町作り研究会(容子の部屋-別室)

町作り関連。地方新聞トピックス等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

史上最悪のひょう害 りんご農家を救え

2009-02-28 17:49:08 | 地方新聞

 

           

 

テレビでNHKの「ご近所の底力」 を偶然見たのですが、今回は青森県弘前市のりんご農家を若い夫婦が作ったりんごが今年の青森地方を襲った大粒のひょう害で傷つき、値段が暴落した為に、予約していた結婚式場もキャンセルしたと落胆している夫婦からSOSがこの番組に届き、それに応えて動いたのがロック歌手・大友康平さんです。彼はスペシャルリポーターとして活躍している映像を見ました。

今回ひょう害を受けた津軽平野は青森県のりんご生産の中心地との事です。しかし、傷がついたりんごは価格が例年の3分の1以下にしかならず、これでは、肥料や農薬などの必要経費を差し引けば大赤字になるとの事で、悲鳴が上がっていました。

現在青森県では毎年500人もの人がりんご作りを辞めている現状だとの事です。それだけに大友さんもその必死さが伝わり・・何とかお手伝いしたいとの想いに駆られたようです。そこで消費者に直接販売したくともそのルートさえない彼らの思いを叶えようと動き出します。

最近は生産者と消費者との直接の取引が出来では、このいはゆる「わけ在りりんご」は味には自信があるのに見た目がひょう害で傷ついているものは、今の流通システムでは弾かれてしまうのだそうで、そのためにりんご農家から撤退しているりんご農家の現状を知り、NHKの「ご近所底力」チームの一員として大友康平さんも農家が安心して生産を続けられる妙案を探りに取り掛かります。

手始めに青森東京事務所に妙案が無いか・・といった所・・1月に東京ドームで全国から各地方の生産者が集まる大会がある事を知り、そこにこの弘前りんご農家青年団の人達がひょう害にあったりんごをもっていくことに決めます。

 東京ドーム会場では最初弘前青年団の人たちも売り込みも怖気ずいて出来無かったようですが他の売り場を見て売り方を学びしこしづつお客様に声掛けが出切る様ななった所に大友さん、青森東京県人会に人達の応援隊が到着し・・たちまちりんご農家の人達も売り込みに熱が入り、等々完売しました。私も思わず拍手指定まいました。

そしてお客様の住所を聞き、初めてのお得意様活動が出来た事を何より喜んでいました。この若夫婦も直接消費者との関係が出来たこの活動を通して、りんご農家としての今後の活動に大きな刺激を貰い活路が開けた想いに喜んでいる姿が生き生きしてました。NHKの「ご近所の底力」バンザイ・・ト想いました。

コメント (2)

「企業の森」事業に資生堂が参加 和歌山

2009-02-27 16:20:42 | 地方新聞

 

 

                      

           

                              

資生堂が和歌山県の「企業の森」事業に、参加を決めて、和歌山県庁で協定調印式が行われたとの事です。資生堂では商標「花椿」にちなんで、白浜町椿の民有林約1・7ヘクタールにヤブツバキ2700本を植栽する計画との事です

ここを「椿の森(仮称)」と命名して、5月から10年間かけて森林保全活動を実施するそうです。そして同社の社員と家族が植栽や下草刈りなどの作業に参加し、将来はここで取れた椿も同社の製品として生まれ変わるかも知れません

この調印式には、立谷誠一・白浜町長が「世界的にネームバリューの高い企業に来ていただき、地域活性化の弾みになる」と挨拶したそうです。それの対し、資生堂の内田隆文執行役員は「椿という地域があり、非情に深い縁を感じた。将来的にここで育ったツバキの実から油をとり、化粧品に利用する循環型の活動にしたい」と話されたそうです。そうなれば資生堂の社員もこの「ツバキの森」に来るのも楽しみかも知れませんね・・・

 

コメント   トラックバック (1)

南こうせつさん「雇用対策に役立てて」 大分・杵築市

2009-02-21 12:56:19 | 地方新聞

 

            大分県杵築市の八坂恭介市長(右)に寄付金を手渡す南こうせつさん=20日午後、同市役所

南こうせつさんが大分県の杵築市在住とはこの記事を見るまで知りませんでした。こうせつさんは 大分キャノンの非正規労働者が近隣に住んでいる事から今回の経済不況が地域の財政に大きな損害をこうむっている事を知り、杵築市の八坂恭介市長に100万円の寄付金を「景気悪化に伴う雇用対策に役立ててほしい」・・といって手渡ししたとの事です。

