ブログ窓辺の机

朝起きて窓の外の風景を眺め、
昼はたまに簡単なイラストを描いたり、
夜はパソコンに向かいブログを書く…。

農業

2018-10-02 | 短編・詩・創作
年老いても米作りに精を出し
いくら技術や機械が発達しても
天候の変動に左右される農業
台風に耐え豪雪も乗り越えて
また来年も挑んでいくのだろう
生きる強い意志を胸に秘めて


色画用紙125mm✖175mmにボールペン、色鉛筆で
(色画用紙は100均で)

どんな土地でも生活でも仕事でも
生きていくのには厳しいものがあるけれど
それでもそんな中からも
なんらかの楽しみを見つけて生きていく
ものをつくるという楽しみもあるんでしょうね
コメント

暗いトンネル

2018-08-06 | 短編・詩・創作
俺は悪夢を見ているのだろうか
暗いトンネルが何処までも続く
ここになんでいるんだろう
思う通りに足が前へと進まない
死の予感が脳裏をかすめる
出口はなかなか見えてこない
この国の閉塞感の中には
民衆の諦めがあるのだろうか

暑い季節の長いトンネルがあって
辛い病魔と闘うトンネルがあって
いつかここから抜け出す日を夢みている



あくまでも創作ですのでご心配なく…
念のため
コメント (6)

生きる道(番外編)

2018-07-26 | 短編・詩・創作
生きる道はこれしかなかったのか
嘘つき偉い人にならずによかった
もちろんなれる分けでもないが
それを取り巻く連中のようにも
連中の給料はもうすごいものだろう
それでも泥まみれの暮らしの中で
虫けらのように生きていようとも
生きる道はこれしかなかったのだ
ずいぶん甘い考えもあったのだが
これが自分の生きる道だったのか


暑い街幻かそれとも熱中症なのか

「生きる道(番外編)」は後編から移動しました。
今日オーム真理教元幹部2回目の死刑が執行された。
事件で亡くなった方の無念と後遺症で苦しむ人、
その家族の悲しみはいかほどだろうか。
死刑を執行する側の確執はどうだったのか。
世間の受け止め方はどうなっているのか。
人間とは一体なんなのでしょうね。
生きていく考え方をどうすればいいのだろうか。
暑い夏の重苦しい空気が横たわっている。
コメント (2)

生きる道(後編)

2018-07-25 | 短編・詩・創作
振り返れば…
真っすぐだと思っていた道が曲がりくねっていた
それは山あり谷ありの道でもあったのだった
それでもよくもまぁここまで歩いてきたものだ
あとは最期までもう少し進むだけなのだろうか
それともゆっくり体を休めながら…
記憶でも辿ってみるべき時がきたのだろうか
きっと迷惑をかけたことが多かったに違いないが
都合の悪いことは忘れてしまったのかもしれない


もう暑いので簡単な絵でゴメンナサイ
(いつも簡単だけど)
コメント (4)

生きる道(前篇)

2018-07-23 | 短編・詩・創作
遠い道を歩いていく
何処へ続いているのだろう
一体何があるのだろうか
知らないことばかりだった
ある日突然倒れているかもしれない
そして助けられることもある
人の役に立つことはあるだろうか
楽しいこともあるだろう
悲しいこともあるだろう


簡単過ぎる絵でスミマセン…

気候というものは不思議なものです。
極端に暑いところもあれば、
比較的涼しそうなところもあります。
この地方は曇り空が2週間以上も続いたでしょうか。
だからそんなに暑い日はなかった。
小さな島国なのに随分と違うものです。
それぞれの人生の道もまたさまざまでしょう。
1人の長い人生にとってもいろいろなことが起こります。
今日も1日ナントカ頑張って生きろうかなと思います。
(息抜きしながらネ)
午後から晴れてきました。
今度は暑さが続きそうです。


コメント