なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

北朝鮮、得意の必殺卓袱台返しww  外務省「米朝高位級会談での米国の態度に遺憾」

2018-07-08 23:45:37 | 日記

北朝鮮外務省「米朝高位級会談での米国の態度に遺憾」

2018年07月08日10時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

  北朝鮮外務省は6日から2日間の日程で平壌で開かれた米朝高位級会談と関連し、「朝米高位級会談での米国の態度に遺憾を示す」という立場を明らかにした。

  外務省はこの日報道官談話を通じ、ポンペオ米国務長官の2日間の訪朝会談結果に対しこのように話した。

  外務省は「われわれは、米国側が朝米首脳の対面と会談の精神に即して信頼の構築に役立つ建設的な方案を持ってくるだろうと期待し、それ相応の何かをする考えもしていた。しかし、6、7の両日に行われた初の朝米高位級会談で現れた米国側の態度と立場は実に残念極まりないものであった」と強調した。

  続けて「米国側はシンガポール首脳の対面と会談の精神に背ちしてCVIDだの、申告だの、検証だのと言って、一方的で強盗さながらの非核化要求だけを持ち出した」と非難した。

  その上で「朝米間の根深い不信を解消して信頼を構築し、そのために失敗だけを記録した過去の方式から大胆に脱して既成にこだわらない全く新しい方式で解決していくこと、信頼の構築を先立たせて段階的に同時行動の原則に基づいて解決可能な問題からひとつずつ解決していくのが朝鮮半島非核化実現の最も速い近道である」と主張した。

  また、外務省は金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長が金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮労働党中央委員会副委員長を通じトランプ米大統領に親書を伝えたと明らかにした。

  外務省によると、金委員長は親書で「シンガポール会談を通じて結んだトランプ大統領との親交関係と信頼感情が今回の高位級会談をはじめとして今後の対話過程でさらに強化されるだろうと期待し、確信する」と明らかにした。

  一方、米朝首脳会談後続措置議論に向け2日間の日程で平壌を訪問したポンペオ米国務長官はこの日午後に平壌を出発し、「北朝鮮との交渉は非常に生産的だった。北朝鮮非核化のタイムラインを設定するに当たり進展を得られた」と明らかにした。

  トランプ大統領はこの日ポンペオ長官を通じ金委員長に親書を伝えたという。 ]


こういううのを卓袱台返しちゅうんでっしゃろなwww
ポンペオはん、成果があった風で喜んで帰ってまんがな

遺憾だとかうんたらかんたら言ってないで、もう一方的にでも協議を打ち切ったらどないでっしゃろww
まどろっこしゅうってあかんわ
コメント

北朝鮮が態度硬化、米国の一方的非核化要求を拒否 ⇒「いよいよ本番か?」

2018-07-08 15:13:51 | 日記

北朝鮮が態度硬化、米国の一方的非核化要求を拒否 ⇒「いよいよ本番か?」

  2018/07/08 
<label class="grad-btn" for="trigger1"></label>

 【AFP=時事】

北朝鮮は7日、米国との2日間にわたる協議を終えた後に出した声明で、迅速な非核化という米政府からの要求は「強盗的」であるとして、怒りをあらわに拒絶した。北朝鮮が再び強硬姿勢へと転じたことで、米朝間の和平プロセスは危機に陥っている。

マイク・ポンぺオ(Mike Pompeo)米国務長官は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim-Jong Un)朝鮮労働党委員長の右腕である金英哲(Kim Yong Chol)党副委員長との協議を終えて平壌を後にする際、協議では進展がみられたと強調し、前向きな姿勢を示していた。

しかし、ポンペオ長官が日韓政府への結果報告のため東京に到着する中、北朝鮮側は同長官による交渉努力を拒絶するとともに、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領に対して和平プロセスを再開するよう求める怒りの声明を発表した。

北朝鮮は国営朝鮮中央通信(KCNA)を通じて出した声明で、「北朝鮮の忍耐力が尽きて、米国の強盗的思考を反映した要求を受け入れると米国が思っているならば、それは致命的な間違いだ」と主張。北朝鮮はすでに核実験場を破壊しており、その見返りとして譲歩に応じる米国側の意志がポンペオ長官から示されなかったことに遺憾を表明した。

