なにゆうてはりますのん

人生時計は午後11時30分ww

米、風疹で日本に渡航自粛勧告 妊婦に対し・・・支那チョン民の日本への渡航の抑止力になることを望むww

2018-10-24 01:52:01 | 日記

米、風疹で日本に渡航自粛勧告 妊婦に対し

 
共同通信社
2018/10/23 23:47
 

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は22日、日本で風疹が流行しているとして、予防接種や過去の感染歴がない妊婦は日本に渡航しないよう勧告した。

 CDCが海外旅行先の感染症で呼び掛ける3段階の注意のうち、2段階目に当たる。一般の旅行者にも事前に予防接種を受けるよう求めた。

 日本では東京、神奈川、千葉など関東地方で特に患者が増加していると指摘。妊婦は妊娠初期に風疹に感染すると、赤ちゃんに難聴や心臓病などの障害が起きる恐れがあるため、特に注意が必要だとしている。事前に医療機関に相談することや、感染が広がっている間は渡航しないよう呼び掛けた。

これで過熱気味の支那チョンの日本旅行の歯止めともなれば幸いですよねww

風疹は5~6年ごとに流行を繰り返しているそうで前回の流行は下記のグラフのように2013年に発生している。 

年別報告数推移(過去10年)グラフ

とくに支那チョンのように私生活において衛生観念が非常に希薄な民族は危険な感じはする。

日本に旅行にきて風疹に罹り、帰国後、パンデミックとなり、大騒ぎになりそうな予感が容易だ。

だから、お願いだ!支那チョンの雌豚は喫して日本には来ないで欲しいww

っていうか、支那チョン政府は日本への渡航をこの際禁止にしてくれれば…ウイン=ウインの関係になれると確信する。

コメント

日中の親密化にビビりまくるチョンが憐れw・・・習主席はなぜ突然安倍首相にラブコールを送り始めたのか

2018-10-23 19:45:50 | 日記

<チャイナインサイト>習主席はなぜ突然安倍首相にラブコールを送り始めたのか

2018年10月23日10時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

習近平国家主席、安倍晋三首相
 
 安倍晋三首相が25日、2泊3日の日程で訪中する。日本の首相による訪中は2012年日本政府が尖閣諸島(中国名・釣魚島)に対して国有化措置を断行し、中日関係が極度に悪化して以降、7年ぶりのことだ。李克強首相の招待で北京を訪れる安倍首相は、習近平国家主席とも首脳会談を行うものとみられる。中日関係になぜ突然、薫風が吹いているのか。安倍首相を招待した習近平主席の本音はどこにあるのか。

  中国と日本は1972年に国交を正常化したが、過去6年間は最悪の歳月を送った。領有権紛争のためだ。日本が東シナ海の尖閣諸島を国有化すると、中国が猛烈に反発した。中国はその後、中日関係改善のためには日本が「誤った行動」を正して、両国関係改善のための「具体的行動」を示すべきだという主張を繰り返してきた。また、日本を圧迫するために両国最高指導者の相互訪問を全面的に中断させた。

  中国がこれまで日本に関係改善のために求めてきたことは、尖閣諸島が紛争地域であることを日本が認める一方、米日同盟を通じて南シナ海問題などで中国をけん制することを中止せよということだった。だが、日本がこのような中国の要求にまともに応じなかったのに、中国は安倍首相の訪中を許した。中国自ら、その強硬な立場を和らげたということだが、いかなる理由のためか。

  中国外交部の陸慷報道官は、今月12日に安倍首相の訪中を発表しながら「ちょうど中日平和友好条約締結40周年を迎えた」と述べた。78年10月23日に東京で批准書が交換されて発効された中日平和友好条約40周年を記念するためだということだ。しかし、これはあくまでも対外的なものだ。本音はそれぞれ別のところにある。現在、熾烈に展開している米中貿易戦争から、まさにその答えを探ることができる。中国は米国との貿易紛争を戦略的競争の一環として考えている。短期戦ではなく長期戦になる可能性が高い。

  この場合、必要なことは一つでも多い友軍の確保だ。日本をできるだけ中国側に引き込んでおく必要がある。「友人がもう一人いれば生きていく道が一つ増える」(多一個朋友多一條路)という中国式思考が根底に流れている。中国が日本に友好的な手を差しのべている背景には別の理由もある。米国と葛藤が生じて以来、米国から先端産業の技術を得ることが難しくなった。「中国人=産業スパイ」という認識が米国に広がりながら、米国の警戒心が最高潮に達した。中国の日本接近には米国から取ってくるのが難しい技術を日本から得ようという計算も働いている。

