【マコプリケっ★】

元・スーパーモデルベヰビーで、現「3.3次元アヰドル」の【マコカミゾノ】を構築スル緻密な細胞の断片をアップリケっ☆xxx

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【カセット8ムービーっ★】+磨冬パ登場&磨冬的決意表明っ★xxx

2005年05月05日 15時15分15秒 | Weblog
今日は「2005年5月5日」で「555」と言う、
1000年に1度のスッゴイ記念日と言う事で、
特別ゲストの登場なのだっ☆xxx

ま、タイトルでバレてるだろけど、一応紹介しとくなっ☆xxx

おいっ☆!!!xxx コッチコイやあっ☆xxx



「御早う・・・
上園磨冬です・・・
今日は特別ゲストと言う事で、
ココに招かれたので、
僕が何故『映画』に、
こだわり生きて行って居るのかを、
簡単に詠いたいと想います・・・」




そんな感ぢで、今回のゲストわ「磨冬パ」xxx
「磨冬パ」わ、
「ヒッピー」で、
「ポエトリー・リーダー」で、
「哲学者」で、
「映画人」なのですが、
細かい事わマコが言うのも何なんで、勝手に詠って頂くとしませうよっ☆xxx

でわ、
アトわ、
ヨロシクメニっ☆xxx



+++++++++++++++++++++++++++++++++++




「再び・・・磨冬です・・・

僕は、生きる事総てを、
一生涯を『1本の映画』と捉えて生きて居るのですが、
そう決心した瞬間(とき)の事を、今回は詠わせて頂こうかと・・・

アレは確か、
5歳位の瞬間(とき)の事だったと想う・・・

僕の家は裕福では無く、
小さなアパート、
それも続き間の仕切りを外して、
10畳程の1K状態に、
家族4人で暮らして居ました・・・

灯りを消した瞬間(しゅんかん)は、
暗闇の為、
部屋の狭さを感じずに済むと想っては居たが、
現実は、そんなに甘いモノじゃ無かった・・・

灯りを消し、真っ暗闇の中で、
寝て居る瞬間(とき)ですら、
スグ隣に家族が居て、
其の部屋の狭さを感じる事は誤魔化せ無かった・・・

時折家族がトイレに立つ音、
枕元を歩く足音、
何もかも総てが、
其の部屋の狭さを感じさせ、
誤魔化す事など出来無かった・・・

『人生は、何て不公平なんだろう・・・
自分の部屋も無いし、
こんなウサギ小屋に家族4人だなんて・・・』

毎日が・・・『何で僕が・・・』
毎日が・・・『御金持ちに生まれたかった・・・』

そんなネガティブな思考をせざるを得無かった・・・

でも逆に、
其の事が、
僕を鬼才な奇才へと導いた・・・

『必ず世界中をアッと言わせてヤル・・・』
そして其の思考は、後に、
『革命家に成ってヤル・・・』そう思考する事と成った・・・

結果、瞬間(いま)この瞬間(しゅんかん)の、僕が在る・・・



話を元に戻そう・・・
裕福で無いが故に芽生えた、
いや、芽生えざる得無かった鬼才的奇才・・・

僕の味方は『雨』だった・・・
雨の日、いつも何かがリセットされる気がしたから・・・

そして、
雨から沢山の事を学んだ・・・



裕福で無い僕にも、
特別な事は在った・・・

それは、とてつも無く『オシャレ』だった事・・・

母親が、とにかく『オシャレ』な人で、
いつも僕は、母親が編んだ、ニットの洋服を着て居た・・・

母は、思考した事がスグに形に成ら無いと我慢出来無い性分で、
いつも夜鍋しては、僕の洋服を編んで呉れて居た・・・

つまりは、
僕が寝る前には存在し無かった洋服が、
朝起きると、
僕の枕元に新しい洋服として完成されて居たと言う事で在る・・・

ヒドイ瞬間(とき)など、
毎日新しい洋服が・・・

一睡もせず、僕の為に・・・

でも、実の所、
それは裕福で無いが故の副産物・・・

母親なりに、
