Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

にっぽん男優列伝(325)光石研

2016-05-19 00:10:00 | コラム
61年9月26日生まれ、54歳。
福岡出身。

公式プロフィール

先日のEテレの番組でも妻夫木聡くんがいっていたけれど、

無個性も個性のひとつ、何色にでも染まれる―というのは真理で、自分にとって光石研(みついし・けん)さんも、そんな無個性を個性とする俳優さんのひとりです。

とくに2000年代に入ってからの活躍が目覚しく、「名前は知らないけど、顔はよく知っている」というひとも多いのではないでしょうか。

膨大な出演作のなかで3つ選ぶとすれば・・・

最悪な父親を演じた『ヒミズ』(2012)、
最高の同僚を演じた『EUREKA ユリイカ』(2001)、
「やはり」最悪な父親を演じた『共喰い』(2013)・・・になるでしょうか。

そう、最悪も最高も演じられる、無個性な役者馬鹿なのでした。


※いちばん好きなキャラクターは、主人公・役所広司だけには優しい『EUREKA ユリイカ』、、、だけど、敢えてこちらの予告編を




<経歴>

78年―映画『博多っ子純情』のオーディションを受けて主役に大抜擢、現役の高校生として俳優デビューを飾る。

自分が4歳のころですものね、
でも真に注目され始めたのは、ここ10年・・・いやぁ、「つづけてみないと分からない」ことを実証するかのようなキャリアですね!

80年より、『男はつらいよ』のシリーズに4作ほど出演。

『男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花』(80)
『男はつらいよ 寅次郎かもめ歌』(80)
『男はつらいよ 花も嵐も寅次郎』(82)
『男はつらいよ 柴又より愛をこめて』(85)

しかし、4作ともそれぞれ別のキャラクターを演じているところが面白いです。

以下、まずは90年代までの出演作をドドドッと。

『セーラー服と機関銃』(81)、『近頃なぜかチャールストン』(81)、『いとしのラハイナ』(83)、『童貞物語』(86)、『キネマの天地』(86)、
『妖怪ハンター ヒルコ』(91)、『就職戦線異状なし』(91)、『FRIED DRAGON FISH』(93)、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(93)、『Love Letter』(95)、『Helpless』(96)、『スワロウテイル』(96)、『ピーター・グリーナウェイの枕草子』(96)、『うなぎ』(97)、『四月物語』(98)、『シン・レッド・ライン』(98)、『のど自慢』(99)、『シェイディー・グローヴ』(99)、『あつもの』(99)。

岩井俊二からイマヘイ、そしてテレンス・マリックによる外国映画まで。
じつに多彩です。

そしてここからが、オファーの絶えぬ2000年代へ。

あまりにも数が多いので、年度別でまとめました。
(とくに、2006年がすごい!!)

2000年
『オーディション』『ホワイトアウト』『五条霊戦記 GOJOE』『カオス』『独立少年合唱団』『KOROSHI 殺し』

2001年
『EUREKA ユリイカ』『火垂』『エコエコアザラク』『贅沢な骨』『まぶだち』『ハッシュ!』

2002年
『害虫』『KT』

2003年
『BORDER LINE』『海流から遠く離れて』

2004年
『この世の外へ クラブ進駐軍』『ジャンプ』『風音』『ユダ』『レディ・ジョーカー』

2005年
『パッチギ!』『亡国のイージス』『スクラップ・ヘブン』

2006年
『雨の町』『LIMIT OF LOVE 海猿』『陽気なギャングが地球を回す』『colors』『シュガー&スパイス 風味絶佳』『パビリオン山椒魚』『紀子の食卓』『ありがとう』『無花果の顔』『インビジブル・ウェーブ』

2007年
『それでもボクはやってない』『エクステ』『松ヶ根乱射事件』『東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~』『怪談』『サッド ヴァケイション』『めがね』

2008年
『歓喜の歌』『奈緒子』『Sweet Rain 死神の精度』『パーク アンド ラブホテル』『DIVE!! ダイブ』『フライング☆ラビッツ』『コドモのコドモ』

2008~2009年
『20世紀少年』シリーズ…『20世紀少年 第1章』『20世紀少年 第2章 最後の希望』『20世紀少年 最終章 ぼくらの旗』

2009年
『感染列島』『おっぱいバレー』『カイジ 人生逆転ゲーム』『なくもんか』『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』

2010年
『カケラ』『ヒーローショー』『悪人』『nude』『十三人の刺客』『ヘヴンズ ストーリー』『マザーウォーター』『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』

2011年
『毎日かあさん』『太平洋の奇跡 ―フォックスと呼ばれた男―』『岳―ガク―』『あぜ道のダンディ』『東京オアシス』『カイジ2 人生奪回ゲーム』

2012年
『ヒミズ』『レンタネコ』『LOVE まさお君が行く!』『アウトレイジ ビヨンド』『ニュータウンの青春』

2013年
『恋する歯車』『脳男』『はじまりのみち』『ガッチャマン』『共喰い』

2014年
『家路』『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』『闇金ウシジマくん Part2』

2015年
『ジョーカー・ゲーム』『天空の蜂』『恋人たち』


・・・・・なんか、濃過ぎてゲボが出そうですわ笑

はっきりいって、光石さんのキャラクターを思い出せない映画もあります。
「とってもいい演技」と「とっても悪い演技」は覚えているほうなので、後者の記憶がないということは、映画の出来不出来に関係なく、光石さんはいつだって最高! ということなのでしょう。

公開が控えている作品に・・・

『夏美のホタル』(6月公開)、『森山中教習所』(7月公開)、『シン・ゴジラ』(7月公開)、『海賊とよばれた男』(12月公開)・・・が、あります。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『にっぽん男優列伝(326)峰岸徹』
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 映画小僧が選出する、下半期... | トップ | にっぽん男優列伝(326)... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実は名前と顔が一致するようになったのはー (夢見)
2016-05-19 10:27:48
最近なんです

観た顔~~~の俳優さんという印象

松坂桃李さんに殴りかかった「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」にて菜々緒さんに翻弄され壊れていく男の役

これが印象深いです


実に沢山の映画に出演しておられますのにね^^;

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事