北朝鮮はまた、米韓合同軍事演習を一方的に中止したトランプ大統領の決定についても、表面的で「極めて可逆的」譲歩だと指摘。1953年に休戦協定が結ばれた朝鮮戦争(Korean War)を平和協定により正式に終結させる件について、米代表団が「一度も言及しなかった」と批判した。

米当局者らは非公式の見解として、北朝鮮政府による今回の声明は交渉での駆け引きであると述べている。しかし平壌で2日間にわたり友好ムードが演出された後に出たこの声明により、北朝鮮は再び従来の強硬姿勢に戻った格好となった。

【翻訳編集】 AFPBB News

 

こら、完全にポンぺオさん、完全に舐められてまんねやwww

北チョーセンとの協議に上機嫌でしたがwww

朝鮮人を普通のヒト科ヒト属に分類したらあきまへんがなwww

南チョーセン属を見ていたら明らかにゴキブリのDNAが混じっているのがわかりますww

世界の禍根を取り除くにはもう、妥協も糞もいりまへんっ!雨あられのミサイルが欲しいみたいですよwww

コメント

ありがとう!!w 西日本豪雨災害に蔡総統からお見舞いと支援のツィート!

2018-07-08 11:12:05 | 日記

台湾・蔡総統「豪雨に遭われた日本の皆様にお見舞い申し上げます。支援を行う用意があります

蔡英文 Tsai Ing-wen認証済みアカウント @iingwen
西日本を中心に発生した豪雨に遭われた日本国民の皆様にお見舞い申し上げます。被害に遭われた方々の回復と被災地の早期復旧をお祈り申し上げます。台湾でも豪雨被害は頻発しており、我々もその被害の深刻さを身をもって経験しています。 台湾は日本が必要とするあらゆる支援を行う用意があります。

いつもいつも、ご心配をおかけして申し訳ないですね。しかも、迅速なお見舞いつぃーとに台湾の皆様がいかに深く日本のことに御留意頂いているのか窺い知ることができます。
台湾と我が国は集団的自衛権の及ぶ普遍的価値を共有する友好国です。
未来永劫にわたって手を携えあえる国であってほしいと念じています。
台北に米国の大使館ともいえる事務所がオープンしたそうです。
恐悦至極に存じます。
今後、台湾の国際的立場がもっともっと強く成る事を祈念します!!
コメント

日本の文化を思い知れ!BBC伊藤詩織氏告発番組が外国人女性に衝撃。「女性議員までが被害者を叩くのは異様」「日本人の助けは期待できない」の声も

2018-07-08 10:48:02 | 日記

BBC伊藤詩織氏告発番組が外国人女性に衝撃。「女性議員までが被害者を叩くのは異様」「日本人の助けは期待できない」の声も

 
2018/07/08 09:13

 イギリスのBBCで放送されたドキュメンタリー『日本の秘められた恥』が波紋を呼んでいる。ご存じの方も多いだろうが、この番組は強姦被害を訴えた伊藤詩織氏をテーマにしたもので、イギリスを中心とした海外メディアからは続々とレビューや番組内容を紹介する記事が発表されている。

◆110年間変わらなかった強姦罪

 元TBSワシントン支局長で『総理』(幻冬舎)などの著書で知られるジャーナリスト・山口敬之氏から準強姦の被害を被ったと訴えた伊藤詩織氏。二度の不起訴処分を経て現在は民事係争中だが、「#MeToo」ムーブメントと結びつけられ、その動向は海外からも注目されている。

 そんななかBBCで公開されたドキュメンタリーについて、海外メディアはどのように報じているのか?『テレグラフ』の記事には、次のような記述が見られた。

“『法的手段に訴えるなら、そうすればいい』と彼(山口敬之氏)は答えた。『勝ち目はないですよ』。おそらく、彼の自信は安倍晋三首相との親密な関係に拠るものだろう。だが、日本の強姦被害者は全体的に不利な立場にある。警察官のうち女性は8%しかおらず、法律では110年間にわたって、被害者が身体的抵抗を示す必要があった”

 法律的側面から日本の強姦被害を分析する記事はほかにも多く、『ガーディアン』にも同様の内容が。

“日本の強姦罪は1907年から改正されておらず、強姦罪の最低刑期は窃盗罪よりも短かった。日本をグローバルスタンダードにしている統計は、文化的、構造的に女性に対する性的暴行が深刻な問題として扱われていないことを示唆している”

 ’17年まで110年間、強姦罪に抜本的な改革がなかったというのは驚きだ。はたしてどれだけの日本人がその事実を知っているだろう?