我が家の経済状況により僕がミジメな想いをし無い様にと、
周りの誰よりも『オシャレ』にと・・・

しかも、ニットは、
何度でも、
ほどいては編み、
ほどいては編みを繰り返す事が出来る、生リアルな錬金術・・・

裕福で無くとも、
何着も何着も創る事が出来る・・・

いやはや、
『知恵』とは、こう言う事を指し示すので在ろう・・・

そして、どうやら僕の性分は、
完全に母親譲りの様だ・・・
頭の中に何かが浮かぶと、
絶対に形に成る迄、他の事は何一つ出来無いと言うスタイルは・・・



そんな僕は、
母親の影響も在り、
『オシャレ』と言うモノに過敏に成り、とてもマセタ子供で在った・・・

写真を撮れば、必ずポーズをキメテ居た・・・

『いつか、この写真を本にして売り出すんだ・・・』

そんな事、いつも考えながら・・・

『僕はアイドルに成るんだ・・・
人前に出て、何かをして、
それで生きて行き、世界中をアッと言わせてヤルんだ・・・』

そんな事を、いつも考えてた・・・



画家で在る父親の影響で、
絵は、とても得意で、とても上手かった・・・
いつでもドコでも、
紙とペンを持って居た・・・
部屋の狭さも相まって、
そこいら中にペンと紙が在った・・・
いつだって手を伸ばせば、それ等を手にする事が出来た・・・

でも一番好きだったのは、
『ロウセキ』だった・・・

『黒いアスファルト』に、
『白いロウセキ』で自由に好き勝手描くのが好きだった・・・

僕の家は2階だったので、
上から其の出来上がった作品を観るのが好きだった・・・

でも、車が通ると少しずつ薄く成り、
やがては消えて行った・・・
でも、それは悲しくは無かった・・・
何故なら、未だ未だ描くモノはイッパイ頭の中に在ったし、
持続し無い美が、逆に儚くて好きだった・・・
それが道端に描くと言う事・・・
それが『ストリート』なんだと・・・

幾ら描いても大丈夫・・・
いつだって結局、
雨の日に、
雨がキレイに消して呉れて居たから・・・
何事も無かった様に、
キレイに・・・真っさらに・・・

でも、1つだけ残念に想って居た事が在った・・・
それは、
描いたモノが動か無い事・・・
描いたモノ自体が動いてもイイし、
描いて居る状況ごと誰かが撮影して呉れて、
其の行動総てが1つの作品に成れば、
もっとイイなと、何度も想った・・・



さて・・・
そろそろ本題に入ろうか・・・

僕が『映画』に、こだわり続け、
『映画人』として生きて行く事を決定付けた瞬間(とき)の事を、
そろそろ詠わせて頂こうか・・・



少し重複する事も在るが、話を少し前に戻そう・・・

僕の家は裕福で無く、
部屋が狭かった事は、既に詠わせて頂いた・・・
其の部屋が狭い事が災い、
いつもネガティブな思想を創んで居た事も詠った・・・
どんな事をしようとも、
それ等を誤魔化せ無かった事も詠った・・・

でも、
唯一、僕に光を与えた事は、未だ詠っては居無い・・・

其の光、
『闇の中の光』・・・
灯りを消して真っ暗闇にした瞬間(とき)にのみ、
観る事が出来た光・・・

それが『映画』だった・・・

タンスに白い布を張り付け、
自らの手で上映するロードショー・・・
それが『カセット8ムービー』だった・・・」

                      
2005年5月5日 (雨六5章5節より抜粋)

続きわ、2005年5月5日の2発目の「マコプリケっ★」にてっ☆xxx
         


+++from上園磨冬DOL+++カセット8ムービー from『みうの宝箱』++++++
この記事についてブログを書く
« 【マコの公式海賊版ファンB... | トップ | 【雨六5章5節「雨豪豪豪」... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事