まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

風が

2012年09月30日 | Weblog
「子役」という風が吹いて、で、それが止んだ。

『子役ブーム終焉!? 芦田愛菜と本田望結の視聴率対決が、お粗末な結果に-

                            サイゾーウーマン(2012年9月30日13時00分)
 
放送前から視聴率の行方が注目された『ビューティフルレイン』(フジテレビ系)と『サマーレスキュー~天空の診療所』(TBS系)。なぜなら、前者は芦田愛菜、後者は本田望結が出演し、共演NGもウワサされる子役対決が話題となったからだ。しかしフタを開けてみれば、それぞれの平均視聴率は『ビューティフルレイン』10.14%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、『サマーレスキュー』10.05%と、ギリギリ2桁という盛り上がらない結果に終わった。

 2人はほんの数カ月前まで、“視聴率の神様”的存在だった。2011年、芦田は初回から最終回までに10%以上視聴率を伸ばした『マルモのおきて』(フジテレビ系)、本田も最終回に40%超えを記録した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で、それぞれキーマン的役どころを演じていたのだ。

「一部報道では『芦田は、同じく子役タレントの本田や谷花音も共演NG』ともいわれており、今回の視聴率争いは“子役女王対決”とまで揶揄されましたが、結果は、どんぐりの背比べ状態。一時期は芦田について『忙しすぎて小学校に行くヒマもないらしい』というウワサまで飛び交っていたほどですが、芸能界を席巻した子役ブームは、すでに終焉を迎えてしまったようですね」(週刊誌記者)

一時期のゴールデンタイムは、どのチャンネルにも必ず子役が出演していたものだが、この現象もすでに落ち着いてしまっている。連日イベントや記者会見に登壇していた彼らも、すでにテレビ中心ではなく、“手に職”とばかりに別のフィールドへ活動の場を移していると、芸能プロ関係者は語る。

「芦田と同時期にブレークした鈴木福は、『コドモ警察』(TBS系)で当たり役を引き、来年には映画化が決定。また、こども店長のCMで脚光を浴びた加藤清史郎は、東宝系ミュージカル『エリザベート』で高評価を得て、現在では舞台中心の俳優にシフトしています。また今年3月には、『崖の上のポニョ』で大ブレークした子役・大橋のぞみが、中学校入学を機に芸能界を引退するという出来事もありました」

たとえ世間で再び子役ブームが巻き起こったとしても、その時、彼らはすでに子役ではなくなっている可能性も十分考えられる。“視聴率神話”が崩壊した今、テレビでブレークした子役が、さまざまな道を模索しだすのも、当然の流れかもしれない。』

※マスゴミ(テレビ)の悪しきやり方、柳の下にとか使えるだけ使う、その結果がこれ、子役なんて単なる使い捨て、それがマスゴミのスタンス。

同じ言葉を

2012年09月30日 | Weblog
そのまま韓国に返す。


『竹島問題で『紅白』出場にも黄信号のK-POP 母国では「文化に政治を持ち込むな」の声も......

                             日刊サイゾー(2012年9月30日08時00分)
 
竹島問題に配慮して、大みそかのNHK『紅白歌合戦』ではK-POP勢が排除されるとの情報が飛び交っている。NHKの松本正之会長が6日の定例会見で『紅白歌合戦』に言及したことを受けて、同番組の制作会社の幹部による「K-POPの歌手らが出演すると、視聴者の反感が憂慮される」とのコメントが報じられたことが発端だ。

「昨年はK-POPブームの余勢を駆って東方神起、少女時代、KARAの3組が出場しましたが、少女時代などは過去に『独島は韓国の領土』と言ってはばからなかったですし、そりゃ視聴者の反感を買うでしょうね。特に、今年はロンドン五輪も開催されて、国民の愛国心も醸成されていますから、K-POP枠がゼロということも十分考えられます。まあ、そうなってくると、日本での活動に配慮して反日的な発言を控えているKARAのようなグループにとっては、とんだトバッチリですが(笑)」(芸能ライター)

こうした日本の状況に対し、韓国メディアも敏感に反応。「NHK紅白歌合戦に、反韓懸念K-POP歌手の出演排除」「日本は姑息、韓国の歌手がNHK紅白歌合戦に出演禁止令」などと報じた。韓国のネットユーザーたちも、「文化に政治を持ち込む日本の行動は姑息」などと猛反発。