“『日本の秘められた恥』はとても観るのが辛いドキュメンタリーである。痛ましく、苛立たしく、悲惨だ。最後には視聴者に、切迫した激動の感覚を与え、そして楽観的に考えれば、大きな文化的シフトの始まりを予感させる”

ハーバービジネスオンライン: 『ガーディアン』など多くのメディアが『日本の秘められた恥』のレビュー記事を発表している © HARBOR BUSINESS Online 提供 『ガーディアン』など多くのメディアが『日本の秘められた恥』のレビュー記事を発表している

 また、被害者の傷口に塩を塗るような仕組みにも言及している。「セカンドレイプ」という言葉は日本でもかなり認知されてきたが、強姦被害者を助けるどころか、より追いつめるような捜査やケアには問題があると言わざるを得ないと指摘している。

“(番組内で)伊藤氏は警察に行ったときに、何が起きたかを詳細に伝える。加害者に見立てた等身大の人形を使い、マットレスの上で事件時の状況を再現するよう言われ、男性警察官からはなぜ女性警察官に話したいのか説明するよう求められた。都内唯一の性暴力被害者の支援センターには、電話での相談を受けつけてもらえず、2時間かけて直接面談しに来るよう言われたという”

 男性警察官を相手に被害状況を詳細に再現するというのは、相当な心理・肉体的なダメージがあるだろう。

 一部には「日本を貶める番組だ」という意見もあるようだが、伊藤氏の事件を抜きにしても、性的暴行に対して社会がしっかり向き合っているとは言えない。被害を訴えても、それに対してバッシングが起きることも問題のひとつだ。

「男を誘うような服装をするのが悪い」

「勘違いさせるような言動をしていた」

「どうせ、あとから気が変わった」

「賠償金目当ての美人局」

 悲しいかな、いずれも被害者が声を上げたときにネット上などで、よく見られる反応だ。こういった投稿は多かれ少なかれ、どこの国でも見受けられる。だが、公の場で大真面目に主張されることはまずありえない。ましてや政治家がそんなことを語るというのは、先進国では考えられない事態だ。

 しかし、今回放送された番組では、そんな発言がなんと衆議院議員の口から飛び出しているのだ。

『デイリーメール』を筆頭に、多くのメディアは “ある人物”の発言に注目している。

“自民党所属の衆院議員で男女同権主義者を自称する杉田水脈氏は、伊藤氏の主張が嘘で、訴えられた男性側のほうが被害を被っていると語った。伊藤氏が訴えを公にすると、彼女のもとには脅迫がよせられ、ネット上では誹謗中傷を受けた”

 これに対して、杉田氏は自身のブログ上で、番組の内容は「切り取り」であると主張している。たしかに、通常であればこんなことを衆院議員、しかも自分も同じ被害者になりかねない女性が言うことはまずありえない。

“伊藤詩織氏のこの事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます。「海外に日本の現状が誤って広がることをなんとか止めたい」インタビュアーの質問に応えながら、そればかり考えていましたが、そこはゴッソリ抜かして編集されたようで、とても残念に思います”(原文ママ)

 本来、セクハラ事件全般についての番組だったはずが、蓋を開けてみれば伊藤氏ばかりがフォーカスされており、自分の発言も意図した形では使われなかった……。ということを伝えたいようだが、このブログを読むとそもそも問題となっている「伊藤氏に落ち度があった」という考えは一貫している。

 杉田氏はツイッター上にも番組で発したコメントを自ら“補強”するような内容を投稿している。

“私は性犯罪は許せない!無理やり薬を飲まされたり、車に連れ込まれて強姦されるような事件はあってはならないし、犯人の刑罰はもっと重くするべきと考えています。

が、伊藤詩織氏の事件が、それらの理不尽な、被害者に全く落ち度がない強姦事件と同列に並べられていることに女性として怒りを感じます”

