何か良い事…Something good

一口馬主生活の喜怒哀楽

社台・サンデー・GITC 2歳愛馬の情報更新

2019-01-07 20:51:23 | 一口馬主
年明けの1月4日、2歳馬になった社台グループ愛馬達の更新がありました。
総勢8頭、今のところ大きな頓挫もなく順調です。



<社台RH>

ウイングドウィールの17(父:スクリーンヒーロー)



2019/01/04 社台F
引き続き週4日は周回ウッドチップコースに出て、常歩3000m、
ダク1200m、軽めキャンター2000mを乗っているほか、週2日は
トレッドミル上のキャンター調整を行っています。これといって
大きな癖はありませんが、キャンターの出掛けの際の姿勢が低いため、
騎乗者が気をつけながら調教を行っています。父の産駒特有の気性の
難しさもなく、改良した直線コースにも徐々に入れながら基礎体力向上
を図ります。現在の馬体重は476kgです。


プリンセスゴールドの17(父:クロフネ)



2019/01/04 追分FLV
この中間も日ごとに調教メニューを替えており、週2日は坂路で
ハロン24~20秒のキャンターを2本、週1日は同ペースで坂路1本、
週1日は屋内周回コースでハロン24秒ペースを1500m乗り込んでおり、
週1日は騎乗を控えてトレッドミル運動のみで調整しています。
騎乗スタッフは「まだ少しうるさい面はありますが、血統面からみると
我慢できている方だと思います。トモがまだ弱いため、じっくりと進めて
いますが、徐々に良くなっているのでこのままのペースでしっかり鍛えて
いきたいです。トップラインに少しずつ肉がついてきました。前向きな
性格は相変わらずなので、良い面を伸ばしていきたいです」とコメント
しています。現在の馬体重は442kgです。


アルーリングライフの17(父:ディープインパクト)



2019/01/04 社台F
本格的な騎乗調教へ移行してからも順調で、引き続き週4日は周回ウッド
チップコースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター2000mを消化
しています。また、週2日はトレッドミル上でのキャンターも行っています。
カーッとなりやすい面はありますが、そういった気性であることを踏まえると
仕上がりは早そうです。俊敏から察するに抜群の運動神経の持ち主かもしれず、
スイッチが入ると燃えやすいタイプですが、そういったところはこの血統特有
の大きな武器と解釈しています。現在の馬体重は440kgです。


リリーオブザヴァレーの17(父:ディープインパクト)



2019/01/04 社台F
この中間も与えた調教メニューを順調にこなしています。週4日は周回
ウッドチップコースで常歩3000m、ダク1200m、軽めキャンター2000mを
消化しており、週2日のトレッドミル運動の際にもキャンターまでこなして
います。性格的に少し舞い上がりやすいところはありますが、タッチの軽い
捌きをしており、動きの柔軟性と俊敏性の高さは一目瞭然です。引き続き
馬場ではバネを感じさせるナイスアクションを披露しています。
現在の馬体重は428kgです。



<サンデーR>

スターアイルの17(父:ディープインパクト)



2019/01/04 NF空港
順調に与えられた調教メニューを消化できています。週2日は屋内坂路
(900m)2本のうち後半の1本をハロン16秒、1日は1本をハロン17秒で
登坂しています。ペースを上げてから、体の使い方に体力不足の面も
伺えますが、軸がぶれずにバランスのいい走りはできています。また、
常歩での運動中は周りを気にすることがあっても、調教には真面目に取り
組んでいます。カイバ食いが良好で、馬体がジワジワと大きくなっており、
厚みが増してきました。期待が大きいので、求められるものも大きいですが、
一歩ずつ前進してほしいものです。現在の馬体重は449kgです。



<GITC>

メモリアルサマーの17(父:エイシンフラッシュ)



2019/01/04 追分FLV
この中間も順調にペースアップできています。現在のメニューは、
坂路コースをハロン20-18秒ペースで2本、もしくは、周回コースを
ハロン24-20秒ペースで1500~2000m乗った後、日によっては坂路コースを
ハロン20-18秒ペースで1本駆け上がるというメニューを消化しています。
トビが大きく柔らかい動きで、体力面も問題ありません。ただ、飼葉食いは
良いものの、ボロが緩い面が見られるため、今後も状態に合わせてじっくりと
進めていきます。最新の馬体重は462kgでした。


ゴールデンドックエーの17(父:ディープインパクト)



2019/01/04 追分FLV
この中間も順調にトレーニングを重ねています。現在のメニューは、
坂路コースをハロン18・18-16秒ペースでそれぞれ1本の計2本、
または坂路コースをハロン20・18秒ペースでそれぞれ1本の計2本、
もしくは周回コースをハロン24-20秒ペースで2000m駆け抜けるという
内容です。緩さを残しており、まだフラつくことはあるものの、一段と
反応が良くなって、しっかりとしたフットワークを見せています。
乗り込むごとに肩や胸の筋肉が発達し、見た目も逞しくなってきました。
少しずつ集中力も増しています。この調子でひとつひとつのレベルを
さらに上げていく方針です。最新の目方は469kgでした。


ショーコの17(父:オルフェーヴル)



2019/01/04 社台F
この中間もじっくりと乗り込んで、基礎体力の向上に努めています。
現在のメニューは、常歩3000mとダク1200mで体をほぐしてから、
周回コースをハッキングキャンターで2000m駆け抜けるという内容です。
馬体に関しては着実な成長が感じられ、目方は460kgまで増えました。
調教では左手前で走りたがる癖があり、左トモに疲れが出やすい現状です。
乗り進めながら様々なことを教えていき、きっちりと修正を図ります。



ただ今、馬名募集の真っ最中。
皆、良い名前がつきますように!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜日の出走(結果) | トップ | 東サラ 2歳愛馬の情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事