そして「行政や市民が職を失った人たちに手を差し伸べていることに心を動かされた。少しでも足しにしてもらいたい」と南さんがいったとの事です。それに対し八坂市長は「本当にありがたい。南さんのやさしい気持ちが伝わった」と感謝して入るようです。きっとみなに産だけではなく多くの市民から寄付が在ったのでしょうね・・・

大分県にはキャノンの工場が在りいままでは市の財政に大きく貢献していたのですが、この経済不況でリストラされた人が自分と同じ地域に多く住んでいると、大きな関心を持っていたようです。 杵築市でも、昨年末から失業者が急増した為、同市では臨時職員の採用や失業者への商品券配布などの緊急対策を実施中との事です。これらの報道を読んで南さんも寄付を申し出たのでしょうね。

私はこの杵築市は私の国内旅行の中でも印象の深い都市の一つであり、今でも杵築市の風景を思い出せるほど印象に強く残っている所だけに、一日も早くキャノンの企業業績の回復を願ってます。

 

       杵築市に残る勘定場の坂 

 杵築市では、市内外から集まった寄付金を失業者に一人当たり5500円分の商品券で配布し、20日までには138人が受給したとの事です。

               

 

コメント

ラッコの「くうちゃん」人気・・釧路市に恩恵が

2009-02-18 20:50:55 | 地方新聞

 

 

            

 

北海道釧路市の釧路川河口に珍客が迷う込んでこれが大変な人気を呼んでいるとの事です。それはラッコの「くうちゃん」・・このラッコの器用に川から餌を見つけてはラッコ特有のおなかで貝をわりそれを食べていたり、ときには護岸に上って昼寝をしたりとそのなんとも愛らしい姿を見ようと、、岸壁には15日も見物客が大勢押しかけて、中には川に落ちる人も出るフィーバーぶりとの事です。

その為この思わぬ珍客がよく姿を見せる幣舞橋近くではその商店街が12日以降、入店客が急増しているとの事です。釧路川近くの喫茶店では普段は1日約50人だった客が約3倍に増えたという言うからその効果は素晴らしい贈り物で・・この釧路市では「くうちゃんには長くいてほしい」・・と願っているようです。

 

コメント

捨て犬を聴導犬に

2009-02-15 23:20:43 | 地方新聞

 

                 

 最近は犬の持っている能力を活用して人間との共生に生かす施設が見直されております。これもその中の一つですが・・捨て犬から聴覚障害者の耳となる聴導犬を育成する施設が5月に、横浜市旭区に開設されるとの事です。これを運営するのは、NPO法人「日本補助犬協会」(東京都世田谷区)との事ですが、私が注目したのは・・引きこもりの若者らに犬の訓練を担ってもらおうという試みとの事です。現在日本では、聴導犬の普及は進んでいないようで、この活動の結果に注目が集まっていると聞きました。

米国では刑務所でもこのような犬の訓練がそこに収容されている犯罪者がこのような事を行っているのをテレビで見ました。このような動物の訓練を通じて犯罪者の更生にも大きな働きがあるそうです。

聞く所では聴導犬の任務は、聴覚障害者に呼び鈴や火災報知機の音、人の声などを知らせて生活を助けるのが主な仕事との事です。聴導犬は家の中で活躍するので小型犬が中心で犬種は問わないそうです。

 この5月にできる新施設は「あすなろ学校」と言い訓練士を目指す若者の教育施設となるそうで、このような施設は韓国や米国ではすでにあるとの事です。日本でも同様の試みをヒントに、建設費約3000万円と年間運営費は、なんと・・・韓国の総合電機企業の日本法人「日本サムスン」(東京都港区)が負担するとの事です。感謝します。

 生徒は訓練士の指導を受け、また、ボランティア活動を通じて社会性を学び、卒業時には、訓練士を養成する専門学校への進学やペット関連会社への就職支援が受けられるとの事です。犬の最初の3頭は、各地の動物愛護センターで保護された捨て犬から、落ち着いた性格の犬を提供してもらったとの事を聞きました。

 ( 読売新聞記事参考)

コメント

本の街に落語カフェ 神保町で毎週高座

2009-02-13 14:28:06 | 地方新聞

 

