なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

韓国人も不可解な慰安婦強制連行の真実ww  韓国系米金融マン 慰安婦問題の誇張に疑問符 身内100人超の少女に強制連行「一件もない」

2018-07-18 11:40:40 | 日記

ボストンから一言(16)

韓国系米金融マン 慰安婦問題の誇張に疑問符 身内100人超の少女に強制連行「一件もない」

日本総領事館前には2016年末、慰安婦被害を象徴する少女像を設置し問題となった
日本総領事館前には2016年末、慰安婦被害
を象徴する少女像を設置し問題となった
「ボストンから一言」を書き始めたことで、いろいろな方と知り合う機会に恵まれている。

 その中の1人に米カリフォルニア州在住で金融関係の仕事をしていた韓国出身のR氏(88歳)がいる。メールだけでなく、電話でも歴史や体験談などについて話を聞くことがある。

 R氏の父親は、九州帝国大学を卒業し、昭和9(1934)年に高等文官司法試験に合格した。検事として最高位を修め、日本統治時代の朝鮮各地で勤務をしていたという。

 私と旧知の仲である、日韓併合条約を結んだ大韓帝国内閣総理大臣の李完用(イ・ワンヨン)の曾孫のSさんに、R氏を紹介したところ、判事だったSさんの父親とR氏の父親の2人が同時期に平壌勤務だったことが判明した。

 それならば、業務において必ずや何らかの繋がりがあり、知己だったに違いないと私たちは推測した。

 R氏によると、当時の朝鮮半島には、朝鮮人の検事と判事は合わせても約50人少々だったという。予測不可能な人生の巡り合わせとなった。

 R氏は、この年で類いまれなる記憶力の持ち主で、驚かされることしばしば。

 ■強制連行の話は聞いたこともない

 そのR氏が、30年以上前に米国で同じ飛行機に搭乗した日本の国会議員の出生地が、自分の住んでいた地域だったことを最近知り、この議員にメールを出したということで、私にもその文章を送ってきた。

 メールの内容は、慰安婦問題に関する矛盾を詳細に指摘したものだった。そこには、現代の日本人や韓国人には想像も、もはや知ることもできないことが多く述べられていた。

 R氏はメールの中で慰安婦問題について、こう疑問を問いかけている。

 「私は戦時中すでに物心が十分ついた年齢でした。一族は代々、慶尚北道の大地主で 郷里には多数の親族と小作人家族が30所帯ほどおりました。その親族、小作人の家庭には、もちろん百人以上の少女がおりました。それなのに、そのうち日本の官憲により、慰安婦として強制拉致された事実は一件もありません」

 R氏は自身の記憶と体験談を踏まえてひとつ一つ状況を説明している。そして、一部で20万人とも指摘される慰安婦の数についてはこう疑問を投げかけた。

 「当時の朝鮮人人口は2000万を切りました。日本軍がその中から20万人の少女を強制拉致したのなら、まさに朝鮮人少女の“根こそぎ拉致”となってしまいますが、わが家族、一族、小作人家族の少女はみな安泰でした。また、当時、日本軍による少女拉致は目撃したこともありませんし、その様な話を聞いたこともありません」

 ■どうやって日本人と朝鮮人を区別したのか

 また、日本軍による朝鮮人女性の強制連行が容易でない理由も次のように述べている。

 「日本軍がひそかになんらの騒動もなく、大勢の朝鮮人少女を拉致することは不可能です。警察官の半分以上は朝鮮人でした。ご存じのように、当時、朝鮮人は創氏改名で、ほとんどが日本名を名乗っていました。日本官憲が路上でどのようにして日本人少女と朝鮮人少女を区別して、朝鮮人少女のみを強制拉致できたのでしょうか」

 日本側が住民とトラブルを起こすことなく多くの女性を強制連行することは不可能だと、私の韓国の友人たちも同様に否定することは興味深い。

  R氏は、慰安婦募集の強制性に言及した河野洋平官房長官談話について「当時、日本でも朝鮮でも貧しい家庭は、いろいろな形態で娘を奉公に出す慣習、制度がありました。世界を感涙させた『おしん』は、翌年の種にするもみと交換で子守奉公に出されています。河野談話で認めた強制(性)は凶作、貧困、負債、賭博、飲酒、家内暴力などに由来する強制で、官憲による強制ではないのではないでしょうか」と指摘している。

 文章には当時の時代背景や、身をもって体験したR氏の切々たる意見が込められている。

 そして、韓国内の慰安婦に関する世論の動き関しては、「吉田清治(氏)のデタラメな自白書が翻訳出版されたのを機に 韓国で親北・左翼・反独裁勢力が反日運動を始めました」と訴えている。

 メールには「終戦後、1948年まで南朝鮮を統治していた米軍政府は朝鮮での戦争犯罪を捜査しました。そのとき、慰安婦強制連行を戦争犯罪として米軍政府当局に訴え出た記録はありません」とも書かれていた

【後略】

 

地道ともいえる日本人の韓国人売春婆について真実への探索ww

韓国から離れ、韓国の利益を代弁する必要もない元韓国人が客観的な立場から売春婆の真実を語っている。

彼はおそらく、人生も終末にあり、名誉や富といった物質的な欲望から解き放たれ、偽りを糺し、浄心によって冥土への旅立ちの準備をしているのだろう。

語り継ぐべき真実の一つとして記憶にとどめておこうと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 貿易戦争で支那が大豆戦争に... | トップ | じゃあ、逆に聞くけどNHK... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事