たにしのアブク 風綴り

風の行方へが気になる方へ。 里山散策者の独り言。 つぶやく言葉はほとんど泡。影響力はないので、気にすることもなし。

7月1日は一年の折り返し「半夏生」の日ですね。

2020-06-30 15:10:20 | Journalism
きょう、6月30日で令和2年の半分が終わりました。
21世紀の「世界史に記録」される年になっています。
新型コロナウィルスが地球規模で増殖・拡散して、
感染者は1000万人を超しました。



現時点での感染防止策の決め手は、
「人と人が接しないこと」、
「人が動かいこと」です。
社会活動・経済活動の停止です。

「社会・経済活動の瀕死状態」です。
「瀕死は御免だ」と「活動を開始」すれば、
ウィルスが拡散して感染者が継続的に絶えません。
「人の命」か「経済社会の再生」かの緊張感関係が、
「WITHコロナ社会」です。人類の節度が試されている。



ところで7月1日は、
七十二候の半夏生(はんげじょう)です。

半夏(はんげ)とは烏柄杓(からすびしゃく)という毒草植物で、
生(しょう)はこの植物が生ずる季節・時候という意味だそうです。



ハンゲショウは7月初旬ころから花を咲かせるが、
この時に葉の一部の表側だけが白くなることから、
「半分化粧、半夏生」となたっと言われています。
梅雨明けが近い・梅雨明けの頃を指してもいます。



半夏生の日は毎年7月2日頃とされています。
夏至から数えて11日目とされています。
今年は閏(うるう)年でしたので夏至は6月21日でした。
半夏生の日も7月1日になりました。



この日、たにしの爺は82歳にして生まれて初めて、
身体にメスが入る日になりました。怖いです。



さらに7月1日は山開きの日ですね。
夏山シーズンの始まりです。
「WITHコロナ」で夏山、山小屋は様変わりになりました。
爺の知っている「夏山アルプスの山小屋の夜」は、
密密の極みですね。目刺し状態で横になって寝る。

単独行のテント泊まりの山行は密集にはなりません。
もし事故や遭難した場合は救助隊員と密になります。
止み難い山への誘惑に駆られて出かけたくなるでしょう。

夜の東京、官能接待のキャバクラ、ホストクラブ、
ガールズバーが感染の発生地になってきました。
止み難く酒場に行きたい人が感染するのは勝手ですが、
ウィルスを持ち歩く結果、社会に拡散します。

自粛・節制がWITHコロナ社会のマナーです。
「節制」できない一部の人によって、社会全体が「瀕死状態」になります。
コメント   この記事についてブログを書く
« 関東甲信が梅雨入り「雨と暑... | トップ | PCR検査を受けました。陰... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Journalism」カテゴリの最新記事