 

                     写真

最近はお笑いブームで特に漫才などはテレビを独占しているかと思うほど、各局芸人が多く使われて私のような落語好きにとってはもう少し落語の時間があっても良いのに・・と思います。

でも、落語も廃れる事無く、むしろ色々な所で開催されているようで、最近も、神田神保町の神田古書センターに、若手落語家とファンが集まる「らくごカフェ」がオープンしたとの事です。ここには落語に関する本やCD、DVD、寄席のチラシなどが多く置かれているようで、毎週火曜日の夜に開かれるようですが、場所柄ほろ酔い加減でプロの高座が楽しめる気楽さが受けているようです。

 定例の落語会「らくごカフェに火曜(通う)会」が初めて開かれた3日夜との事で、ごく最近のようです。ここに通う客層は若者から仕事帰りの中高年まで幅広いそうで・・約60人で満席との事、 ここに来たお客さまは 「古書センターだから、もう少しコショコショやっていると思いました……」これが話し家・古今亭朝太さん(34)の切り出しでお客様はドット受けていたとの事です。 

ここは古書店の倉庫だった場所との事で、こぢんまりとした小屋で落語家の息づかいが伝わってくるそうで、初めて落語を見たという女性会社員(29)は「敷居が高いイメージがあったけど、全然違って、すごく面白かった」と・・そうなんです。落語は嵌ると中々奥が深い芸だと思います。

ここに出演している柳家三之助さん(35)は「アットホームな雰囲気で、時間を気にせず実験もできますし・・私たちとお客さんの居場所になってほしい」と言ってます。  店主は、落語関係の著書もあるライターの青木伸広さんと言う片との事で、神田神保町で育ち、高校時代は落語研究会に在籍・・落語通として若手落語家と交流を続けてきた根っからの落語好きのようです。

この青木さん2年前に、心臓を患い、入退院を繰り返したことが夢の実現を早めるきっかけとなったとの事です。「命には限りがあるから、やりたいことをやろうと思った。落語家、ファン、地元の人がみんなでつくる遊び場として長く続けていきたい」と意気込んでいるようで、平日はカフェとして営業し、定例の落語会は毎週火曜日午後7時半開演するとの事です。

ここには三之助さん、朝太さんのほか、金原亭馬吉さん、柳家初花さんら二ツ目の8人の中から2人が交代で出演するとの事で、ワンドリンク付き前売り1500と手ごろ値段で楽しめるんですからいいと思いますよ・・・

 

コメント

秋田で中高生が対象のベンチャー講座

2009-02-09 19:02:10 | 地方新聞

 

             秋田で中高生が対象のベンチャー講座-地元の起業家らゲストに

この所秋田県の事が話題になる事が多いようです。これもその一つですが、秋田県生涯学習センターの主催で中高生を対象にしたベンチャー企業の経営者らによる公開トークセッション「ベンチャーのアドベンチャー!~ 若き経営者のほとばしる情熱」が2月7日開催されたとの事です。

これは中高生が対象の講座と聞き関心を持ちました。その趣旨は「秋田で起業する経緯や事業経営の現実を知ること」「夢を持ってアクションを起こす大切さを認識すること」「ふるさと秋田の可能性を感じること」の3点をテーマに廃際されたとの事で非常に意義ある会だと感じました。これは秋田経済新聞にも掲載されております。

この講座は、秋田の人気キャスターZENさんが「Aターンレポート!~帰郷、秋田見聞録」を演題にオープニングトークを行った後で、ZENさんのコーディネートで、30~40代の地元の経営者4人がトークセッションを行うっ多との事です。

 ゲストは、まちづくり企画なども手がけるデザイン会社「アルテ」社長の時田和幸さん、化粧品モニターなどを手掛ける「インターフェイス」社長の野澤一美さん、秋田県産米の会員販売などを手掛ける「こめたび」社長の鈴木さん、市民活動や自転車タクシーの運営などを手がける「SiNG(シング)」代表の武内伸文さんの4人がそれぞれの立場で、問題点と将来性などについて語ったようです。