「どの口が言うのか、と言いたいですね。最初に領土問題を五輪サッカーに持ち込んだのは、そっちだろうと。そうでなくても、韓国ではJ-POPや日本のバラエティ番組は完全に解禁されていないわけですからね。そもそも、韓国のファンは自国の歌手が大みそかに日本の歌番組に出演することがうれしいのでしょうか? というのも、韓国にも大みそかに『MBC歌謡大祭典』という歌番組があるのですが、昨年は東方神起や少女時代、KARAが紅白に出場したため、日本で事前収録したVTRが流され、韓国のファンの不興を買ったほど。日本の番組に出演すれば怒るし、出演できなきゃできないで怒るという、もはや駄々っ子と同じですよ」(同)

もっとも、今回のK-POP排除の動きは竹島問題や李明博大統領が天皇陛下に謝罪を求めた発言の影響もさることながら、K-POP人気に陰りが見え始めていることも大きく影響している。7月に「K-POP最後の大物」の触れ込みでデビューしたWonder Girlsのデビューアルバムにしても最高位7位と、鳴り物入りだった割に振るわなかったり、7月1日に開催予定だった「K-POP IN 豊岡・神鍋高原」もチケットの売れ行きが低調で中止になったりと、かつてのブームも、いまや目を覆いたくなるような状況だ。このまま手をこまねいて人気が下落し続けるのに任せるよりも、政治問題を理由に排除されたほうが、K-POPにとって「名誉ある撤退」となるのではないだろうか?』

※自分(自分たち)の都合のいいように言葉を使い、解釈をする。それが韓国であり、また中国でもある。

何を

2012年09月30日 | Weblog
今さら!

『中国初の空母 米軍事専門家は“無用の長物”との辛辣な評価

中国初の空母「遼寧」が10月1日の国慶節(建国記念日)前の9月25日、正式に就役した。遼寧省大連港の同艦船上で行なわれた記念式典には、中国人民解放軍トップを兼ねる胡錦濤国家主席が出席するほどの力の入れようで、中国で高まっている反日気運から尖閣諸島への派遣説も飛び出している。しかしその能力について、米国の軍事専門家からは「遼寧は無用の長物」「格好の標的」などと辛辣な評価が下されている。

米国防大学のバーナード・コール教授によると、空母の艦載機の「殲(J)-15」は米軍の艦載機と比べて、飛行距離や搭載武器、センサーなどの機能が決定的に劣っている。さらに、米軍のE2のようなレーダー機や電子戦機EA-6Bのような敵レーダー妨害機能が搭載されていない。

また、航空母艦群を形成する駆逐艦や巡洋艦、さらに空母を支える輸送船や給油船が不足しているほか、空母に先行する護衛の攻撃型原子力潜水艦が少なく、空母とのコミュニケーション能力が乏しい――といった致命的な弱点があるというのだ。

米カーネギー国際平和財団の中国専門家であるダグラス・パール副所長は空母・遼寧の艦載機「J-15」を支える空中給油と電子戦能力で致命的な弱点があると指摘する。パール副所長によると、遠洋での空母の活動を確保するためには空母に搭載する指揮管制機、空中給油機、電子戦争機を開発、製造、配備しなければならないが、いまのところ、これらの軍用機が配備されたとの情報はない。

さらに、これまでも指摘されてきたのが、遼寧のエンジンの問題だ。遼寧の改良前のウクライナ製「ワリヤーグ」は中国に引き渡された時点で、エンジンは積載されていなかった。本来ならば、蒸気タービンエンジン2基を積載し、29ノット(時速約53.7キロメートル)の最高速度が出せたはずだったのだが、エンジン自体がなかったのだ。しかも、中国は蒸気タービンエンジンや、さらに進んだガスタービンエンジンを製造する技術がなく、仕方なく遼寧に船舶用ディーゼルエンジンを積んだという。

船舶用エンジンは馬力が劣るために、その最高速度は19ノット(35.2キロメートル)しか出せないのだ。米空母は30ノット(時速55.6キロメートル)以上のスピードを出せるため、それで向かい風を作り、艦載機が発進するための揚力を与えることができる。これができない遼寧の場合、艦載機J-15が発進できない可能性も否定できない。このため、これまでの遼寧の訓練でも、J-15が艦上から発進したことはなく、着陸訓練も行なっていない。

