器内の水が凍結してお湯が出なくなることがあります。
また、外気温が下がる時だけでなく風向きや日当たりなど環境条件によっても凍結する場合があります。

<対処方法>
・給湯器のリモコンスイッチを「切」にします。
・気温の上昇により、自然に解凍するまで待ちます。
・蛇口から水が出るようになります。
・機器や配管から水が漏れていないかなどを確認して、ご使用ください。
 ※熱湯、ドライヤーでの解凍は絶対に行わないでください。水道管等が破裂する恐れがあります。

どうしても待てない!という方は、給湯器に入っていくお水の配管とバルブにタオルなどを巻き、ぬるま湯をかけてゆっくりと溶かしてみて下さい。
その際電気のコンセントなどに水をかけないように、十分注意して作業して下さい。

凍ったところを急に温めてしまうと温度差で割れてしまう・・・そんなことになりかねないので、十分注意して自己責任でお願いします。


故障かな?そう思った時はあわてずに取扱説明書などを確認してください。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« あけましておめでとうございます | トップ | あけましておめでとうございます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事