Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

シネマしりとり「薀蓄篇」(161)

2016-04-07 00:10:00 | コラム
いー「てぃー」→「てぃー」ばっく(Tバック)

自分は「ちんちん」を「ぶらぶら」させている状態が好き―という、小学生みたいな理由から、下着は未だトランクス派である。

いいトシこいて「派手柄モノ」が好きというのも理由のひとつなんだけれどね、女子に「わー、かわいいキャラクター♪」とかいわれたいというね、つまりは、褒められて伸びるタイプですから。


だからだろうか。
女子の下着も、大人っぽいもの・色っぽいものより、「やや」幼さが残るもののほうがゾクゾクするんだ、どうしても。

単なるロリコンじゃねぇか!!

否定はしないが、厄介な世の中だ、何遍もいうが、社会的に許される範囲内のロリコンだからね。
中学生は(発育の早い子だろうが)ペケ、高校2年生からOK!
いや大声でOK! といってはいけないのだろうが、そのあたりからが対象であると。

水着もきわどいものより、スクール水着やワンピースがいいんだ。

というわけで、Tバックには「あまり」興味がない。



「あまり」と強調するとおり、まったく興味がないわけじゃないよ。


ウィキペディアの解説がなんか笑ってしまうので、軽く引用しておこう。

…………………………………………

Tバック(ティーバック、T-back)とは、臀部を露出した水着及び下着(下穿き)の一種で、和製英語である。

…………………………………………

はっきり臀部と記されると「臀部って!」とツッコミを入れたくなるが、たしかにこれ以上に「しっくりくる」ことばはないわけで。


さて。
映画のなかで登場する、Tバックをはいた女優さんといえば・・・

水着ではあるが、自分がスクリーン上で最初に「臀部だ臀部だ!! こりゃすごい!!」と歓喜したのは、『クロコダイルダンディー』(86)のリンダ・コズラウスキー(トップ画像)だったと思う。

そのシーンを、ノーカットで。
ほれ、ポール・ホーガンだって動揺しているじゃないか。





自信がないと、これは無理だろうなぁ!! と思う。


以下、いくつか挙げてみるが、思いのほか少ない。
AVでは必須のアイテムだけれど、あまりにTバックを強調し過ぎると、ドラマ部分がおろそかになってしまうから、、、なのかもしれない。(ちがうか!)


『バード・オン・ワイヤー』(90)の、ゴールディ・ホーン。

すでに40歳を過ぎていたと思うが、美しいラインでした。

※このあと、スカートがめくれあがり、メル・ギブソンに「ガン見」されてしまう。




『インビジブル』(2000)の、エリザベス・シュー。

なんというか・・・ひじょうに迫力があった。

ちなみにこの映画では、監督のヴァーホーベンと「ハダカになる必要があるのか」で大喧嘩を展開したらしい。


『アクトレス ~女たちの舞台~』(2014)の、クリステン・スチュワート。

白い臀部に、ゾクゾクしたなぁもう!!


・・・という感じなので、一部男子にとっては、たしかにドラマ部分がおろそかになってしまうようです笑笑


あすのしりとりは・・・
てぃーばっ「く」→「く」ーる。

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『シネマしりとり「薀蓄篇」(162)』
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 俳優別10傑 海外「か行」... | トップ | シネマしりとり「薀蓄篇」(... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分のボディに相当の自信がなければ (夢見)
2016-04-07 13:41:21
悲惨(爆)だと思います

販売されている商品すら見たことないです
当初 (oyajisann)
2016-04-07 22:39:17
Tバックなる下着が出て来た?当初はエロ過ぎって
感じありましたが最近は慣れました。
でもおっさんとしたはそそりません(笑)

コメントを投稿

コラム」カテゴリの最新記事