まちや小(ぐわあー)

その先を曲がったら何があるのだろう、どきどきしながら歩く。そして曲がってみて気がついたこと・感じたことを書く。

インフルエンザ

2017年10月20日 | Weblog

ワクチン。

こんな記事が

『年内摂取は無理? インフルワクチン250万本不足の懸念

食事や睡眠も十分に(C)日刊ゲンダイ

毎年1000万人が発症し、関連死を含め1万人が死亡するインフルエンザの流行は、12月ごろに始まり、1~2月ごろにピークを迎える。インフルエンザワクチンはその一番の予防策。接種後2週間で効果が表れるため年内接種が望ましいとされるが、今年は希望する時期に打てないかもしれないという。なぜか? 対策を含め、北品川藤クリニック(品川区)の石原藤樹院長に聞いた。

「厚労省の試算では今年のインフルエンザワクチンの生産量は2528万本。これは昨年の生産量で250万本以上、使用量で114万本も少ない数字です。その理由はワクチン製造株の選定の遅れによるものです」

インフルエンザワクチンのもととなるウイルス(ワクチン株)は、例年5月ごろに決定する。WHO(世界保健機関)発表の推奨ワクチン株に加え、国内外の流行分析を参考に国立感染症研究所(感染研)などが決める。』

※そんなものいらない!

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 日テレ | トップ | おかしい »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事