まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

ワールドカップ

2018年06月30日 | Weblog

情報の漏えい

『スタメン情報漏洩について。長友佑都が涙目で異例の嘆願

6/30(土) 4:30配信

SOCCER DIGEST Web

「非常に残念」

ポーランド戦の翌日、ミックスゾーンで取材を終えた長友佑都がそれからしばらくしてどういうわけか記者団の前に姿を現わした。「ちょっといいですか」と前置きしたあとで彼の口から発せられたのはポーランド戦のスタメン情報漏洩についてだった。
 
ポーランド戦を前に一部報道で「6人変更も」とスタメンに関する記事が出た。それに対して、長友が異例の訴えをしようと自ら進んでミックスゾーンに改めて足を運んだのである。
 
「まあ、その……」と少し言葉を詰まらせながら、彼はこう続けた。
 
「皆さんの仕事の立場だったり、あとはその裏に家族がいたり、大切な人がいたりするのを理解したうえで自分は言いたいですけど……」
 
次の言葉が出てくるまで、約13秒。長友は少し涙目になっているような様子で「あの記事を見て非常に残念でした」と言った。
 
「どこから漏れたのか、どこから見ていたのか、それは分からないですけど、一緒に戦う日本人としてすごく残念な気持ちに選手みんながなりました。で、僕たちは本当にブラジル・ワールドカップが終わってから、4年間、このロシア・ワールドカップに懸けて、もう全てのエネルギーを懸けて、覚悟を持ってやってきた。この期間だけでいいので、同じ日本人として、同じ仲間として、僕たちに力を貸してほしいなと思います。
 
もちろん批判するなとか、そういうのではなくて。批判は問題ないし、それは当たり前のことだと思いますけど。そういうチームの内部の部分が漏れたりするっていうのは、やるせない気持ちになる。どうか、自分たちに力を貸してほしい。協力してほしいなと思います。それだけです。すいません」
 
ここで、記者のひとりから「本田くんも(スタメン情報漏洩について)発信していましたよね?」と問われる。すると、長友は再び立ち止まって「あっ、そうですね」と返すと、言葉が溢れ出てきた。
 
「僕らも試合前日の夜にこういう記事が出ているっていう、スタメンがね。なんでこんなに……これ絶対に分からないだろというレベルのスタメンだったと思うんですよ。ひとりふたりが代わるくらいで、それを予想されるのはもちろん、ね、普通だと。分かると。あのスタメンを当てるというのは、明らかに内部から漏れているのか、外から見ているのか、どうなのか分からないですけど、非常にこう、全てを懸けて戦っている身としては残念だと思って。そういうちょっとした情報だったりも、命取りになりかねない。
 
スタメンだけじゃなくて、もしあのオフサイドトラップがどっから情報が洩れていて、知っていたらたぶん失点になっていたと思うんですよね。2列目から飛び出してきて。そういうのも含めて、力を貸してほしいなと。すいません」
 
メディアもチームの一員、ベルギー戦に向けて一致団結しようという長友の熱い思いが十分に伝わってきた。』

※視聴率、売れる、それが大事なメディア(マスゴミ)!


ルール

2018年06月29日 | Weblog

『ルール』
今、それがあり、そして、それを順守した。それでいいと、そう思う。そして、それがおかしいというなら直す。それでいい!

*ボバン副事務局長 フェアプレーPは「スポーツ精神に則ったもの」日本を祝福
                                             6/29(金) 17:32配信 、デイリースポーツ...
「ロシアW杯・H組、日本0-1ポーランド」(28日、ボルゴグラード)

サッカー日本代表は0-1でポーランドに敗れて大会初黒星を喫したが、勝ち点4、得失点差0、総得点3で並んだセネガルを大会規定のフェアプレーポイントで上回り、2位通過を決めた。

29日のイタリア主要スポーツ各紙も「日本はイエローで通過」(ガゼッタ・デロ・スポルト)などの見出しで、W杯初のイエローカード数の差で、日本がグループリーグを通過したことを大きく報じた。

また、FIFA副事務局長で元クロアチア代表のズボニミル・ボバン氏は、ガゼッタの取材に対し、次のように語った。「(フェアプレーポイントの)発想は役員会で提案されたものだった。スポーツ精神に則ったものだ。ファウルを多く犯したというのにも二つの意味があって、プレー中に困難だったためファウルを犯さざるを得なかったもの。そして暴力的、もしくは反スポーツ精神の態度をとったというもの」とフェアプレーが有利に働く理由を説明した。「セネガルには残念だが、コロンビア以上に日本を祝福する」と話した。


