町作り研究会(容子の部屋-別室)

町作り関連。地方新聞トピックス等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「自然流酒を造る会」が交流楽しむ・・・

2007-12-16 11:28:22 | 地方新聞

 



            写真

今年で7年目を迎える、昔ながらの手法で日本酒を造る「自然流酒を造る会」がのメンバーが、活動拠点は名古屋にある春酒造(名古屋市守山区瀬古東3)だそうです。そこで今年初めての純米酒を搾ったそうです。

この会は会員数は、男女45人で、それも年齢層が25歳から71歳までの会社員や自営業者、自衛官ら、年齢も職業もまちまちのメンバーが週末になると春酒造に集まっては、手作業で酒造りを楽しんでいるそうです。

 同会代表の小林宏明さん(56)は31歳まで、日本酒を飲むことがなかったそうです。もっぱら飲む時はワインやウイスキーを選んでいたようです。そんな小林さんがある日友人に連れられて参加した「地酒を楽しむ会」で“手作り”の日本酒に出合いはまってしまったようですそして「自分に合った味を作りたい」と思い立ったとか・・・

それからの佐藤さんは1人で酒造りを勉強したそうで、それが嵩じてとうとう「自然流酒を造る会」を設立し、会員の佐藤幸彦同酒造社長(49)に相談して、公に酒を造る場所を提供してもらい、いよいよ酒造りの挑戦が始まります。

最近の店頭に並んでいる手ごろな価格の日本酒の多くは、機械で造られているそうです。それに飽き足らない同会メンバー達は、精米以外をすべて人の手で行うのが特徴だとか・・・この会のメンバーは春夏の月1回の勉強し直して、秋からは週1回集まって、こうじ造りから仕込みまでをメンバー達だけで行うそうです。

今月8日には、アルコールの発酵状態にある「もろみ」を麻袋に入れて、重りで酒を搾り出す「袋搾り」をしたとの事・・・今年の酒は、辛口だがさっぱりしていて、香りもいいそうです。

メンバー達は「日本酒は味も香りも毎年違うので造っていて楽しい」と話してくれたのは、、7年前から参加している安藤絹恵さんでした。同じく会員の酒井知之さんも「日本酒はオヤジの飲み物だと思っていたけど、イメージが変わった」と話してます。

                          写真

会長の小林さんは5日に新潟市で杜氏の国家試験を受けたとの事で、現在その結果を待っているようです。今では「杜氏になって団塊の世代に生きがいを与えたい」とかいって意気込んでいるそうです・・・

コメント (1)

寒村を蘇らせた・・・・

2007-12-10 19:02:32 | 市町村実践編

 

              復田の様子(新潟県佐渡市)

 これは福田内閣メールマガジンに載っていた中で私の興味を引いた記事です。
ここに取り上げられた茂木(もてぎ)町元古沢地区と言う所謂、茨城県境に接する山間地だそうで、放棄された農地が多いと言うところだったそうです。

そこに生まれたTさんは、昭和50年代、嫁さんの来る元気な村を再生したいの思いから、そのTさんは、脱サラしてこの困難な荒れ地挑戦する日々が始まったようです。そこでこの荒れ果てた農地に最初はゆずを植えて、集落全戸参加型の『みんなでやっぺーゆずの里』を目指したようです。それから、昭和60年にゆず生産組合を設立して、元気村がやっと動き始めました。

この集落の人達をもっと元気を出して欲しいとの思いから・・「こだま運動」というみんなで「やっぺー」と叫ぶんだそうです。そうすると周りの山々から「やっぺー」とこだまが返ってき手それに誘われるように村人も元気になると言ってます。このこだま運動は思わぬ効果を挙げたようで、陥りがちな減気を元気に変える・・・意識が全員を一丸とさせたようです。


 
 さらに「カキクケコ」を提唱したとの事です。「カ」金をかけずにある物生かせ(埋
もれているお宝発掘)。「」気力で乗り越える。「」工夫(知恵を出せ)。「」景観づくり。「」後継者づくり・・・これらが功を奏して、6人の嫁さんと1人の婿さんを迎える事が出来たそうです。

このTさん中々のアイデアマンのようで、 平成5年には、都市と農村の交流拠点づくりとして「ゆずの里かおり村」を設立して、ゆずの木オーナー制度を創設したそうです。このオーナー制度の元祖として評価を得ているようです。

 
 これらの手法が評価され、茂木町は、そば・梅・いも・しいたけ・棚田など、各種里づくりのオーナー制度が町内に生まれ・・・その15団体の組織で協議会を創設できたので、オーナーの地域だけで、年間60万人の交流人口が得られたと言うから大変なものです。

