町作り研究会(容子の部屋-別室)

町作り関連。地方新聞トピックス等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松の木に桜の花咲く・・

2009-04-30 22:19:06 | 地方新聞

あれっ、松の木にサクラ咲いた?…盛岡の新名所“松割桜”(読売新聞) - goo ニュース

              

          

 盛岡市の裁判所の前庭にある石割り桜は有名ですが、盛岡市八幡町の盛岡八幡宮の境内では、これまた不思議な事に、松の幹の中から突き出した桜の木に花が咲き、評判となっているとの事です。この不思議な桜は、赤松の根元から生えているらしく、松の幹の中の空洞部分を通って成長したとの事でこのソメイヨシノは、松の木の高さ約1メートルのところにある穴から外に飛び出すように伸びているとの事です。

そして今では桜の木が飛び出した穴がふさがれた状態になっているらしく・・・まるで赤松に桜の花が咲いたように見えるとの事です。同八幡宮の神職の上岡谷仁さんは「11年前に私が勤め始めた時には、既にこの状態になっていた」といってます。

この不思議な現象について、日本樹木医会県支部長の佐藤平典さん(69)は「中が空洞になった松の根元に、サクランボを食べた鳥がふんを落としたのだろう」と推測していますが・・それにしても「1本の木の中を別の木が通っている事例はほかにもあるが、飛び出ている部分の穴が完全にふさがっているのは極めて珍しい」と驚いているそうです。

日頃この境内を散歩コースにしている盛岡市中ノ橋通の主婦小島みどりさん(54)は「盛岡には石割桜もあるけど、この『松割桜』もびっくり」とこの不思議な木に見入っていたそうです。

              盛岡八幡宮の写真

参考までに・・この盛岡神宮は、前九年の役の際、源頼義、義家父子が必勝を祈願するため、1062年(康平5)に創建したと伝えられており、その後南部藩主が領内守護の総氏神として大社殿を造営したそうです。ここの祭礼は9月14~16日で華麗な風流山車が町中を練り歩き、勇壮な南部流鏑馬が奉納されるとの事です。

 

コメント

旭山動物園にエゾシカの森・・オープン

2009-04-29 19:09:36 | 地方新聞

 

 

            

 

 北海道旭川市旭山動物園が今度は新施設の「エゾシカの森」がオープンするとの事です。この動物園は次々と新施設を作っては見学者を喜ばせております。ここでは野生のオオカミとエゾシカが共生していた100年以上前の北海道の原野をイメージしたものができるとの事で、26日にはオープンに先立ち報道陣に公開されたそうです。

今回の新施設は、昨年6月に完成した「オオカミの森」に隣接してあり、絶壁で知られる上川町・層雲峡の岩場を模した高さ約6メートルの山もこの敷地内に築いて、ここで過ごすエゾシカがより自然のままに過ごしているかを・・この雄雌計7頭を飼育氏ながら自然の厳しさや動物が生存する為の戦いも見られるのかも知れません・・・

旭山動物園の来園者は地上約4メートルの観覧通路の橋から、エゾシカの生態を見る事が出来るようになっているそうです。シカが自由に築山などを駆け回る姿や、「ホール」では頭上で跳びはねながら行き交う姿も観察できるとの事です。

このような動物園はかっては廃園まで考えたほど経済的に困窮していたそうですが・・坂東園長をはじめ職員が知恵を出し合って今日の日本一有名な動物園に作る変えたことは単に予算がない・・と言って廃業していく多くの業種も参考に成る事があると思いますが・・・最後に坂東園長は「ここでシカの本来の生き方や能力を知ってもらい、人間と野生動物が共生していけるよう考えてもらえたら」と話しております。

 

コメント

啄木かるた」-東京・奥野かるた店が発売

2009-04-29 09:48:26 | 地方新聞

 

