地域の声を県政に活かす!

福岡県議会議員 守谷正人(もりや まさと)

12月定例県議会

2021-12-25 | Weblog
12月定例県議会報告
 12月定例議会は12月1日開会し、服部知事から3次にわたる補正予算等の議案が提出されました。
一般会計の補正内容は、(①次から③次迄)
①新型コロナ感染症の第6波への備え、8月豪雨災害復旧・復興、地域活性化対策など17億5300万円の増額補正。
②人事委員会勧告を受け期末・勤勉手当を0.15月分引き下げ29億9200万円余の減額補正。
③国の補正予算を最大限活用した「新型コロナ対策」(194億円余「地域経済活性化」(157億円余)「安全安心の確保」(517億円)等、総額868億円余の補正予算、その他企業会計・流域下水道会計(老朽設備の整備)で約3.8億円の補正予算が順次提出されました。

 これらによって12月議会一般会計補正予算は差し引き855億9100万円余の増額補正となりました。併せて、条例案として「城南警察署」の名称と管轄区域に関しても提案されました。
 補正予算案を含む提出議案は全て原案の通り可決し、12月20日閉会しました。


     

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 政治を身近に感じてもらう活動 | トップ | 連合福岡執行委員会 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。