いまのところ、遼寧は致命的な弱点をもっており、「いざ実戦」となっても、米軍の「絶好のカモ」にならざるをえないのは明白だ。

“強み”をあえて探すとすれば、排水量6万7000トン、全長305メートルという巨大さだろうが、そのような空母が他国の周辺海域に姿を現せば、必ずや周辺国の強い警戒感を引き起こし、当該国に軍備増強の口実を与え、外交問題にさえなるであろう。中国は好戦的だという印象を強め、「中国脅威論」が喧伝されることになる。

米国防総省スポークスマンは中国が遼寧の配備を発表したことについて「特に驚くべきことではない」とコメントしたが、その発言の裏には米軍の強い自信が隠されていることを中国は知るべきかもしれない。』

※これ、周知の事実!

これが

2012年09月30日 | Weblog
事実。


『品川の中1自殺 担任、3度相談されるも校長に報告せず- 産経新聞(2012年9月30日08時05分)

東京都品川区立中学1年の男子生徒(12)が自殺した問題で、担任教諭らが生徒から4~5月に3度にわたっていじめ被害を相談されていたにもかかわらず、校長に報告していなかったことが29日、学校への取材で分かった。校長が把握したのは7月で、対応の遅れが自殺につながった可能性もあり、学校側は詳しい経緯を調べている。

校長によると、男子生徒が担任に最初に相談したのは入学後しばらく経過した4月下旬で、校内でシャープペンシルを紛失したという内容だった。担任は誰かが隠した可能性もあると判断したが、クラス全体に注意を促すだけにとどめ、詳しく調べず、校長や学年主任らに報告もしなかった。シャープペンシルは間もなく教室内で見つかった。

その後、5月上旬と下旬の2度、男子生徒のシャープペンシルが壊される被害が発生。生徒から相談を受けた担任は、学年主任ら同じ学年の教諭4人に伝えたが、校長や副校長に報告はしなかった。担任はこの際、2度とも男子生徒に「大丈夫か」と声をかけたが、生徒は「大丈夫」と答えたという。

7月に学校が行ったいじめに関するアンケートで、男子生徒が「文房具を壊された」と被害を訴え、校長は被害を把握。ただ、男子生徒はアンケートに「解決しそう」などと回答していたこともあり、具体的な対策は取らず、区教委に報告もしなかった。校長は「指導を徹底して行えず、反省している」としている。』

※こいつは教師としての「資質」と「資格」なし!ついでに書くと人としての資格なし!

時代錯誤

2012年09月29日 | Weblog
それは30年も前の話。

『文化施設としてのアリーナを整備していってはどうでしょうか?芸術や音楽を広く発信し、市として誇れる施設になるよう、本ワークショップにて意見を出していきたいです。』

※自治体がつくるものにいいモノなし。それが分かってないからダメ。

いいなあ、この言い方!

2012年09月29日 | Weblog
【田中康夫 にっぽん改国】

「回転寿司」政調会長はわかっているのか

「ハトを守るタカ」と自任する畏兄・亀ちゃん=亀井静香氏が24日付「毎日新聞」夕刊で、「『原発』争点にならない自民党総裁選」を「過去の反省ない証拠だ」と看破しています。

「私自身にも責任はある。自民党時代には政調会長を務め、派閥を率いてきた。地震国の日本に設置されている原発の危険性を直視しようとしなかった。申し訳ない」。「総裁になって政権を取ろうとするならば、まず電力会社に電力需給のデータや石油や天然ガスの調達事情を全て出させ、その上で脱原発に向けての具体的なスケジュールを明示する事だ」。

「日本のあらゆる技術や資源などを総動員して、原発に代わるエネルギーを確立させる事は無理難題ではない。自民党にとって、これが過去の責任を取る最大の方法」。「にも拘(かかわ)らず、総裁選でどの候補からも脱原発についての深い言及がないのは、これまで自民党が進めてきた原発推進政策への反省がない表れ」。「自民党は結局、経済至上主義から抜け出せておらず、それは野党になっても何も変わっていない。その事に全く気付いていないように見える」。
 