             不況の時代だからこそ「啄木かるた」-東京・奥野かるた店が発売

 面白記事を見つけました。東京・神保町にあるカルタ専門店「奥野かるた店」が「啄木かるた」を発売した事が事の始まりで、、盛岡に縁のある詩人、石川啄木の作品集「一握の砂」「悲しき玩具」などから50首を選び、カルタに仕立てたものとの事です。

通常カルタは5・7・5・7・7の句ですが、啄木の詩はその改行にこだわらない「3行詩」であるのとの事で、読み札で下の句にあたる部分を太字にするなど工夫を凝らしたのが特徴だといわれてます。 レトロ風の絵札の図柄は、
盛岡市出身のイラストレーターで作家でもある高橋克彦さんや吉田光彦さんが手がけたものとの事です。
 
カルタ専門店「奥野かるた店」のタッフは「石川啄木は全国的にも知名度があり、2年ほど前に盛岡の街を取材するなど、以前から企画していたとの事です。3行詩にこだわる啄木の句を尊重した店主は・・一風変わったカルタに仕上がった」と話してます。ご存知にように啄木は多くの不幸と薄命だった事から、その思想を愛した店主は「不況のこの時代に、生活や病で苦しみながらも生きた啄木の良さを知ってほしい」と言ってます。

これらは岩手県内では最大の本屋・東山堂とジュンク堂盛岡店ほか、三省堂、丸善など全国の大手書店で販売しているそうです・・・

 

コメント

「水都大阪2009」8月から開催

2009-04-27 22:16:56 | 地方新聞

 

 

               

 「水都大阪2009」が8月22日から10月12日まで52日間市内中心部の中之島公園、八軒家浜などで行われるとの事です。大阪は 古くから水運が栄えた町です。最近やっと私が求めていた川を見直す活動も盛んになったようで、その意味から言ってこの「水都大阪2009」が楽しみです。

このような催は8月22日(土)から10月12日まで、中之島公園、八軒家浜などで行われるとの事です。このような企画したのはプロデューサー・北川フラム氏(アートディレクター)、橋爪紳也氏(大阪府立大学教授)達との事です。その他ヤノベケンジ氏、藤浩志氏達と多彩な第一線のアーティストも参画するようです。この催は今までのような一過性であったり、所謂官製の催しから脱却して、市民参加型の仕組みを作って在るそうで、会期終了後にも引き継いでいくことを目指していると聞き嬉しくなります。

 

                         背割堤の桜


私は以前大阪に行った時淀屋橋から観光船に乗りそこから見る風景に魅せられたことが記憶に強く残りました。、何より河川から眺める大阪の風景には明治期に作られたレンガ造りの建築物と桜街道とでも言うのかしら・・陸からの風景とはまったく違った在りし日の大阪の優雅さが一層船旅を楽しいものとして印象的ですた。

今回の催には中之島公園では身の回りの不要品のリサイクルや、廃材を利用した飾り物の製作など、子供から高齢者まで市民が幅広く参加できるアーティスト工房の設置や体験型ワークショップを実施されているようです。また、八軒家浜会場は各地の特産品、食料品を乗せた船が船着場にやってくる朝市&リバーマーケット・・が在るようでこれも楽しい企画だと思います。

それと・・市内の水路(水の回廊)ではアーティストが装飾した船でめぐる「アート舟プロジェクト」などを予定されているそうです・・・また京都の堀川を模した川床を土佐堀川の左岸に設置して、川の風を受けながら市民が食事などを楽しめるスペースが出現するとの事で・・この企画を聞いただけで楽しそうです・・・頑張って大阪再生に向けて・・・

 

 

コメント

航空路線の利用に変化・・・

2009-04-25 12:09:53 | 地方新聞

 

         

 

 現在地方空港が抱える問題は多岐に亘りますが、最近のように国際化が進むと最早国内線優先という考えから脱してとの地域にとっての利便性、経済性党を考慮した利用の仕方になっているようです。ここ松山空港でもこれまで「ドル箱路線」と呼び続けられてきた東京便が年明け以降、最近の景気悪化に伴ってビジネス客の利用が大幅に減少しているようです。