“もし私が、「仕事が欲しいという目的で妻子ある男性と2人で食事にいき、大酒を飲んで意識をなくし、介抱してくれた男性のベッドに半裸で潜り込むような事をする女性」の母親だったなら、叱り飛ばします。「そんな女性に育てた覚えはない。恥ずかしい。情けない。もっと自分を大事にしなさい。」と。”

 杉田氏は「もっと伊藤氏の“落ち度”を叩きたかったのに、当たり障りない部分しか使ってもらえなかった!」と怒っているのだろうか? こういったツイートを見る限り、番組内での発言が杉田氏の意図に反しているとは到底思えないのだが……。

◆「日本人からの助けは期待していない」

 レビュー記事を読んで『日本の秘められた恥』の内容を知った外国人たちは大きな衝撃を受けている。感想を求めたところ、「辛すぎて話したくない」という意見もあったほどだ。

「『男性の前で飲みすぎるのが悪い』なんてことを言う人は、明らかにフェミニストじゃない。こういうことを言う女性がいるのは絶望的で、とても悲しくなりますね。私自身、日本で(性的に)酷い目にあった知り合いを知っていますし、私も嫌な思いをしたことがあります。そういった被害を日本人の人に言わないのは、まさにこういう(杉田氏のような)意見が多いからです。日本人から共感や助けを得られることには期待していません。問題の根底には家父長制があると思います。(伊藤氏のように)声を上げる人が出てきたのは、いいことですね。たとえ酷いことを言われても、声を上げないことには何も変わりませんから」(ノルウェー人・女性・33歳)

 残念ながら、セクハラなどへの意識が低いというのは、日本を訪れたことがある外国人にはお馴染みなっているようだ。ほかにも女性からはこんな意見も。

「なんてことなの!? 『男性と飲むのが間違い』って完全に狂ってる。いまだにこれだけ男女差があるって考えると、とても悲しいし、感情的になってしまいます。女性が自ら立ち上がったのに、レイプなんてたいしたことじゃないと思われているなんて。もちろん、私たち(女性)が弱すぎることもありますが。男性についての悪いことは言えません。私の周りでは、一度もレイプやセクハラを受けたことがないなんて女性は聞いたことがない。とても悲しいことです。男性の被害者もいますが、圧倒的に女性が多いですよね。本当に悲しいです」(デンマーク人・34歳)

 性的被害者の多くが女性だというのは日本に限った話ではない。しかし、その事実に向き合う姿勢には違いがある。「男ばかり責められて」という考え方は少なく、むしろ同じ男性として恥ずかしいという声があがった。

「誰か性的に嫌がらせをされていたり、泥酔して困っていたら助けるべきだよ。酷い話だ。『#MeToo』が日本でアメリカほど機能していないのは、セクハラや暴行は被害者に問題があると思っている人が多いからじゃないかな? 被害を受けること、特に声を上げるのは恥ずかしいことだと思われてるように見える。統計を見ても嘘の被害報告はものすごく少ないから、アメリカでは被害者が本当のことを言っていると信じてもらえる。日本ではどうなっているのかわからないけど、こういったニュースを見たり、本を読むと女性が悪いって風潮が強いみたいだね。今回の番組でも衆院議員が『飲みすぎたのが悪い』って言ってるけど、イカレてるよ。日本もいつか変わると思うけど、かなり時間がかかると思う」(アメリカ人・38歳)

 また、この男性は伊藤氏について次のように語ってくれた。

「どうせ、彼女の話はボロクソ言われるんだろ? しかも彼女はジャーナリストなのに、わざわざ嘘をつくはずないじゃないか。何もかも失って、得られるものはほんの少しの正義だけなんだから。こういったことを(日本の)みんなの前で主張するのは、狂っているかスゴく勇敢かだよ。僕には彼女が狂っているようには見えない。もっとこういう声を上げる人が増えるといいね。問題を無視するのは、加害者を助けるのと同じことだから」

 はたして女性までもが被害者を責めるような状況は、いったいいつ変わるのか? 一人でも被害者を減らすためにも、より活発な議論が行われることに期待したい

<取材・文・訳/林泰人>

 

そもそもこいつら伊藤という女が何のために山口市に近づいたのかわかっているのかねwww

女を武器に山口氏に近づいてあわよくば有名になりたいとか、仕事をもらいたいとかの打算満々で一緒に酒を飲んでいる…一緒のベッドに寝られたのはもしかしたらこの女にとって計算通りだった…日本では最も軽蔑されるんだよな、こんな糞女はww

これがme tooっていうやつ?

