ブログ窓辺の机

イラストを描きながら、ちょっぴりと楽しくネ…♪

ゴン爺と桜

2017-04-23 | 短編・詩・創作
ゴン爺は今年も桜の開花を待っていたのでした。
息子夫婦には桜どころではなく農作業が忙しかった。
昔は花見と称して集落で宴会をしたものだったが、
何時ごろからだろうか、それも無くなってしまった。
かつて桜の下で心の底から酔っていたこともあった。
妻を亡くして悲しい酒を飲んでいたこともあった。
寒いせいなのかいつもの年より開花が遅れていた。
ゴン爺はただ綺麗な桜を待っているのではなくて、
寒さや嵐に耐えながら咲く桜をじっと見つめていた。


写真は文と関係ありません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブラックホール | トップ | 続ゴン爺と桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