道頓堀でダイブ

2018年06月29日 | Weblog

なんともな。

『日本決勝トーナメント進出で大阪・道頓堀で100人が歓喜のダイブ敢行

6/29(金) 7:41配信

東スポWeb

28日に行われたサッカーW杯ロシア大会の日本―ポーランド戦は0―1で日本が敗れたが、セネガルも負けたため、日本は決勝トーナメント進出を決めた。

セネガル戦で数百人のサポーターによる歓喜のジャンプ、20人ほどの�道頓堀ダイブ�が繰り広げられた戎橋では、試合終了数分前に大阪府警が橋の西側スロープを閉鎖。吉村洋文大阪市長がツイッター上で「絶対に飛び跳ねないで下さい。500人が飛び跳ねることを前提として設計をしていません。『極めて危険です』」と警告し、注意喚起の張り紙が出されていたが、この日も日本代表の決勝T進出を祝う?狂乱の宴が展開された。

試合終了と同時に数人のサポーターが「オー、ニッポーン!」と決勝トーナメント進出を祝福。続々とその数は増え、1時過ぎには橋の上はお祭り騒ぎに。スピーカーを持参して盛り上げる人や、本田圭佑のユニフォーム姿で敬礼する人、「痴漢やー」の声も聞こえた。そして、祝福の大合唱とともに、警告もむなしくジャンプが行われると、橋は鈍く振動。恐怖感からか橋の下にいた人たちが移動する姿も見られた。

盛り上がりがピークに達した1時15分ごろ、閉鎖された西側スロープではなく、東側スロープからTシャツ、ジーパン姿の男性を皮切りに�ダイブ�が始まった。

本田のユニフォーム姿の男性が欄干の上に立ち上がると、道頓堀サイドの遊歩道を埋め尽くした数百人の人垣からは「ホーンダ、ケイスケ」のコール。「六甲おろし」の音楽に合わせて飛び込む人、海パン姿で飛び込む集団、外国人と、ダイブを敢行した人は100人近かった。3人が連続でほぼ同位置に飛び込んだ際には「危ない!」という悲鳴も上がった。また、打ち上げ花火も飛ばされ、騒ぎに拍車をかけた。

飛び込んだ学生は「ノリで行きました。決勝トーナメントで飛ぶかはわかんないけど、気持ち良かったっす。終電もないんで、朝まで遊んでいきます」と語った。

2時過ぎに、警察が止めに入って解散ムードとなったが、道頓堀かいわいの住人は「アホなことしとるなぁ、あんな汚いとこによう飛び込むなぁとは思うけど、別に困ることはない。たまにシャワーしに来るやつがおるから、銭湯なんかは困ってるくらい。大阪のノリなんてこんなもんやし、いちびって発散したいだけ」と冷めた様子だった。』

※まあ、飛び込むのは自己責任。けがは覚悟で!


ワールドカップ

2018年06月29日 | Weblog

この賭けは

『ザッケローニが見た日本対ポーランド。終盤の時間帯、あの決断の評価。

0-1で敗れたものの日本はベスト16進出を決めた。(写真:長田洋平/アフロスポーツ)

日本代表はポーランドとの試合を0-1で終え、ベスト16進出を決めた。

勝ち点でセネガルと並んだ日本だが、突破を決めたのは「フェアプレーポイント」。警告の少なさが幸いし、無事ベスト16に駒を進めることになった。

この試合最大のトピックは、ポーランドの得点でも、川島永嗣の好セーブでもなく、試合終盤の出来事にあった。

日本は0-1で負けていたが、西野朗監督は試合を終わらせることを決断し、後方でリスクのないボール回しを指示した。他会場ではコロンビアがセネガルを1-0でリードしていた。このまま終われば、フェアプレーポイントにより突破するのは日本になるー。

時間つぶしのボール回しはスタジアムの激しいブーイングを呼んだ。後方で時間を使う日本と、引いた相手を追わなかったポーランド。ある意味で試合を放棄した両チームに罵声が飛ぶ。現場で大会を見ていても、これほどのブーイングを耳にしたことはなかった。