  日本も中国のラブコールが嫌ではない。たとえ米国が日本にとって最も重要な同盟国であろうとも、中国との関係改善は「気まぐれな」ドナルド・トランプ米大統領に日本の位置づけを高める契機として作用する。また、尖閣諸島に対する中国の挑発を落ち着かせる効果も期待できる。結局、今回の中日首脳会談は短期的に両国の利害関係が一致したため実現することになったといえよう。
 
  では今後、中日関係は蜜月を謳歌するだろうか。そのようには思えない。両国関係をめぐる構造的問題が大きいためだ。それがまさに「歴史的な競争意識」で、これが中日関係改善の足を引っ張るものとみられる。「歴史的な競争」との言葉自体が的外れだと主張する人もいるだろう。国土や人口で日本が中国と比較にならないためだ。しかし、中日関係が歴史的に不信と憎しみで綴られているという点は否めない。

  中国は永らく東アジアで自国中心の位階的中華秩序を構築し、近隣諸国の順応を要求してきた。反面、日本は中華秩序の外で独自のアイデンティティを維持して中国に対して同等であることを主張した。日本は自身の位置を「アジアの東側にある島」でなく「太平洋西側から中国を見る島」と設定してきた。聖徳太子は607年、隋に使節を派遣し「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す」と綴った書簡を送った。

  近代に入り、日本は1895年の日清戦争で勝ち、中国中心の天下秩序を瓦解させた。1932年には中国東北に傀儡政権である満州国を設立し、37年からは本格的な中国侵略に乗り出した。中日間で不信と憎しみの歴史遺産が作られた。それでも日本と中国が冷戦時代にしばらく安定的な関係を維持したのはなぜか。

  中日共に安保的にソ連という共通の敵がいたためだ。また、日本から経済的支援を望んだ中国が、日本に対する復しゅうを戦略的に自制したのももう一つの理由だ。毛沢東が「日本の中国侵略責任は日本政府にあって日本国民にはない」と述べて72年の関係正常化の時に莫大な戦争賠償金を放棄したのはこのような背景からだ。日本は感激し、中国に対する謝罪の意味で経済的支援を行った。

  このような中日関係に変化が起き始めたのは冷戦が終わった90年代初頭以降だ。まず、安保的にソ連が解体されて共通の敵が消えた。経済的には2010年に中国国内総生産(GDP)が日本を越えて、中国が日本に対する戦略的自制をこれ以上しなくなった。これに伴い、中日関係には「台頭する中国、これを快く思わない日本」という構図が形成された。

  中国は、安倍政府を再武装のために緊張を呼び起こす問題児としてみている。反面、日本は習近平政府が覇権的な中華帝国の地位回復を狙っているとみて懸念している。戦後、潜在していた中日間の歴史的競争意識が再燃する勢いだ。こうした中、中日共に東アジアの重要国家である韓国を自国に有利なほうに誘導しようと限りなく努めている。

  習近平主席が2014年訪韓時の講演で「明国のトウ子龍将軍と朝鮮の李舜臣将軍が露梁(ノリャン)海戦で殉職した」として抗日を強調したのが一例だ。反面、日本は「韓国は自由と民主主義、市場経済など基本的価値を共有する最も重要な隣国」として権威主義的な国・中国に対して韓日が共にけん制することを希望している。

  韓国としては、隣国である中日が、今後、相当期間葛藤を続けることを前提に、中日関係の推移を鋭意注視しながら、冷静かつバランスよく国益を追求していくべきだ。あわせて、今回の安倍首相の訪中で我々が注目するべき点がひとつある。中国が日本に求愛している理由が、日本が米国の重要な同盟国だという点だ。これは堅固な韓米同盟が我々の対中関係でも立派な資産になることを物語っている。

  ◆延上模(ヨン・サンモ)

  外交部中国課長・駐ウィーン代表部参事官・駐日本公使参事官・駐上海副総領事・駐新潟総領事を歴任した。台湾国立政治大学修士・誠信(ソンシン)女子大学博士。ソウル大学中国研究所招へい研究員を務めた。