茂木町には、道の駅や、モータースポーツを中心とする総合レジャー施設「ツインリンクもてぎ」が出来て一層の活気が生まれているとの事です。この記事を読んで実際に寒村を生き生きとした」街に作り変えるきっかけを提唱し、村民と共に歩んだこの行き方の中に、いま日本が抱えている、廃村になりつつある村でも・・・このTさんのような英知と実行力のある人がいる事で、それを帰ることが出来るのだと・・・教えられました。  大尊敬・・・

コメント (2)

新しい試みをしている・千葉科学館

2007-12-06 10:04:56 | 地方新聞

 

 

 

           Workshop

これはうれしいニュースです。最近の国連からの調査によると日本の小・中学生の科学・数学への関心が目立って落ちているようで、一般的にアジア地区は総じて向上しているのに・・・ととても心配でした。

所が、このような楽しい科学館「千葉市科学館」が誕生したそうです。ここには千葉市子育て交流館や千葉市ビジネス支援センター、大型スーパーやお店も入る複合施設「Qiball」(きぼーる)内にあるそうで・・・「地域の活性化」の役割もにないながら、そこで子供達の身近な場所で楽しみながら科学に触れ合いながらその魅力に引き付けられて科学に興味をもって貰えればしめたものです。


この近くにある、千葉市美術館、千葉市郷土博物館と連携してこの科学館と合わせた3角形(トライアングル)の文化の発信拠点のひとつとして、地域のシンボル的な役割を担えればといいなあと思っています。

それと商店街とも連携して、たとえばさまざまな催し物を企画するとか・・市民からの意見も多く取り入れて、みんなが楽しめれるエリアにしたいといってます。館長方の提案として「千葉市は東京湾の水質汚濁や大気汚染、ゴミ問題といった『地域』の問題が、科学とつながっていることも知ってもらいたいです」との思いもあるようです。

広く市民に向けて、企画展や展示コーナー、教室を開くこともやっていきたいし、その場に大学や他の科学館から講師を招いて公開講座を開いたりする・・・と構想が広がるがるようですが・・・あくまでも日常の視点で科学を身近な所で発見する喜びを味わってもらいたいとの事です。

ここには、子供からシニアまでの市民が、館員や市民ボランティアと、いっしょになって体験プログラムに取り組む事も可能なそうです。願いは「地域とともに楽しめる、新しいタイプの科学館にしたいです」 との事です。

                            

あきられないようにするためには、まずはワークショップや市民参加の各種の教室、専門家を招いたトークショーなどを充実して、市民が積極的に参加できる科学館になっていくことです。そのためにも市民ボランティアの力に期待しています。

ボランティア登録時に特技を書いてもらっていますが、それは科学に直接関係がないようなことでもかまいません。団塊世代や社会人でも、これまでいろいろな体験をしてきた方々に『先生』になってもらい教室を開く事も出来るそうですよ・・・

また、館員が派遣や交流を通して大学や他の科学館と連携することで、お互いが刺激しあうことも考えています。こうしたことを通して、多彩な企画を展開していけば、常に新しい試みが発信できて、子供から大人まで、市民がなんども足を運ぶようになるのではないでしょうか。コンピューターゲームも面白い、だが、科学館で遊ぶのも面白い、子供たちがそう思うようになるとよいですね。」 といってます。

             

コメント

海水の魔法・・・

2007-12-05 00:09:42 | 地方新聞

 

 

           周防大島の海に夜光虫の帯

このような風景私始めて見ました。記事によると、これは山口県周防大島町内入と言うところで2日の夜に海岸線が青白く輝いたそうです。その正体はなんとプランクトンのノクチルカとか言う小さい夜光虫だととの事です。この夜光虫が打ち寄せる波とともに明滅して、まるで海にオーロラが出現したようだと言ってます。

この現象について、岩国市ミクロ生物館の説明によると、春から秋に多く発生するそうです。しかも海水温が21度前後で増殖が活発かするそうで・・・このように12月に海が青白くなるほどの発生は珍しい事なそうです。

岩国市ミクロ生物館の館員が今年は水温が例年より高くて、餌となる珪藻(けいそう)も多い影響ではないか・・・との説明でした。

それにしてもこのような現象が山口県の一部でのみ見られるそうで・・・それこそこれを地域の観光の目玉にしてはどうかしら・・・だって日本人はオーロラを見るために、アラスカでも、北欧にでも出かける観光客がいるんですもの・・・このような海のオーロラなんて・・・ロマンテックだと思うけど・・・しかもよ、ここでしか見られないとなると・・・これは貴重な天然資源だと思うけど・・・


コメント (2)