何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

呪われた東サラ愛馬達…

2019-01-09 22:04:13 | 一口馬主
年末から東サラ愛馬達の怪我ラッシュが止まりません。

エリモピクシーの17が運用停止になり、レッドエクシードが屈腱炎で引退。
今度はデビュー戦5着後、NFしがらきで調整されていたレッドスプリンガー
アクシデント発生、かなり厳しい状況になってしまいました。
ドラクエみたいに「シャナク!!!」っと唱えれば呪いが解けるなら良いのですが、
ゲームと違って現実はそう簡単には行きません。
ここは一つ、神社にでもお祓いに行った方が良いのかもしれませんね~。


クラブの更新は


2019/01/08 NFしがらき
その後も熱感が続くため改めて検査をしたところ、骨折線が確認され、
右前脚トウ骨遠位端の剥離骨折との診断が下りました。
ノーザンファームしがらきの獣医師によると、少しでも早く手術をした方が
いいということで、早ければあすにも北海道へ運び、社台クリニックにて
手術を行う予定。復帰は夏の北海道になる見込みです。



11月10日の京都の新馬戦を使った後、上りの歩様に違和感が出て、
レントゲンを撮りましたが、その際は骨折は見つかりませんでした。
しがらきに移動後も膝の内出血が確認され、検査を繰り返してきましたが、
一旦治まったため、年末にはドレッドミルのキャンターを行っていました。

時間が経って、骨折が表面化したということなんでしょう。

「復帰は夏の北海道になる見込み」と書かれていますが、全治何か月なのかも不明ですし、
恐らく、考えうる中でも一番順調に行けば…的な希望的観測で、
未勝利戦に間に合うかどうかでしょう。

復帰して勝ち上がれることはもはや奇跡に近いかもしれません。

何とか奇蹟を起こして欲しいと願うばかりです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 東サラ 2歳愛馬の情報 | トップ | 今週の出走(速報版) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事