  延上模/誠信女子大学東アジア研究所研究委員     


心配しなくても君たちの方にはいくら何でも、寄り添うようなことはないでしょうwww

>日本も中国のラブコールが嫌ではない。たとえ米国が日本にとって最も重要な同盟国であろうとも・・・

そらまあ、支那とは2千年以上前からの一衣帯水の隣人ですからねえ・・・朝鮮とは違ってwww
支那は古い友人、米国は新しい友人という風にカテゴライズしていますww。できれば等間隔なお付き合いが好ましいのではとは思いますが…共産党がねえ・・・ちょっとお付き合いするのは・・・。
いくら好きおうた仲でも結婚はできない大人の事情というものもあったりしますから・・・

朝鮮半島の立ち位置は日本昔話に出てくる隣の意地悪爺みたいなもんか?www  ほら、こぶとり爺さんに出てくる両のほっぺにこぶをぶら下げた欲深い意地悪爺さん…ってwww

コメント (1)

台湾列車事故を政治利用する反日分子と支那が怪しい・・・ 台湾脱線事故、中国メディアが「日本製」強調、背景に高速鉄道争い

2018-10-23 16:34:52 | 日記
 台湾脱線事故、中国メディアが「日本製」強調、背景に高速鉄道争い―台湾メディア
配信日時:2018年10月23日(火) 11時20分
台湾脱線事故、中国メディアが「日本製」強調する理由は…
22日、台湾・中央通訊社は、台湾・宜蘭県で発生した列車事故について中国本土メディアが「日本製車両」であることを故意に強調していると指摘し、その背景について報じた
 
 
2018年10月22日、台湾・中央通訊社は、台湾・宜蘭県で発生した列車事故について中国本土メディアが「日本製車両」であることを故意に強調していると指摘し、その背景について報じた。

記事は、「21日の列車事故発生後、一部の中国本土ネットユーザーが真っ先に哀悼を示した一方で、一部の本土メディアは意図的に列車が日本製であることを強調した」と指摘。「一部の本土ネットユーザーも『媚日』の表現とともに、本土製の鉄道が海外で日本の市場を奪いつつあることをアピールする文章をネット上に掲載した」と伝えている。

その上で、これまでの日本と中国による高速鉄道の覇権争いの経緯について紹介。「ドイツと日本からの技術移転から急速に発展した中国の高速鉄道は世界を席巻する勢いで輸出を始めたが、実際の行動はアジア市場中心になっており、早い段階で高速鉄道技術を成熟させていた日本と市場シェア争いを繰り広げている」とした。

そして、「両者の争いにおける最初のピークは2015年に発生し、9月に中国がインドネシアのジャカルタ―バンドン高速鉄道を受注すれば、12月には日本がインドの高速鉄道建設を受注した」と紹介。「その後、タイでも受注争いを繰り広げ、現在の「戦場」はマレーシアとシンガポールを結ぶ高速鉄道で、日中両国とも精鋭を送り込んで受注獲得を目指している」と伝えた。(翻訳・編集/川尻
 
 
台湾の列車事故を支那メディアがことさらに日本製の車両であることを強調して日本の車両が事故の原因であるかのように喧伝しているらしい。
 
一帯一路計画が思うに任せない支那にとって事故はこれ幸いの千載一遇のチャンスであるかのようだ。
事故の原因は運転手の運転ミスであることが発表されているし、そのことに疑問をはさむ余地もないことは台湾行政院も認めているところ。
日本のメディア、特にNHKもその事実は矮小化して悪戯に日本製の車両であることを放送しているらしい。
その意図するものはなんであるか?我々のような一般国民は知る由もないが。それが事実としたなら何かしら得体のしれない勢力が我が国を貶めようとしているのでは…?と疑問を抱く。

日本の左翼反日分子と支那の領土・経済の拡張主義の利害が一致したのだろうか?
コメント

事故原因は・・・台湾列車事故は「速度超過」 運転士身柄拘束を請求

2018-10-23 09:39:16 | 日記

台湾列車事故は「速度超過」 運転士身柄拘束を請求

21日、台湾北東部宜蘭県で脱線した新北市樹林発台東行きの特急列車(中央通信社=共同) 

