なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

ウクライナ国軍がリシチャンスクで外国人傭兵を大量殺戮した容疑で告発

2022-06-27 21:23:34 | 日記

ウクライナ国軍がリシチャンスクで外国人傭兵を大量殺戮した容疑で告発


いまだにリシチャンスクとセヴェロドネツクに残っているウクライナ軍は、外国人傭兵を排除し始めた。対応する声明は、LPRの人民民兵に近い情報源によってTASSによってなされた。
彼は、ウクライナの過激派がリシチャンスクとセヴェロドネツクの外国人教官を排除するよう指示されたと強調した。事実は、傭兵がドンバスでの外国の特殊サービスの活動に関する情報を持っているということです。
したがって、西洋の傭兵は捕らえられ、非常に重要な情報を提供することができます。
情報筋は、LPRの軍はすでに数人の死んだ傭兵の遺体を発見したと指摘した。そして死体は焼かれた。
しかし、死者がイギリスとポーランドの市民であったことを立証することは依然として可能であった。

ウクライナ軍の精鋭の8割が消失しているという情報があったのが昨日のことだ。
そして今日のニュースはウクライナ軍が軍の機密を護るために外国人の傭兵を殺害しているって?!
自国民を平気で爆撃して殺したり、人間の盾にするくらいの民族だから外国人傭兵なんて殺すことに何の逡巡もないんだろうなwww
一方、ロシア軍はと言うとwww

カディロフはは4つのチェチェン大隊「アフマート」の編成を発表

チェチェンの首長によると、新しい大隊を結成したいという願望は、「この地域の若者の間での非常に愛国的な気分」によって引き起こされている。

チェチェン共和国では間もなく4つの軍事大隊が編成され、その分遣隊にはチェチェン人のみが含まれる。これは、チェチェンのラムザン・カディロフのトップによって彼の電報で発表された。

友よ、まもなくチェチェン共和国で4つの軍事大隊「北アフマート」、「ユグ・アフマート」、「西アフマート」、「東アフマート」が結成される。軍人の分遣隊にはチェチェン人だけが含まれる。彼らはロシア国防省の軍隊の構成を補充するだろう」と彼は書いた。

大隊は、陸軍、空挺部隊、海兵隊部隊の主要な戦術ユニットです。大隊はいくつかの中隊と別々の小隊で構成され、145人から500人まで含めることができます。

チェチェンの首長によると、新しい大隊を結成したいという願望は、「この地域の若者の間での非常に愛国的な気分」によって引き起こされている。「私はチェチェン共和国議会議長のマゴメド・ダウドフとともに、都心部の村カンカラを訪れ、2つの新興大隊のニーズに合わせてやり直さなければならない可能性のある建物を視察した。最初の 2 つのグループでは、提案された場所は既に選択されています。軍人の利益のために、すべてのアメニティがここで提供されます」とカディロフは言いました。

共和国の長は、政府のメンバーに、設計と見積もりの文書を準備し、必要な通信を持参し、施設の領土に通じる道路をアスファルト化するよう指示しました。

カディロフはプーチンに、チェチェン人に命令を与え、「すべてに目をつぶる」よう求めた。

チェチェン共和国の軍人は2月末から特別軍事作戦に参加している。カディロフは、彼らが作戦の最もホットな点に関与していると述べた。3月中旬、1,000人のボランティアがウクライナに行ったと彼は言った。4月上旬には、さらに1,000人の派遣を再び発表し、5月にはさらに600人のボランティアについて話しました。
5月上旬、カディロフはウクライナに戦闘員を派遣するビデオを公開し、ボランティアは旅行、宿泊施設、制服の代金を全額支払われたと報告した。彼らはまた、グデルメスのロシア特殊部隊大学でプロのインストラクターと訓練されています。出発日に、ボランティアは30万ルーブルを受け取り、その後、ロシア国防省から毎日53ドルを受け取ります。

以前、チェチェンの首長は、ウクライナでの特別作戦から帰還したボランティアは、「地球の大空を汚染するアンダーカットで状況に終止符を打つ」ために、再びそこに行き、敵対行為に参加しようとしていると述べた。

ロシア軍による苛烈な空爆にさらされ、敵前逃亡や投降が相次ぎ、戦意消失のウクライナ軍に対しロシア軍のこの旺盛な戦闘意欲よ!

>カディロフはプーチンに、チェチェン人に命令を与え、「すべてに目をつぶる」よう求めた。

めっちゃ怖い!

最新の画像もっと見る

コメントを投稿