いつの時代でもこの年代は将来の自分の方向性について考える時期かと思います。いはゆる自我に目覚め、選択肢はまだ漠然としている世代ですが、夢見る世代でも在ります。ところが、今日・・日本経済は見通しが出来ない程の大変化が起きています。そこで、中高生を対象にこのようなもう一度地元の良さ・・ここでも頑張れば自分の世界が開ける・・との話しは若者に単に大学に行き、都会に行けば自分に将来が決まるかも・・・の時代ではなく、むしろ自分の育った地域での工夫次第で道が開ける・・・との示唆は、大きな刺激になったと思います。

若者はいつの時代でも大きな夢を持ち、突進しますが・・大抵は挫折する事が多いのです。その時それについて周りにアドバイス、将来の指針になるような人がいたなら必ず立ち直る・・・と思います。その厳しく現実を共に助ける仲間がいたなら・・そこから多くのものを学ぶ筈です・・・最近は政府も一次産業の育成に力を注いでいます。インターネットも発達しています。地域の若者達だけでなく他地域で土地の産業育成に多くの立ち木のの若者と通信で情報を取れますもの・・

最近では地方の寒村からも地場産物を自分達で売り大変栄えているニュースも在ります。仲間と相談しながら新しい世界を地方の青年でも工夫次第で開ける事を大切にして欲しいものです・・・

 

 

 

コメント

久慈ヤマブドウ、イオンが販売へ 岩手

2009-02-06 08:33:47 | 地方新聞

 

 

                  yamabudou.jpg

最近は各地で地域の特産物を使って地域興し・・に貢献している話しを良く聞きます。これもその一つでしょうが・・岩手県久慈地方ではヤマブドウの収穫日本一だとの事で、これを使って商品を作ろうとこの地域の有志が開発した飲料を、流通大手のイオンで、31日までに販売を決定してとの事です。このような「地域おこし」を、後押しする流通大手がタックルを組んで発売までにたどり着いたようです。

その新商品は 久慈市の食品加工業「総合山村」で作られたとの事で、イオンリテールの松巾(まつはば)幸一・エリア政策推進担当者はこの製品を地元の有志が始めた所から知っているようで「味とともに開発の道筋が斬新であり、メッセージ性がある」と評価しているとの事です。イオンでは先ずは東北6県のスーパー、ショッピングセンターなどで販売し、「反応を見極め全国展開したい」と意気込んでいるとの事です。


                        

そもそもこのポリフェノール製品が生まれた経過は、赤字続きの「三陸鉄道」のサポーター達が、地域の魅力アップを目指す「三陸鉄道を勝手に応援する会」(草野悟代表)が、何とかして三陸鉄道の運営が軌道に乗る様に・・沿線の総合農舎と1年以上かけて商品化したとの事です。

 ヤマブドウは昔は強壮剤として愛飲されたとの事で、しかしそのままでは、酸味や苦みが強くて、消費が伸びない・・ところが最近食品に対しての関心が深まり、この「無添加」「ヘルシー感」こそが自然そのものとの認識が生れました。 

 総合農舎の木藤古(きとうご)修一所長は「農家収入を増やすため、低農薬栽培を条件に通常より約16%高い価格で約10トン買い取った」そうです。それで手作業で約30万本用の原液を絞り出し、大手醸造会社と折衝して、首都圏のJR駅構内で人気の「黒酢バー」で採用されている「大麦黒酢」を加えて、スッキリ感を前面に出した製品として生まれ変わり、岩手県庁などで試飲会を繰り返したそうです「応援する会」の五日市知香さんは、「ヤマブドウに親しんだ方は物足りないかもしれないが、発想を変えて飲みやすさを最優先した」との事です。

 こうしたさまざまな人の協力で、「日本レストランエンタプライズ」も、東北新幹線や八戸-函館、弘前間の特急車内で販売することを決めたとの事でこれは関係者にとって幸いだったと思います。

 容器は凸版印刷が開発した紙製缶「カートカン」を使用し、1本あたり3円を近く立ち上がる「イヌワシ基金」(東北地域環境計画研究会)に寄付する仕組みが導入されているようです。基金は、絶滅が心配されるイヌワシが2メートルの翼を広げてウサギなどを追いかけられるように、森林間伐などを行うために使われ、間伐材はカートカンの材料の一部になるとの循環を大切に行われているようです。

 まず4万5000本を生産し、年内15万本超の販売を目指すとの事です。木藤古所長は「雪深い山奥の加工所が大手と連携できたことに驚いている。知恵を絞りシリーズ化したい」と意欲を燃やしております・・・