経済産業省所管の独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構=JOGMECが債務保証を行い始めた、カナダを筆頭に世界各地の頁岩(けつがん)=シェール層に埋蔵されるシェールガス開発を本格化させるべきです。世界有数の埋蔵量と目される日本近海のメタンハイドレートへの取り組みも、早急に具体的工程表を示すべきです。
 
亀ちゃん発言を再び援用すれば、「電力需給や経済成長を原発継続の理由に挙げている候補が多いが、原発依存が危険である事が判った以上、それらは理由にならない」のですから。
 
日本=資源輸入依存国の他力本願な天動説から、日本=資源自前調達国の地動説へと大転換する上でも、筑波大学の渡邉信教授らが発表した石油を作る藻類=オーランチオキトリウムの実用化こそ急務。これぞ、夢と希望を与える国家的プロジェクト、と「3・11」後の最初の予算委員会で僕は提案するも、民主党政権の反応は鈍いまま。
 
他方で、帰村は不可能だから新天地に職業と住居を保証する、と政府が宣言すべき人口6000人弱の飯舘村に限っても3200億円もの税金、即ち住民1人当たり5000万円強を投じて電力会社とゼネコンの関連企業を肥え太らせ、地元従事者に内部被曝を齎(もたら)す「除染」=「移染」こそ復興の第一歩、と環境相から政調会長に「回転寿司」の如く「配転」した細野豪志氏は拘泥し続けます。実に日本の悲劇です。

【田中康夫】

興味はない!

2012年09月29日 | Weblog
だから、誰が誰だか知らないし、知る気もない!


『知ったかぶりをすると恥をかく「ももクロ」

決して「ポストAKB」にあらず

オジサンたちがようやくAKBを覚えたと思ったら、「SKE」だの「NMB」だの「JKT」だのが次々に出てきている。
 
そんな中でも最近、特に耳にするのが「ももクロ」だ。正式名称は「ももいろクローバーZ」。で、気の早いムキは「『ももクロ』こそポストAKB」と思いがちだが、アイドル通に言わせると「両者はまったく別物」なのだという。

「AKBや妹分のSKEというのは総合プロデューサーの秋元康氏が一大プロジェクトとして育て上げた、いわば“作られたアイドル”ですよね。しかし、“ももクロ”は普通に路上ライブから出てきたユニットなんです。所属こそ竹内結子、松雪泰子などを抱える大手ですが、当初、手がけたのはせいぜい沢尻エリカの元マネジャーぐらい。例の騒動で沢尻が事務所を辞めたため、彼がひとりで面倒を見てきた。ファン層もAKBは男性ファンが大多数なのに対して、ももクロは男女比率が3対1ぐらいになってます」(事情通)
 
それが今や武道館で女性限定ライブを開くとチケットが即日完売なのだという。となると、どうしても「ポストAKB」と言いたくなるが、酒席で知ったかぶりをすると恥をかくので、オジサンは要注意!』

※おじさんはおじさんでいい、そんなの興味まったくなし!

やらせ

2012年09月29日 | Weblog
企画通りのストーリー(展開)でしょ!


『再婚から約1年で“ビッグダディ”夫婦が別居!? 波乱続きの「痛快!ビッグダディ」第17弾を放送!

放送のたびに大反響を呼ぶ香川・小豆島に暮らす林下一家に密着するドキュメンタリー「痛快!ビッグダィ」(テレビ朝日系)の最新版が9月29日(土)に放送される。'11年に5人の子供を持つ美奈子さんと再婚したばかりの“ビッグダディ”こと林下清志さんだが、今回別居生活を始めるという衝撃の展開を迎える。

独立した子供たちを除いても12人という大所帯の林下家。移住した当初からビッグダディが懸念していた、子供たちと過ごす時間が減ってしまったことに対し、ついに「別居」という重い決断が下される。美奈子さんは「このまま一緒にいたい」という思いが強かったが、夫婦のために時間を割くよりも子供中心の日々を送りたいと願うビッグダディの思いが勝った形となった。清志さんは子供たちの動揺を防ぐため、別居することは内緒にして夏休みを満喫することに。そんな両親の別居計画の事実を知らず、子供たちはカニ採りやカブトムシ狩り、特大流しそうめんなど、夏のイベントを無邪気に喜ぶ。また、7月31日の結婚記念日には、ビッグダディから美奈子さんにサプライズプレゼントが贈られるなど、一見うまくいっているように見える林下一家。しかし、別居へのカウントダウンは止まらなかった。