笑っちゃうね愚かしくってww

しかし、とかく野望は思うようにはいかないものwwあとがまずかった…山口氏はこの女と同衾したことは酒の上での行為として済まそうとしたんだ。これでは目論見が外れてしまう…警察に行っても、同意のうえの行為。法的に問うことはできない…そこに登場したのが性戯の味方、パヨクさんたち‥という構図なんじゃないのか‥という推理www

私からすれば、杉田さんの見立てはあまりにも優しすぎるのではないかと…

なにかもっとどす黒い女の情念にも似たおどろおどろしい男への意趣返し、復讐心が見え隠れするようで恐ろしい…

山口氏も少し脇が甘かったようだ。

しかし、BBCも杉田氏の言動にまで干渉するのは完全に行き過ぎだ。杉田氏の懸念は日本の最も良識的な考え方…日本の文化だ。日本の美しい文化は杉田さんのような考え方が普遍的であり、その考え方によって国となりが形成されてきた。

いうなれば糞外国メディアは「だあーってえ!!」みたいな?www

日本の文化は「恥」の文化。

自らを律して正しく生きること。

コメント

破防法適用不可避!   麻原彰晃の死刑で後継団体アレフが報復テロ的コメント「取り返しのつかない重大な禍根となる」

2018-07-08 09:20:48 | 日記

【警告】麻原彰晃の死刑で後継団体アレフが報復テロ的コメント「取り返しのつかない重大な禍根となる」

2018年7月6日8:00ごろ、オウム真理教のトップに君臨していた麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(63歳)の死刑が執行され、日本中に大きな衝撃を与えている。この日は松本智津夫死刑囚を含めた計7人のオウム真理教関係者が死刑を執行されており、日本国は法務として一気に決着をつけた形となった。



アレフが意味深コメントを発表

そんななか、オウム真理教の後継団体「アレフ」に不穏な動きがあることが判明し、物議をかもしている。2018年3月、アレフは公式サイトに意味深なコメントを発表していた事が判明したのだ。以下が、アレフが発表したコメントの一部引用である。

後継団体「アレフ」のコメント

「司法上の手続きをはじめとする深刻な問題を無視して、一行政機関に過ぎない法務省及びその長たる上川陽子法務大臣は、死刑囚13名の一部を早々と別の拘置所に移送しました。麻原尊師らの死刑執行を強行しようとしているのでしょうか。もしそうであるならば、取り返しのつかない重大な禍根となるでしょう」

http://buzz-plus.com/article/2018/07/07/asahara-aleph-news/

麻原彰晃の娘「死刑やめて!大切な人の命が奪われる気持ちがわからないの!?」

 
 
麻原次女「お父さんに会いたい」麻原彰晃、死刑執行へ
 
 
麻原彰晃『尊師マーチ』結構いいこと言っててワロタwwwwww
 
これは何というギャグですか?
>麻原彰晃の娘「死刑やめて!大切な人の命が奪われる気持ちがわからないの!?」
 
>麻原尊師らの死刑執行を強行しようとしているのであるならば、取り返しのつかない重大な禍根となるでしょう・・・うんたら、かんたらwww

この言い草ってどこかで聞いたことがあると思ったんだが…ちょんこの負け惜しみの最後っ屁みたいなやつで使われるフレーズですね・・やっぱり同じクオリティーなんだなあ~って妙に納得してしまいましたwww

稀代の殺人集団、オウム真理教はあの時、破防法を適用してぶっ潰しておけばよかった…。
第2のサリン事件でこれ以上の犠牲者が出ませんように…。

このようにして人々の不安を煽り人心を弄ぶような言論を繰り返すような奴らは破防法を適用して存在をぶっ潰す必要があると思われます。
コメント