 【蘇澳(すおう)=田中靖人】台湾北東部・宜蘭(ぎらん)県蘇澳で21日に起きた特急列車の脱線事故で、台湾当局は22日、事故原因は「速度超過」だとの見方を示した。列車は日本製だが、故障の可能性は低いという。当局は運転士が速度超過を自動で防止する装置を切っていた可能性も含めて調査している。

 事故車両を検証した宜蘭地方検察署の検察官が22日夜、報道陣に説明した。行政院(内閣に相当)の「事故調査グループ」も同様の見解を示した。

 

ほっとした・・・と言えば犠牲者の方々やご家族に申し訳ないが、事故原因が日本製の列車の故障によるものではなさそうとの報道。

友邦、台湾での列車事故の原因が日本製の列車のせいだということにもなれば申し訳なさ過ぎる。

2005年に発生した107名の犠牲者を出した福知山線の列車脱線事故も事故原因は運転士のスピードの出し過ぎによるものだった。

事故の原因を共有して二度と同じ過ちを繰り返さないようにしなければならない。

慰安婦像騒動とか飛行機の日本への引き返しの騒ぎとか、支那による日台関係分断工作に負けてはいけない!


事故原因について追記

電力が不安定:高くなればヒューズ/ブレーカーが落ちる(ここは東海道新幹線と同じ交流25kV/60Hz)
 モーターを逆に発電機として使用する回生ブレーキはあるものの、規定速度なら効かなくても普通の摩擦ブレーキで減速できる

緊急ブレーキが作動しすぎで、ヨーロッパ式(製)ATPを故障と判断してカットしたまま運転
運転しているうちにATPが故障していることも知らずにいつものようにATP任せで急カーブに突っ込み、無減速のまま突入・事故った

全て日本製なら、ヨーロッパのATPに相当するのは日本ではATS-Pだから、故障してもカットできず上限15km/hのまま運転→最寄り退避駅で運転打ち切りし後続/臨時列車に載せ換えなんだけど

こういうところで安全性に差が出る

台湾では鉄道インフラをいろんなところから輸入している。そのことが事故の一因にもなったのだろう。 

コメント

印象は朝鮮と言えば北朝鮮だし、もうすぐ併合もされるんだろうしww・・・AFC U-19、国歌の代わりに北朝鮮国家」致命的ミス」

2018-10-23 08:50:06 | 日記

AFC U-19、国歌の代わりに北朝鮮国家」致命的ミス」

 
記事画像 


[スポテレビニュース=バクジュソン記者]国歌が流れず、北朝鮮の国家が流れた。

韓国は22日午後9時(韓国時間)、インドネシアのジャカルタペトリイエット競技場でキックオフする2018アジアサッカー連盟(AFC)U-19チャンピオンシップのC 2戦ヨルダンと対戦する。 第1戦のオーストラリア戦で終盤の失点を許し、引き分けを収めた韓国は勝利を狙っている。

試合を控え、韓国は先発メンバーを発表した。 韓国は3-4-2-1フォーメーションを取り出した。 最前方にチョ・ヨンウクが立ちジョンセジンと厳原状がすぐ後ろに位置する。 チェジュン、ジョンホジン、ゴジェヒョン、キム・ジェソンが3線に配置されイジェイク、イージーブラシ、ファンテヒョンこのスリーバッグを構築する。 ゴールはイグァンヨンが保障する。

通常試合前の選手たちは競技場に両側に並んした両チームの国を聞く。 国を代表するという自負心が感じられる行事だ。 しかし、ジャカルタで運営する今回の大会では、致命的なミスが出た。 韓国の国歌が出ず、北朝鮮の国家が出てきたものである。

訂正用監督を含めてのコーチングスタッフは慌てた様子で大会運営スタッフを訪れた。 右胸に手を上げて国歌を待っていた選手たちも慌てのは同じだった。 北朝鮮国家がほとんどだ演奏された後、競技場の管理者は、国歌を再枠た。 理解できないハプニングだった。

国歌も国家もハングルでは同じ字、同じ発音ですからそこはセメントいてww

まあ、もうすぐ北朝鮮に併合されるんだからどうでもいいんじゃ?なんて関係者は思っていたんだとさww

北朝鮮にしてみりゃ、獲物の方から網に飛び込んできた…くらいにしか思ってないだろうよw

印象、薄っ!みたいな感じで存在価値もないということなんでしょうww

コメント