なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

半端ない大迫のゴールは、ハリルの教えの影響か?    殊勲のFW大迫が証言「ハリルからも言われていた」

2018-06-21 20:39:20 | 日記

日本代表、“悪癖”から脱却? 殊勲のFW大迫が証言「ハリルからも言われていた」

6/21(木) 11:20配信

Football ZONE web

決勝ゴールを叩き込んだFW大迫勇也が日本の悪癖について言及している

14年W杯ギリシャ戦同様、コロンビア戦で一人少ない相手を攻めあぐねる時間が続くも…

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利した。決勝ゴールを叩き込んだFW大迫勇也は、試合後に「ハリルさんの時から言われていた」という日本の悪癖について言及している。

 試合は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。前半39分に低弾道FKを叩き込まれ1-1に追いつかれるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKから大迫がヘディングで決勝点を流し込んだ。

「(相手が一人)少なくなってくれて本当に助かった。ボールを持つところは持てて、1点返されてしまったけど、落ち着いて各々がプレーできたと思う。ただここで満足はしたくない。これから引き続きやるだけ」

 コロンビア戦後に気を引き締め直した大迫。2014年ブラジルW杯のグループリーグ第2戦ギリシャ戦(0-0)では、前半38分に相手が退場となり日本が数的優位となるも、最後まで攻め手を見出せないままスコアレスドローに終わっている。大迫は後半12分から出場したが、ゴールに絡めずに悔しさを噛みしめた。

 このコロンビア戦でも開始3分に相手一人が退場処分となり、ギリシャ戦に似たシチュエーションが生まれている。香川のPKにより先制した日本だが、主導権を握りながらも追加点が奪えない時間帯が長く続いた。

ハリルの教えが浸透…「つなぐだけじゃダメ」

「ゴール前に(ボールを)入れてくれとみんなに言うし、センタリング、セットプレーが増えてこないと点は入らない」

 大迫の言葉通り、1-1で迎えた後半28分に右サイドバック酒井宏樹のクロスから大迫が中央で収めて落とし、酒井宏がシュート。これは相手DFに防がれたが、その流れで得たCKからついに追加点を奪取した。

「つなぐだけじゃダメってことは、前のハリルさんの時からも言われていたこと」

 4月に電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチ監督は縦に速い攻撃を志向。日本は14年ブラジルW杯でポゼッションサッカーを追求したが、1分2敗でグループリーグ敗退に終わっていた。“つなぐだけ”の悪癖からの脱却を目指していた日本だが、ハリルの教えは着実に浸透していたようだ。

大迫の半端ないヘディングシュートが試合を決めた!

1点目も大迫の縦への突破から生まれた得点だったし、FWが決めきったことは今後の闘いに向けても大きい!!

ハリルからバトンを受けた西野は就任当初、3バックシステムを宣言しハリルジャパンとの差別化を図り、攻撃型の布陣を西野スタイルにしようとしていた。

しかし、その目論見は西野ジャパンの最初のゲームで早くも破綻してしまった。西野はハリルが3年間かけて育ててきた4バックシステムと、いうなればハリルチルドレンとも言うべき、原口や大迫を重用した。

無念の解雇で道半ばで戦列を離れなければならなかったハリル・・・。

それは大迫のこの言葉で報われた。

>「つなぐだけじゃダメってことは、前のハリルさんの時からも言われていたこと」

華麗なパス回しは日本代表の真骨頂だった。しかし、バイタルからPA内になかなか進入できず、決定力のなさが前大会からの課題であった。

その課題を克服すべく招聘されたのがアルジェリアをベスト16にまで押し上げた、名将ハリル・ホジッチだった。   しかし、いかんせん日本人のフィジカルはハリルが目指す高みには程遠いものだった。

ハリルと心中するはずだった協会の裏切りもあり、ハリルは失意の元、戦場を去った・・・しかし、ハリルの闘魂は確かに選手達の胸に刻まれてもいたようだ。

ベテランと呼ばれる人たちを除いて・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« これは素晴らしい!嬉しくな... | トップ | 加計問題、ついに賞味期限も... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事