ブログ窓辺の机

季節の移ろいに楽しいこと気になることを
気が向いたときにはイラスト入りで…

只今年賀状準備中

2018-12-14 | 季節の便り
そろそろ年賀状の準備を
しかし寒くてなかなか気が乗らない
それに年齢のせいか体のあちこちが痛い
雪寄せのせい
膝、肩、腰も…病院に行くほどでもないけれど
それでもぼちぼち始めなければいけない


「海岸線」

年賀状にあちこち痛いことは書けないし、
絵柄を載せて言葉をなるべく少なめにして。
いろいろと想像をしてくれると嬉しいのですけど。
プリントも1発ではうまくいかなくて、
それでもなんとかようやく終わりましたが。
宛先はへたな直筆です。毎年苦労しています。
これが終わらないとお正月がこないのでね。
前回の年賀状を見て気が付いたのですがパソコンで書く方は、
住所が変わったのに、そのままにしている人がいる。
前の住所があまり離れていないために届くことは届くのだが、
配達員も若返りしているので正確な住所にしてもらいたいのですが。
コメント (2)

雪ものがたり⑥

2018-12-11 | 暮らしの中で
「〇〇君へのメール」
ようやく日差しが出てきましたね
寒波も少し緩んできたようだよ
雪が降るともうすぐクリスマスだね
ケーキを楽しみにしていますか
お正月のお餅を心待ちにしている子も
干し柿もおいしかったようだね
家族も大勢集まってくるだろうか
2月にはチョコレートの日もあるとか
また受験とか就職とかがある子も
この冬を乗り越えたらまた楽しみがくるよ


星に願いを込めて〇〇君は何かお願いしたかな

年々老人には冬の寒さが堪えてくる。
まして今年のように突然真冬並みの寒波が
くればたまったものでない。
その点、若者達には未来がある。
この冬を越えれば新しい世界が待っている。
老人にも視点を変えてみることは
大切なような気がする。
そんな余裕があればいいのだが…。
たわいもない小さな物語(断片)に
お付き合い下さり有難うございました。
雪になって今年もいよいよ大詰めへと向かっています。【完】
コメント

雪ものがたり⑤

2018-12-10 | 暮らしの中で
真夜中に音がしたと思ったら除雪車がきて
朝起きてみると家の前に雪が積もっている
今冬もまた各家が朝の雪寄せを始める
さぁ気を取り直して運動のため
車がすぐに出やすいようにするため
(緊急に備えるためにも)


石川県の雪みちナビより

除雪車のみなさま深夜から大変ご苦労さまです。
これから数か月まさに雪との格闘が始まる。
雪国の苦労、知恵、粘り強さが試されるのです。
コメント (2)

雪ものがたり④

2018-12-09 | 暮らしの中で
やはり真冬並みの寒波がきて、
まだスノーダンプも準備していなかった。
すぐに取り出せるのだが、
今迄おっくうで出してはいなかった。
年齢のせいか体も頭もついていかなくなった。
昼食後NHKのど自慢大会(大分市)を見た。
みなさん元気いっぱいで楽しい。
気持ちの若さは大切なことだろう


どうやら今夜も白い魔女がやってきそう。
心も凍るような夜道を歩けば死の予感がする…。

はたして強気の人生だけが幸せなのかどうか。
諦めてみることもまた人生ではないのか。
もちろん年齢によっても随分違ってくるのでしょうね。
こんな寒い夜にはホットドリンクでも飲みながら、
内面を深く掘り下げてみることもできるのでは。
お金も名誉も全く無かった人生だけど、せめてこんな寒い時に
暖かな部屋で過ごすのは幸せと言えるのではないだろうか。
そう言えば寒過ぎて、ここ数日車で外出をしていなかった。
今日初めて家の前の雪寄せはしたけど、
外はもう冷凍庫のような状態になっていた。
コメント

雪ものがたり③

2018-12-07 | 暮らしの中で
感覚も時間も冬の空へ消えてしまった
内面すべて空っぽになったみたいな
魂の抜け殻はどこへ向かうのだろう
お金も青春もどんな意味があったんだろう
凍えるような部屋には悲しい影が残る


何故消えていく…

家族とか兄弟には今のところ認知症は聞いていません。
急激な寒さのせいか自分の記憶が次第に薄れていくような
感覚に襲われたことを表現してみました。
大荒れだけどまだこの辺は雪になっていません。
夜あたりには降ってくるのだろうか。

コメント (2)