この事象に関してはすでに世界各国で議論が起こっている。批判的なものもあれば、結果を優先した判断と理解を示す見方もある。

日本代表監督として前大会を指揮したアルベルト・ザッケローニは、この特殊な試合をどう見たのかー。

複雑な状況が影響した試合内容。川島への思い

試合直後に話を聞くと、セネガル戦後の歓喜の声とは違う、やや複雑そうな、低いトーンが聞こえてきた。

「何よりも、日本がグループリーグを突破したことが嬉しい。世界のベスト16の中に入るというのは素晴らしいこと。あの終盤については、いろんな考え方があるだろう。が、私は何よりもこの結果を素直に喜びたい」

ザッケローニは、この試合は通常の1試合として評価するのは難しいと付け加えた。

「今日の試合、ピッチの上の選手たちはプレーしにくかったはずだ。彼らの頭の中には様々なことがあったからだ。時間、得失点差、警告、他会場の動向。内容的にはもちろんセネガル戦の方が良かったが、この2試合を単純に比較することはできない。先発メンバーを半分入れ替えたことは連携面で影響したかもしれないが、何よりも今日は精神的な部分の負担が大きかった。あの試合終盤だけじゃない。選手と監督の頭には、”勝つのは理想だがそれよりも負けたくない”という思いもあり、最後はそれが”1点差の負けならよし”と変化していった。そんな中でプレーするのは非常に困難だ。それはプレーにも表れていた。難しい状況下で、最終的にこれ以上ない結果を手にしたのは本当に素晴らしいことだと思う」

個人として真っ先に名前を挙げたのは、ゴールマウスで輝きを見せた川島永嗣だった。

「エイジには拍手を送りたい。今日のプレーは素晴らしかった。あのセーブがなければ、失点を重ねていたかもしれない。彼にとっては難しい試合だった。第二戦のセネガル戦ではパンチングのミスをしていたからね。批判も浴びたことだろう。しかし自信を失ってパフォーマンスを落とすこともなく、数日後にチームを救う活躍を見せてくれた。川島のことは評価すべき。個人的にも彼の好セーブは嬉しかった」

「あれは大きな賭けだった」

終盤の出来ごとについて、ストレートに聞いてみた。

あなたが監督であれば同じことをしましたか?

ザッケローニははっきりと言った。

「もう私は日本代表の監督ではないし、あの状況に立たないと分からない部分だってある。西野監督はあの時点での0-1を受け入れ、時間を進めることを選択した。それが最終的には成功した。それまでだ。どんな形であったとしても、私はベスト16進出を決めたことが嬉しいし、それを評価したい。当然、あの決断にはリスクもあった。終盤、セネガルが何かの拍子に1点を取っていればどうなったか。日本はもう追いつくための時間も残されていないわけだ。さらに日本がもし警告を受けていたら・・・。接触を避けようと思っても、計算できない警告を受ける時もある。大きな賭けだったのは間違いない」

試合中はテレビの前で汗をかいたという。コロンビア戦の結果を気にしながら、画面で進められる、少し奇妙な試合を追い続けた。

「これで日本代表が勢いをつけて、決勝トーナメントで素晴らしい試合を見せてくれることを願っている」

日本の試合はザッケローニにとって今ワールドカップで一番の楽しみだという。

4年前に自らは立つことのなかったベスト16の舞台。

まだしばらく続くことになった日本のロシアでの戦いを、ザッケローニはイタリアからしっかりと見つめている。』

※次の試合でその意味が!


公開

2018年06月28日 | Weblog

自治体の開催する「議事(会議)録」の公開。
これ、当たり前だと思っていたら、過去10年以上公開していない会議が。
そして、今年度から2年間、私はその会議の委員に。
これ、初会合(7月9日)の時に「なぜ?」と、そう聞いてみようかと…


日本のテレビ局

2018年06月28日 | Weblog

これはなんともで

『日本のテレビ局に対しポーランド政府観光局が遺憾の意「FIFAの件でTVからたくさん電話が来ます。ただ……」。

                                                             中澤星児

大波乱のW杯。はたして、日本はグループリーグを勝ちあがり決勝トーナメントに駒を進めることができるのか? 今夜行われるポーランド戦は注目の一戦と言えるだろうそんな中、ポーランド政府観光局東京支局が、日本のテレビ局に対して遺憾の意をTwitterに投稿しているためお伝えしたい。