一方、ウォン安が影響してか?・・国際線のソウル便を利用する方が安くしかも便利との事で、この所ソウル便を利用する人が80%以上も増えているとの事です。それが影響して4月から日本の各航空各社は大幅減便となっているそうです。 航空機の機種などによって差異はあるにしろ、採算ラインは、乗客が60~65%と言われてます。

現在では年間約150万人が利用する東京便ですが、搭乗率は昨年11月までは70%を超えていたのが・・・景気の落ち込みの影響からか?12月、1月と連続して一気に60%を割り込んで居るとの事です。愛媛県庁に事務局を置く松山空港利用促進協議会では「不況の影響で企業が出張を手控えたことが大きく影響している」と分析しているとの事です。

一方で、新幹線のような高速交通機関との競合等も在り、日本航空は昨年11月に実施した1日5便の増便を4月以降も継続することを決めているようですが、その経営状況は深刻なのはこの大阪便だといわれています。以前から指摘されていた事ですが、関西空港は大阪南部に作られた為にその利用には不便さを指摘する人が多いようです。

そのために航空各社が相次いで関西空港発着の各路線の減便や廃止を決定しているとの事です。現在はかろうじて松山空港からは1日6便(3往復)を運航する全日空も減便の対象になっていると聞きます。それと対照的に利用者が増えているのが高速バスとの事です。

一方で東京や大阪などの都市圏に向け高速バスも運行する伊予鉄道の担当者は「昨年末あたりから、ビジネス客の利用者が増え始めました」と言ってます。従来はバス利用の主力は里帰りの学生や観光客も以前から利用してましたが・・昨年末以降は、東京、大阪からの利用状況も大きく上向いて、増便対応を取る機会が多くなったと言うのです。

 なかでも松山との距離が短い大阪について、交通機関同士の競争は激烈との事で、松山から大阪までの運賃を比較すると、航空機が正規の往復で約3万円なのに対し、バスは約1万2000円と半額・・・また、JR四国は岡山までの特急と新幹線をセットにした「阪神往復フリーきっぷ」で対抗しており、有効期間によるが往復で1万6~7000円なのだそうで・・割安な運賃などを勘案すると利用目的ではバスや鉄道の利点も多いといいます。業界関係者は「ビジネス客は、出張などで移動経費が抑制されるとどうしても航空機から、バスや鉄道にシフトする傾向が顕著」と話してます。

 それと同時に最近では円高・ウォン安の影響からか・・、昨年末からソウル便の搭乗率が急上昇中との事です。現在ソウルへは韓国のアシアナ航空が週に6便運航しているそうですが、今年2月は84・3%の利用客があるとの事です。これらの利用客は7~8割が女性だそうで、ほとんどが買い物や観光目的との事です。このようにソウル便を利用する理由について、ソウルから帰国した女性会社員(34)は「好きなブランド品を安く手に入れるには今しかないと思って旅行に出かけました」と話してます。 

松山空港利用促進協の関係者は「国内、また本県の経済のためには、日本人が海外へ出かけるのではなく、韓国など海外から客を呼ぶことが本来的に重要」との想いがあるようで、このような現実に複雑な表情を見せているそうです。

 

コメント

<みやざき物産館>「自立」へ補助打ち切り

2009-04-24 10:32:06 | 地方新聞

 

           



「宮崎物産館」は東国原知事のPR効果のお陰で、08年度の売上高が過去最高の8億9500万円に達したとの事です・・・その他東京、大阪のアンテナショップ等を合わせた売上高は約13億円にも上ッたそうです。そこで東国原知事は社団法人・県物産振興センターに対して、県から毎年約1億円~数千万円の補助金出し来たのを東国原知事は21日の定例会見で「自立してもらうのが理想」と述べて、今年度限りで県からの助成は打ち切る考えを明らかにしたそうで、当然だと思います。

