何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

ノートルダム寺院 焼失

2019-04-16 20:51:57 | 日記
フランスのノートルダム大聖堂が火事で焼け落ちました。

こんな朝のニュースを見て心底驚き、大きな喪失感を味わいました。

以前、一度だけ訪れたパリで、ルーブル美術館に向かう道すがら、
セーヌ川に浮かぶ美しい聖堂をただ眺めただけで通り過ぎてしまいました。

こんな事になるなら、あの時、無理をしてでも立ち寄れば良かった。
後悔しています。

「また来ればいい」

そんな気持ちで通り過ぎたことを今更後悔してもどうにもなりません。
遠く離れた日本に住む私でさえ、こんな寂莫とした思いを抱くのに、
地元の方たちは如何ばかりかと、その心情をただ推測するのみです。


それにしても西洋建築は「石」と「レンガ」で出来ている…。

そんな風に漠然と考えていたので、屋根の構造のほとんどが木造だという
事実に改めて驚きました。

ちょうど、大規模な修復を行っていたようで、恐らく、不注意からの失火。
原因を作った本人は生きた心地がしないほど、悔いている筈です。

今後の行く末を見守ると同時に、何とか復元できることを願います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜日の出走(結果) | トップ | シュヴァルツリーゼ 次走は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事