・テレビ局の取材姿勢
投稿されたツイートは、まさに今夜キックオフの『日本 vs ポーランド』戦に絡むもの。「FIFAの件でTVからたくさん電話が来ます」とした上で、テレビ局側の取材姿勢について以下のように言及した。

「ただ、今日の試合の関連番組制作で、リサーチのできるポーランド語人材が見つからないため丸投げの印象が非常に強く遺憾です。だれでもネットで調べられる事柄ぐらいは「なる早で全部お願い」ではなく、ご自身でもお調べになられてはいかがでしょうか?」

「それからもう一つ。#FIFA2018 の件で当局に電話をかけてこられる番組制作会社の皆さんは、ほとんどが電話番号非表示でかけて来られますが、これはいかがなものでしょう?」

──テレビ局や番組制作会社の取材や連絡の “雑さ” について遺憾の意を表す内容だ。このツイートに対し、日本のネット民から恥じ入るリプライが続出している。W杯の裏側でこんなことが起こっていたとは……。

・良い試合を望む
そんなポーランド政府観光局は、今夜の試合について「結果は勝ち負け、引き分けのいずれかが出るとしても、何よりも両国のチームと選手の皆さんがベストコンディションで気持ちのいい試合ができれば最高だなって思います」と一連の投稿を締めくくった。

前述の通り、大一番である今夜のポーランド戦。盛り上がるのは結構だが、その勢いに任せて他国に迷惑はかけたくないものである。』

※実に「おばか」だ!


私物の持ち込み

2018年06月28日 | Weblog

これは

『明石市の職員数人、私物の運動器具を職場に持ち込む

産経ニュース / 2018年6月28日 7時37分

明石市は27日、複数の職員が同市船上町の公園管理事務所に私物の運動器具などを持ち込んでいたことを明らかにした。市は「市民に疑念を与える」として撤去を指示した。

市によると、数年前から複数の職員が事務所の倉庫にエアロバイクやバランスボールなどを持ち込み、昼休みなどにトレーニングをしていた。市の調査に職員は「体力維持のために使った」などと説明している。食堂には私物のDVDプレーヤーもあったが、使用は確認できなかったという。

今年初めに市に通報があり発覚。市の担当者は「勤務中に使用しているとの誤解を与える。今後はないようにしたい」と話した。』

※可哀想!


自治体

2018年06月28日 | Weblog
「こういうものがあります」
「こういうことをしました(会議・検討会・答申)」
で、それがあって、何かが変わったかというと何も変わらず。
自治体は「あります」「しました」という事実を作るために、それを。
これは「なんとも!」。

ワールドカップ

2018年06月28日 | Weblog

ドイツよくなかった。

『「1%の奇跡、ドイツ破る」韓国、敗退でもたたえる報道

6/28(木) 3:26配信

朝日新聞デジタル

サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、韓国がドイツを下した27日(日本時間28日未明)、韓国メディアは「1%の奇跡 韓国、世界ランキング1位のドイツを破る」などと興奮気味に速報した。ただ、すでに2連敗しており、1次リーグ敗退は避けられなかった。

韓国は1次リーグでスウェーデン、メキシコに2連敗。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング1位のドイツ戦について、韓国メディアは事前に「海外の賭け屋はいずれもドイツの勝利を楽観している」(YTNテレビ)などと厳しい試合になると伝えていた。

試合はドイツがボール占有率やシュート数で圧倒したものの、後半の追加時間に韓国のキム・ヨングォンとソン・フンミンが連続ゴールを決めて「2対0」で韓国がドイツを制した。

念願の一勝を果たしたものの、韓国にとっては2014年ブラジル大会に続く2大会連続での1次リーグ敗退。ただ、「韓国は世界最強のドイツを沈没させ、有終の美を飾った」(朝鮮日報電子版)、「16強入りは失ったが、韓国サッカーが見せた『最後の闘魂』は輝いた」(京郷新聞電子版)などと健闘をたたえる報道が相次いだ。』

※これで韓国での韓国チームへのバッシングは沈静化に?


街角ギャラリー

2018年06月27日 | Weblog

『街角ギャラリー』
補助金等審議会の「要綱にない人件費を支出しているのはおかしい!」という指摘などで、先月いっぱいでそこへの補助は打ち切りに。
ですが、補助を受けていた団体から文句(私たちは市から依頼されてやっている。文化の向上に水を差す。今までに指摘されたことはないなど)の雨あられ!