ROMAのCAFFE'でおしゃべりを

Due chiacchiere al caffe’ di Roma

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夫婦別姓法案に参政か反対か?

2010年02月08日 | 日本のこと

夫婦別姓法案に反対=亀井金融相
(2月7日17時35分配信 時事通信)

亀井静香金融・郵政改革担当相(国民新党代表)は7日、広島県尾道市で開かれた地元企業の会合であいさつし、政府が今国会に選択的夫婦別姓制度を導入する民法改正案を提出する予定であることについて「夫婦なのに名前が違うのがあるべき姿なのか。私は反対だ」と明言した。  
亀井氏はまた、政府が提出を検討している永住外国人に地方参政権を付与する法案にも言及し「国民新党は二つとも反対だ。民主党がいくらのぼせても、国民新党が反対する限りは(政府は)絶対に提出しない」と述べ、法案を決定する閣議で署名を求められても拒否する可能性を示唆した。



私、選択制夫婦別姓案については大大賛成派。夫婦の絆うんぬんに、姓の一致はまったく関係ないと思うものですから・・・。自分の姓は自分のルーツであるわけで・・・。外国に住んでいるために日本人である自分をさらに強く感じずにはいられない私としましては、国籍だけでなく姓においても同じくらい執着があります。

でも以前からの慣習で、同姓であることによって家族がさらに寄り添う感覚を感じる人たちがいるのも当たり前であって・・・。

だから「選択制」というのは完璧だと思うのですが・・・。

どうして「選択制」夫婦別姓がいけないのだろう・・・。
違う思考を持った人たちを、どうして同じ規定で無理矢理同じところにはめこまなければいけないのだろうか。

ですのでこの亀井さんの意見には反対!

それからですねえ、
永住外国人に地方参政権を付与する法案反対のご意見も、却下したいわ~。

劣悪の雇用形態で雇うとか、日本人が受けないツライ仕事だから外国人を雇うとか、その価値だけは最大限に利用しておいて、そしてその人たちは日本人労働者と同じ義務を果たし働いているというのに「でも参政権はあげない、だってあなたはガイジンだから」っていうのはね・・・。どうなんでしょう。

だいたい人間は、よそ者には警戒心を抱き、差別化をはかるのが今までは当たり前だったけれど、もうそれもそろそろ見直す時期が来たのではないかと。

イタリアでも喧々囂々ですよね、この法案に関しては。
日本だったらさらに厳しいんだろうなあ。外国人地方参政権案が通るのには相当時間がかかるでしょうね。

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛してたよ~ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本のこと」カテゴリの最新記事