そして、8月も残り数日となったある日、ついに父・清志さんから子供たちに別居の事実が打ち明けられる。覚悟はしていたものの18歳年下妻・美奈子さんは突然家出して、携帯電話も繋がらない事態に。夫婦の決断は子供たちにどんな影響を与えるのか、大家族同士の再婚の難しさや自立の厳しさなど、林下家を襲う波乱の夏を送る。』

※私生活を切り売りするって、で、それで収入を得るって、それは個人でなく、タレントでしょ!

なら

2012年09月29日 | Weblog
寄付をするな。

寄付をするなら、それはそれでいいじゃない!


『昨日の日刊ゲンダイ 【尖閣寄付金「返せ」都に109件】

① 政府が国有化した尖閣諸島について、「都が買わないなら寄付金は返してほしい」との声が。都は尖閣購入と活用の費用約15億円の寄付金を集めた。都は寄付金は返還せず基金化し漁船の避難港整備などを条件に島を取得した国に譲渡する方針。 』

「マスゴミ」

2012年09月29日 | Weblog
はダストボックス行き!


『そりゃないだろう! 無罪“確定”小沢結審をシカトした大マスコミと民主党

彼らに「人権」を語る資格はない

「いずれも却下します」――。26日開かれた「国民の生活が第一」の小沢一郎代表(70)に対する政治資金規正法違反事件の控訴審。開廷からわずか1時間後、小川正持裁判長が下した判断に、東京高裁102号法廷に張り詰めていた空気が一気に緩んだ。
 
案の定というか、検察官役の指定弁護士側が請求していた元秘書の証人尋問など計12点の証拠採用は一蹴され、ジ・エンド。審理はたった1日で終わった。指定弁護士がもくろむ逆転有罪の目は完全に消えたとみていい。
 
指定弁護士の大室俊三弁護士は閉廷後、「裁判所は証拠として調べる必要がないと判断しただけで、我々にとって特に不利になったとは思っていない」と強気だったが、だったら、なぜ証拠請求したのか。カラ元気というか、どこまでデタラメを続ければ気がすむのか、と言いたくなる。
 
東京高裁が即日結審したのは、これ以上、審理を長引かせても「意味なし」と判断したためだ。事実上の無罪確定。そんなことは司法のプロならば、誰でも分かることだ。

「小川裁判長は判決日について、当初、1カ月後の10月31日を予定し、指定弁護士、弁護人双方に打診しました。普通は結審から判決まで最低でも2~3カ月かかります。それが1カ月後ということは判決文の原案がすでに出来上がっている可能性が高い。ズバリ、控訴棄却ですよ」(傍聴した弁護士)
 
こうなった以上、検察は小沢にわびるべきだ。大マスコミも総ザンゲが当たり前だ。民主党も落とし前をつけるべきだ。検察が捏造した疑惑に乗っかり、小沢を党員資格停止にして、追放。その政治活動を封じ込めたのは野田を中心とした民主党の現執行部のメンメンだ。アタマを丸めるくらい当然なのに、コイツらは本当に腐っている。26日の結審をどう受け止めたのかというと、誰もコメントひとつ出しゃしない。それどころか、ある若手議員は「小沢氏に政局を左右する力はもうない。裁判の結果が大きな影響を与えることはない」とか言って涼しい顔だ。

彼らに良心があるのか。人間としてどうなのか。「シカト」はないだろう、いくらなんでも。しかし、マスコミも同罪だから、もちろん、一緒になって、判決無視。ヒドイ社会だ。ジャーナリストの魚住昭氏はこうした新聞テレビの報道姿勢について「病理なんですよ。だから、何度も繰り返している」と言った。いつも自分たちは正義漢ヅラ。今後、彼らに人権を語らせたら絶対にダメだ。 』

※彼ら(マスゴミ)にあるのは「数字(視聴率・販売部数等)だけ。だから、あるのは中身ではなく「インパクト」だけ。