 知事就任後の07年度の物産館の売上高は、前年比では5倍の7億5900万円にもなったそうで、宮崎県にとって大きな貢献だと思います。ですから宮崎物産館、人件費を含む運営補助金も、前年度の1億3500万円から7200万円に削減され、08年度の補助金も5100万円に減額したそうで、宮崎のような県の場合ももっとその予算を他の事業に使う事ができるのですから・・・

 知事は物産館の今後について、「ブーム定着化のためさらなる新商品開発や売る努力が必要。以前のようにただ置いていればいいとは思わず、正念場だ。(宮崎のセールスマンとして)何のためにPRし、身を削って頑張ってきたのか」と注文を出しております。そして「13億円を売り上げ、まだ助成が必要なのか。稼いだ分は県民に還元すべきだ」と強調したそうですが・・当然の発言だと思います。

     



これに対して宮崎県物産振興センターは売上高の約25%を手数料収入として得ているそうですが・・08年は約1億8900万円の利益を出しているそうです。野村秀雄常務理事は「休日を減らし土日の開店時間を早めるなど努力している。補助金に頼らないよう経営基盤を強化したい」と言ってます。

 

コメント

羽田~成田を15分で結ぶリニア構想

2009-04-22 13:24:58 | 地方新聞

 

            羽田~成田を15分で結ぶリニア構想-神奈川県が調査結果発表

 リニアモーターカーによる交通網の整備を神奈川県は4月14日、発表しました。それによると、羽田~成田の両空港が15分で結ばれとの事です。神奈川・松沢成文知事は定例記者会見で「成田~羽田超高速鉄道整備構想」の調査結果によると、このリニアモーターカーの開通によって首都圏空港は一段と機能強化され「両空港の一体的運用」と首都圏の空港アクセスの向上を目指すリニアモーターカー建設を、国や民間企業に提案する内容・・・との事です。

今回の計画によると、そのルートは羽田~成田間が第一次計画に組み込まれているようで、もし五輪が東京開催が決定すると、この動きは加速するだろうと感じます。それに続いて、羽田~横浜間・東京湾臨海部~さいたま新都心間、さらに米軍横田飛行場の軍民共用化を想定した新宿~横田間の各路線を段階的に建設されるようで・・・これらが開通したなら、首都圏は一つのエリアとして各県の連携が益々多くなるだろうと感じます。

 

                       

 

羽田~成田間は時速約300キロで走行するのだそうで、約15分で結ばれるとの事です。それは現在の鉄道サービスより所要時間を75分以上短縮できるのだそうで、物流機能も首都圏の超高速鉄道として、観光産業の活性化や環境への影響の改善、さらに約17万人の雇用創出も図れるとの事です。

現在の試算では建設費には1兆3,000億円も掛かるとの事ですが・・・その経済波及効果は2兆9,000億円と言われております。そのためには首都圏自冶体には莫大な事業費が圧し掛かると思います。しかしどんな困難が在ってもこの構想の実現に向けた取組みを進める意向との事です。リニア構想に対しては森田健作千葉県知事も公約しておりますし・・今後は神奈川・千葉の両県それと東京都、さいたま県などがこの大事業に賛成のようですし、合同研究会を重ねてその一致点を見つけて欲しいものです。

   http://www005.upp.so-net.ne.jp/one/linear2.html

コメント

世界砂像フェスティバルを開催

2009-04-21 19:05:51 | 地方新聞

 

                   鳥取砂丘の広場で開幕した巨大な砂像が並ぶ「世界砂像フェスティバル」=18日午前 

              

 鳥取砂丘と言えば日本では最大の砂丘です。この広場で「世界の童話」をテーマに「世界砂像フェスティバル」が18日~5月31日なでの機関開催されるとの事です。今回 展示される砂像は計19基との事で、オランダやドイツなど世界各国からも参加者が在ったとの事でこれらの彫刻家が約2週間かけて制作したした砂像のために、鳥取砂丘周辺の砂約2700トンもの大量の砂が使用され、一番大きい砂像は高さ約8メートル、幅約30メートルとの事で、その作品は「小人にロープで縛られるガリバー」や「中世の城」が出来ているそうです。

