まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

新型インフルエンザ

2009年04月30日 | Weblog
って、
いつ『豚インフルエンザ』って名前から変わったのか?
日本とアメリカ以外では『豚インフルエンザ』のまま、
日本はアメリカからの圧力で「豚インフルエンザ」から「新型インフルエンザ「という名前に。

この国は、相変わらずアメリカの言いなりになっているのだ。

マスコミ対ジャニーズ(事務所)

2009年04月30日 | Weblog
これ、どっちもどっち!?

執行停止

2009年04月29日 | Weblog
これを行うということは、不能欠損(時効等で税金等を徴収することを諦めること)を前提として行うもの。
もちろん、それは国税調整法第153条・地方税法第15条7の1等に基づき自治体が行う滞納処分の1つ。

問題は執行停止という手続きをとったあとに、未納者が未納分の税金等を納めたとしたら、『執行停止』にした意味はなく、また、そういった状況(納付できる状況)にあることさえ把握しないで執行停止の手続きをしたことになる。

これはおかしい。

もっとも、未納者の状況を自治体の職員自らが確認すること(臨戸訪問等)はせず、納付の催告は外部に委託したり、『不能欠損』を未納者数を減らすための分母減らしの1つの方法としかとらえていないとしたら、それはとんでもないこと。
大問題なのだ。

無駄遣い

2009年04月28日 | Weblog
補正予算案の中身が?

全国の学校にパソコン200万台と電子黒板を70万台、
そして究極はマンガ大学に117億円。

使う場所を間違っている!
また、その財源の80%が国債。

この国の借金を増やすだけ。

ここにも「なんみょー党」が関わっているのか?

不適切発言

2009年04月28日 | Weblog
お金をばらまくだけのなんみょー党や、○●学会に入っている芸能人のこと、
そして音楽業界の真実などをラジオでしゃべってしまうと芸能界を追放に!

それだけ業界にはおかしな力が働いたり○●学会の信者が多いということなのだ。

他力本願

2009年04月28日 | Weblog
映画(ロケ地)などを誘致し、それで「まちおこし」とか云っている自治体。
それを見て「エキストラ」や「お金」までを丸抱えして映画などのロケ地として誘致しようとする自治体が多い。

なぜ「誘致?」
その理由の1つが経済効果だと云う。
そしてそれは、ロケ中(スタッフなど)と映画公開後(映画を見た人たち)のという2つがある。

でも、これ、映画があってこそ。
「まち」はフィルムの中で紹介されるが、はたしてそのまちに魅力があるのか。
そして、そこに住む人たちや自治体が努力をしているか。

ここが問題。
単に映画のロケ地としてだけなら、それは瞬間でしかない。
時が過ぎればそれで…

「まちおこし」というものを、真に考えているのなら毎日の活動(行動)が大切で、しかもそれを続けていくことが必要なのだ。
それを「ロケ地」ということでは、それは「他力本願」でしかないのだ。

タミフル・リレンザ

2009年04月27日 | Weblog
スペイン風邪。

インフルエンザの話になるとこの3つの言葉が氾濫する。

その中でもまず「ワクチンを!」という言葉がまず、真っ先に出てくる。
テレビでは「新型インフルエンザには特効薬のタミフルやリレンザを!」
こうだ。

「なにはともあれワクチン」
「おいおいおい!」なのだ。
鳥、豚、新型インフルエンザという時に出てくる言葉は決まって「ワクチン!」

これ「何とかの繰り返し」だよ。
タミフルは発症してから~時間内に!
リレンザ(吸引式)も使い方に
そして双方ともすべてのインフルエンザに対して効くわけではなく、なので「特効薬」というのな間違いであり、有効性に対する疑問と副作用などの問題がある。
そして、これらの薬が今回の予防に役立つかどうか、その検証も行われていない。
効き目があるかどうか?

しかし「スペイン風邪」という言葉はもう死語のはず。
当時の衛生環境、人の栄養(体力)状態。
それらが低い・劣悪な時に起こったものと、今の環境を比べること自体が意味を持っていないことを分かっていて、あえて「スペイン風邪」という国や国の云う事を検証もせずに垂れ流し続けるマスコミ。

インフルエンザワクチンはパソコンのウイルス対策と全く同じで、新しいものには効きにくく(後追いでしかなく)、変化するウイルスについて行く(対応していく)ことが出来ないことは、今までのことを見れば・検証すれば分かること。

それ(検証・確認)をしていない・していても表に出さないでひたすら危険を煽るだけの国とマスコミ。
せめてその内容について検証をして、で、それからなんだかんだ云ったらどうか?

しかし、この数字(全世界での感染者数2,500人)は極めてミニマムなもの。
テレビなどで「急速に全世界に広がって!」こういった言い方をするのは変!
「広がって」というなら、その根拠は何?基準の数字は?

また、WHOの発表をそのまま伝えずに、誇張して報道するマスコミ。

まずは詳細(原因・感染状況等)を調べること。
数字だけを云うのは簡単。

まずは真実を知ること!
国からの情報だけでなく、いろいろな手を使い
いろいろな情報から内容を知る。
それをしないで、ただ騒ぐだけではダメなのだ。

まあ、そんなこと何にも考えていないのがマスコミなのだ。

知恵

2009年04月27日 | Weblog
雑学とか深い話とか
みんな借りてきたもの。
自分で考えたものはまったくなし。
これ、元ネタが1つ。
あっちの局、こっちの局いたるところで同じ話が
例えば「カップヌードル」の安藤百福さんの…
もう、そう書くと「浅間山荘事件」となる。
これ、今までに何百回も使われている・紹介されているあまりにもイージーな話。
これで知識だとか知恵だとか?
実にくだらない。

単に本に書いてあったことを、ただ投稿しているだけ。


地デジ化

2009年04月27日 | Weblog
地デジに新キャラ
「草薙」に代わって「シカ」
これ「地デジ化」でなく「地デジか?」の間違いでは?

それにしても総務省の変わり身(キャラの変更)の早いこと。
まるで「なんみょー党」なみなのだ。

メーデー

2009年04月26日 | Weblog
じゃなく「メイ・デイ」
しかも4月なのに「メーデー」とは

いつからか「5月1日だと連休の真ん中なのでメーデーを4月に!」という声が多くなり、また「会社が休みなのでわざわざメーデーに出たくない!」だからってことで4月最後の土日に開催することに。

これでは「メーデー」じゃなく「エイプリル・デイ」
でも内容が内容なので4月に開催しても、それは「メイ・デイ」

でも、やらないよりはまし?
なら「4月でエイプリル・デイだけれど、5月にメイ・デーを開催してほしくないコール多数&主催者側も連休の真ん中でやりたくないから、4月末で連休前にメイ・デイーを開催!」って堂々とチラシなんかに書いたらどうか!

なんにしても「メイ・デー」の持つ意味も、組合としての活動も、そしてパワーもないのだから、ただの式典だけで終わりってありなのか?