Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん女優列伝(168)高島礼子

2020-02-24 00:10:00 | コラム
64年7月25日生まれ・55歳。
横浜出身。

公式プロフィール


高島礼子(たかしま・れいこ)さんは、数多くの売れっ子芸人さんを抱える太田プロに所属する、数少ない俳優さんのひとり。

だから披露宴も、事務所関係の出席者は当然芸人さんが多く。

これは有吉ちゃんがラジオで話していたことなのですが・・・
沢山の美人俳優さんたちがドレスアップしているのを間近で見た結果、式の終了後、居ても立ってもいられず、芸人さん全員でピンサロに行ったというのです。

なんか、すごーーーくよく分かるエピソードです笑笑


※和服が、異常なほどに似合うひと



<経歴>

前夫は高知東生。
これ以上は申しますまい。

87年よりレースクィーンとして活動。
ただこれは、「芸能界への第一歩」という意味ではなく、レーサーとしての活動費を捻出するため、、、だったのですね。

そう、礼子さんはコンペティションモータースポーツライセンス国内A級(JFA)を有しているのでした。
格好いい!!

ただ礼子さんのようなひとを芸能関係者が放っておくわけがありません、
翌年、『とらばーゆ』のCMで芸能界入りを果たし、これが話題となってドラマへの出演オファーが舞い込んだそうです。

実質的な映画俳優デビュー作は、93年の主演作『さまよえる脳髄』。
秋吉久美子が降板したことにより、代打として巡ってきたチャンスでした。

頑張っていたと思います、ヌードにもなっていますし。

『集団左遷』(94)、『ルビーフルーツ』(95)、『義務と演技』(97)、『新生 トイレの花子さん』(98)、『ショムニ』(98)などなど、キャリアが途絶えることはなかったものの、映画としてけっして成功作といえない作品がつづいていました・・・が、
99年―『極道の妻たち』シリーズの四代目(初代は岩下志麻、二代目は十朱幸代、三代目は三田佳子)に抜擢、
前作までとはちがい、公開規模はひじょうに小さく、どちらかというとビデオの売り上げやレンタルの回転率に賭けた安上がりなものになっていますが、これが好評で短期間に5作も制作されました。

『極道の妻たち 赤い殺意』(99)
『極道の妻たち 死んで貰います!』(99)
『極道の妻たち リベンジ』(2000)
『極道の妻たち 地獄の道づれ』(2001)
『極道の妻たち 情炎』(2005)




それ以外にも沢山の映画に出ていますが・・・
『ドリームメーカー』(99)、
『長崎ぶらぶら節』(2000)、『千年の恋 ひかる源氏物語』(2001)、『精霊流し』(2003)、『半落ち』(2004)、『隠し剣 鬼の爪』(2004)、『あずみ2 Death or Love』(2005)、『バルトの楽園』(2006)、『TANNKA 短歌』(2006)、『アジアンタムブルー』(2006)、『大奥』(2006)、『愛の流刑地』(2007)、『ラストラブ』(2007)、『茶々 天涯の貴妃』(2007)、『犬と私の10の約束』(2008)、『K-20 怪人二十面相・伝』(2008)、『プライド』(2009)、『島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん』(2009)、『キラー・ヴァージンロード』(2009)、
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』(2010)、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010)、『乱反射』(2011)、『HOME 愛しの座敷わらし』(2012)、『神さまの言うとおり』(2014)、『極道大戦争』(2015)、『ボクの妻と結婚してください。』(2016)、『ひだまりが聴こえる』(2017)、『星めぐりの町』(2018)、『北の桜守』(2018)、『おみおくり』(2018)、『あのコの、トリコ。』(2018)・・・

基本的に助演が多く、礼子さんの魅力が全開なのは、やはり極妻シリーズ。ということになるのだと思います。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『にっぽん女優列伝(169)高梨臨』
コメント   この記事についてブログを書く
« にっぽん女優列伝(167)... | トップ | にっぽん女優列伝(169)... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事