会場では期間中日没から午後9時まではライトアップされるとの事で、日本人があまり見たことのない砂の芸術は雪祭りとは違った趣があると思います。

 

                        開幕した「世界砂像フェスティバル」=鳥取市の鳥取砂丘(盤指彬子撮影)

 

この広場ではさまざまな鳥取名産のナシソフトクリームやカニラーメン等々が販売され来場者に喜んでもらおうと実行委員会ではぜひとも成功させようとしているようで・・この期間中に、20万人の人出を見込んでいるとの事です。興味のある方是非このような珍しい砂の芸術をもうすぐ始まる連休の中でお出かけになっては如何ですか・・・

 

       

コメント

自衛隊の「急患輸送」、離島を中心にほぼ毎日

2009-04-17 14:23:42 | 地方新聞

  

             自衛隊の「急患輸送」、離島を中心にほぼ毎日-実績公開から半年

 

 

自衛隊の急患輸送活動が424件もある事を始めて知りました。これほどの多くの件数を急患輸送活動をして国民に奉仕している事を私だけでなく知らない人が殆どだと思います。 これまで防衛省では、災害時は都道府県知事などからの要請で捜索救難等の災害派遣については、公表していたとの事ですが・・・

昨年10月からは、それに加えて自衛隊への依頼が一層増したようです。それは 離島を抱える都道府県からの依頼が鹿児島県、沖縄県、長崎県など県内に離島が多いところからの要請件数が多いようです。そのほか東京都や北海道、島根県、山口県からの要請も在るそうです。

それは多分民間機では対応しにくい離島の住民の緊急時には頼るのは海上自衛隊が最も安全で、費用面でも依頼しやすいためかも知れません。なかでも種子島から鹿児島までや、対馬や福江島から大村、父島から硫黄島などのほかに、航行中の漁船やフェリーで発生した患者を収容、搬送したケースもあるそうです。

現在では急患輸送実績を防衛省のウェブサイトで見る事が出切るそうですが、いずれにしてもこのように自衛隊の活動は国内でも民間奉仕的仕事がこんなに多い事を報道する必要を感じました。

特に現在でも自衛隊の活動に対して否定的な人達が多くいますが・・そのような人達は一体自衛隊の活動がこれほど民間奉仕している事をしるべきと考えます・・

 

コメント

生キャラメルで夕張復活へ 花畑牧場

2009-04-16 10:41:52 | 地方新聞

 

            銅鍋を使って手作業で作られている花畑牧場の生キャラメル

 

花畑牧場の生キャラメルはものすごい人気のようですが、今度は財政破綻した夕張市にある旧宿泊施設「黄色いリボン」をこの花畑牧場の第2工場として改修してここで夕張特産のメロンを使って新たな生キャラメルを製造し、4月末から発売すると田中義剛社長が発表したとの事です。

その計画によれば、旧宿泊施設「黄色いリボン」の地にログハウス風でガラス張りの工場に改修して、周囲をラベンダーなどの花で一面を飾るようで、いかにも北海道の風景に溶け込んだ施設になりそうです。もうすぐオープンとの事で(4月20日)ここでのメロン果汁は夕張市農協から直接購入して、1日当たり1万箱の生産を目標にしている様です。ご承知のように夕張市は多くの施設が廃業になり地元に働く場所が減っている現在、ここで新たな企業が立ち上げられる事は同市にとっても大きな期待が寄せられているようです。

この新たな夕張工場には当初は50人の社員を採用し、将来的にはパート職員を含め300人体制にする構想のようです。花畑牧場の生キャラメルは購入が困難なほどの人気商品に成長しましたが・・かつて夕張観光のテレビCMに出演した田中さんは「夕張を観光地として復活させるとともに、雇用拡大に結びつけたい」と夕張市にとって嬉しい構想で立ち上げたようです・・是非ここも繁盛するといいですね・・・

 

コメント