コメント   トラックバック (1)

イヤリングの中、野菜すくすく…長崎の企業が開発

2009-02-03 19:12:08 | 地方新聞

 

               

 
このなんとも不思議なイヤリング・・これを製作したのは、長崎市の環境ベンチャー企業「マサキ・エンヴェック」(真崎理恵社長)が考案した野菜を種から育てる「グリーンカプセル」との事です。

これは野菜の入った容器は全長5センチで、重さ6グラムのプラスチック製の容器に入れたイヤリングです。これはマサキ・エンヴェック社が開発した軽量で保湿性の高い泥炭土壌「ルーフソイル」を底に敷き、野菜の種をまくと10日前後で発芽するとの事です。種はピーマン、ミニトマト、キャベツ、バジルの4種類らしいのですが・・・芽が伸びて容器に納まらなくなると畑や鉢に植え替えるそうです。そして移植から半年で数百個の実をつけたミニトマトもあるとの事で、若い女性に受けると思います・・

この商品は昨年5月の発売下との事ですが企業の販売促進やイベント会場でのプレゼント用が中心だったそうですが・・・インターネットや口コミで「イヤリングや携帯電話のストラップにもいい」とファンが増え、約2万個が売れたとの事です。

この商品を手にした小学3年の坂田美織さん(9)は、母親の昌子さん(40)に勧められ、キャベツの種を入れたカプセルを首から下げて観察を楽しんでいるとの事です。私の想像を超える世代にも興味をもたれるとは・・「いつ芽が出て大きくなるのか毎日楽しみ。でも、食べるのはかわいそうかなぁ」・・と言って観察しているとの事ですが,都会の子供達にとっては特に意味がある観察材料にもなりますね・・

マサキ・エンヴェック社は、長崎市立図書館やJR小倉駅などの屋上緑化を手掛けており、ヒートアイランド現象の緩和など、「エコ」な事業に取り組んでいるとの事です。この小さな企業の小さな種もしっかり芽を出して、会社の戦力になりつつあることに応援したいですね・・・ 

(  読売新聞記事参考)
コメント

景気いい大豆商品化目指す

2009-02-03 18:34:00 | 地方新聞

 

            平成20年11月に収穫された大豆「借金なし」

 今日は豆まき・・日本各地の神社ででも多くの有名人が豆をまいていました。所で埼玉県には極めて景気のいい名前を持つ在来大豆が在るそうで・・これに目を付けた地元民がこの豆うの増産を計画しているそうです。大豆の名前は「借金なし」・・いかにもご時世にマッチ下その豆は、豆腐にすると甘みとコクがあるそうです。世界的に吹き荒れる不況風を追い風にできそうな名前の大豆に、多くのこの豆を取り扱う豆業者からも期待が集まっているとの事です。

この地方では 大豆の名前になっている「なし」は県の方言との事で、「返す」という意味との事です。この豆は比較的大きな実を付け、収穫量も多いため、「植えれば植えるほど実がなり、借金を返すことができる大豆」として、大正時代から秩父地方などで栽培されていたとの事です。

 ところが、実りの良さが現在の機械収穫には不向きのようです。枝全体に実を付けるために・・何しろ現在の農業は機械化が浸透していて・・この機械では、枝の上部だけ刈っていくため・・年々作付面積が減少していたそうです。

 さいたま県では平成1収穫には7年から県内各地から在来大豆を集めて、商品になる加工食品を作る試みを始めていたとの事です。現在までに県下から集めた在来大豆は28種類とのことですが、この「借金なし」はすでに商品として販売されている豆腐の原料になった3品種の大豆と同様に、豆腐に加工した際の甘みとコクの評価が高いとの事で見直されているようです。そして豆腐業者からは量産してほしいとの強い要望が挙がっているというとの事です。

                              生育中の「借金なし」=平成17年7月、埼玉県行田市の県農林公社

  そんな中、世界的な不況がこの豆の持つ名前がその景気のいいと言うので注目を浴びているとの事です。そこでさいたま県農林公社の古賀好一さんは「この不況を機に増産を進めて、加工食品の商品化へこぎ着けたい」と意気込んでます。農業政策課の中村孝和さんも、「不況の中、少しでも皆さんを元気にできる商品を作りたい」と言ってますので・・この県民の願いが叶うといいですね・・・

 

コメント