天ノ岩戸

趣味のマイコンやDSPを使った実験の記録です。というか、ほとんどBlackfinネタ。日本神話とは一切関係ありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Natural Tiny Shell (NT-Shell) を実装してみた

2011-11-25 11:22:43 | 作成物

Shinichiro Nakamuraさんが開発されたNatural Tiny ShellをBlackfinに実装してみました。Duinofin(BF504F Arduinoピン互換基板)のブートローダに使おうかと思っています。

http://sourceforge.jp/projects/ntshell/

ソース一式をダウンロードして、ドキュメントとサンプルコードを確認しながら、UART部分を実装して実行。この間約1時間ぐらい。

あっさりとシェルが動きました。



きちんと制御シーケンスも認識し、History機能も動いています。
ビルド時にsize_tの定義でエラーが出ましたが、それ以外はWarningもでず、よく出来ています。

VT100の実装は何度かしたことがありますが、結構面倒なんですよね。特にHistoryなんて、めんどくさくて実装見送りとか。


ビルド後のフットプリントがこちら。NT-Shellのソースはオリジナルのままですが、Blackfinの初期化コードやドライバも含んでいるので、参考程度に。

コードサイズ :7728 bytes
スタックサイズ:76 bytes
データサイズ :4260 bytes

データサイズがやけにでかいなと思ったら、vtparse_table.cのSTATE_TABLEが犯人のようです。Blackfinはコードとデータは別扱いなので、コード領域にconstデータを置けないのですが、コード領域にconstデータが配置できるプロセッサなら、使用RAMサイズはかなり小さくなるかと。この程度なら、何の問題ありません。

あとはELFパーサとFLASHアクセスまわりを整備すれば、専用ブートローダの出来上がり。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« TOPPERS/JSP for Blackfinの... | トップ | 電卓買いました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作成物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事