町作り研究会(容子の部屋-別室)

町作り関連。地方新聞トピックス等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

飛行船で都内を・・・

2007-11-23 23:54:25 | 地方新聞



東京の空に全長約75メートルとジャンボジェット機より大きい、世界最大の飛行船で東京上空の遊覧飛行をするサービスが23日から始まったそうです。

離発着は埼玉県内に在るようです。この飛行船は、池袋、浅草、六本木、渋谷などの上空300~600メートルをめぐる約1時間半の空の旅だそうですが・・・料金が12万6000~16万8000円と結構高いようですが、それにも関わらず予約でもう、来年1月5日までの運航期間はほぼ完売したと言うから・・・この党今日には相当物好きが多いんですね。

写真

遊覧飛行サービスを始め、都心の上空を飛ぶ飛行船。

 日本飛行船によると、飛行船による定期遊覧飛行は国内初めてのようで・・・このような飛行船は天候に左右されるので、生憎初日は朝から強風に悩まされ、1日4便との事ですが・・・1、2便が運休したそうです。

しかし、記念すべき初フライトの3便は午後4時30分、定員8人を乗せて離陸したそうで、夕闇の輝き始めた東京の夜景の上空を、ふんわりと飛んだと事です。

この飛行船に乗った乗客は、「雲の上にでも乗ったような不思議な感覚だった。静かな客室に広がる夜景のすばらしさに感動した」と大喜びだったそうです。

この企画は 、来年3月下旬には関西方面での就航を予定いる思想ですから・・・ゆったりと関西の上空を、眺めるのもいいのではないかと思います。ゆったりしたふんわりした気分を味わえるかもしれませんよ・・・

コメント

薪ストーブを見直したら?・・・

2007-11-18 00:03:11 | その他

 

 

薪ストーブの人気急上昇 燃料費、灯油の3分の1(神戸新聞) - goo ニュース




             HEAT-N-GLO ヒートゥングロウ 写真

最近の石油高騰で薪ストーブが急上昇しているそうです。何ソロ灯油の3/1の燃料費だと言うのです。しかも日本の山がいま間伐材が売り物にならないため山林は荒れています。日本の持っているこの間伐材や古材などを燃料にすれば、芋のように石油にたよらずとも・・・特に地方などは手軽に手に入るでしょうし・・・いいと思います。

一度体験すると、とりこになるという火の温かみと癒やしの力も魅力だといってます。 薪ストーブは「体の芯(しん)から温まるね」。加東市社に住む一級建築士の川添純一郎さん(40)は揺れる炎を眺めながら、妻の一恵さん(40)とまどろむ時間が冬の楽しみだ。

 化石燃料を使わず、環境への負荷が少ない点にひかれて四年前に新築した自宅に設置したが、その後、建築士の仕事でも、薪ストーブを組み入れる設計依頼が増えてきた。「昭和三十年代を描いた映画がヒットするように、家族の団らんを求めるニーズがあるのかもしれませんね」

 そのせいか今年は薪ストーブ専門店のハリマ興産では、年間百台前後だった販売台数が二年前から急増しだし、今年は百五十台程度になる見込みだのようです。

最近の薪ストーブは、燃焼効率などの技術革新が進み、コンパクトな箱形の家具として北欧などで普及しているそうですが・・・日本でも都市部の若い人の注文が目立つと言ってます。
                           ラージコンベクションヒーターFA265写真

心配された安全性についても、煙突を利用した吸排気機能が向上したようで、薪が燃える際に出る一酸化炭素などのガスも再度燃焼させ、不純物の少ない廃ガスを煙突から強制排出させる構造になっている・・・・と言うことを今回始めて知りました。

 「灯油の価格が高いので、燃料費の安さも受ける理由では」と同社の長谷川幸仁社長(49)。熱量でみると、灯油一リットル(現在の店頭価格八十九円程度)は薪二キロに相当するが、同社は六キロを百円で販売しており、三分の一程度で済む計算だ。

 ただ、ストーブは値段的には二十万円台からあるらしいのですが・・・問題は設置費などを含めると初期投資は六十万円以上かかるそうです。「きちんと手入れすれば一生もの。温かさや部屋でたき火ができる感覚は代え難い、という人は多い」と長谷川社長は話しています。

日本ではいま木材価格の低迷で間伐が進まない日本のスギ、ヒノキ林は木の過密化が進んで森林が荒れ低つとよく聞きます。多可町は間伐材の有効利用を図るため、今年七月、「木質バイオマス供給センター」を建設したそうです。運営委託を受けた同森林組合がたきつけ材などの木材チップを製造しているそうです。ここの参事のH氏は「薪ストーブが普及して、燃料として間伐材の利用が進めば、森林の手入れも可能になり、またとないの廃材も利用価値が出てくると思います・・・

コメント (2)

使用済み割りばしで「エコ生け花」

2007-11-12 05:52:54 | 地方新聞

 

 

         

最近は環境問題への関心が広がりつつありますが、華道界にもそのような動きがあるようで、10日・・華道家も元池坊青年部約500人が、全国から集めた使用済み割りばし10万本やけいこの切り枝100キロを使って「エコ生け花」を制作したそうです。京都市のある商業ビルでなそうですがわりばしでも華道化の手にかかるとこのような美しいオブジェが出来るんですね・・・

これを創るのは相当苦労したと思いますが、 針金で割りばしを固定して作ったそうで、直径7メートルのすり鉢などを作り、その中に菊やユーカリの葉で飾ってあるようです。これからも素材をさまざまなものを使って、このような芸術に仕上げてくれたらすがらしいと思います。展示後は再生紙や堆肥としてその役目を終えるとの事です。

このような運動を広めたら・・・身近な捨て去っていたものでもその命をもう一度読みがえらっせてくれそうで・・・楽しみが身近にあることを教えてくれました。

( 読売新聞記事参考)
コメント

群馬県から珍品が・・・・

2007-11-07 17:12:43 | 地方新聞

 

                    

               

この屏風絵は桃山時代の作と言われておりますが、豊臣秀吉の野望が無謀にも朝鮮出兵にまで突き進み歩秀吉の死で終わりを告げました。

当時は、いまの唐津市に名護屋城を築き、ここを拠点に多くの各藩から集められた兵が日本では初めての海外出兵を試みた2005年当時の屏風絵が「備前名護屋城屏風風」としていまは城跡だけになった「県立名護屋城博物館」に展示されているそうで・・・・この特別企画展には「秀吉と文禄・慶長の役」の時代物が展示されているそうです。

この屏風絵は佐賀県内では初めての展示なそうで、この絵の金や緑の極彩色がいまも鮮やかなそうで、訪れた人々が感嘆して見入っていたそうです。

この絵の持ち主は、群馬県の旧家に秘蔵されていたそうですが、今年9月に博物館に寄贈されたそうで・・・・この絵には、当時の名護屋城と周辺に広がる城下町を中心に描かれており・・・縦が1・7メートル、横3・8メートルと言う立派な屏風絵との事です。

この県立名護屋城博物館が所蔵している安土桃山から江戸初期にかけて描かれた県指定重要文化財の屏風絵と比較すると、この絵には陣屋に大名の名前が記されていることや、南側の名護屋湾に橋が描かれている点があり、当時の城下町研究の上からも貴重品だとの事です・・・

         


コメント (1)

汚泥の活用でガス化・・・・

2007-11-06 09:10:13 | 地方新聞

 



           J-PARC

 

神戸市で下水を動力にしてバスが走る・・・??この一見意味不明なニュース・・・読んでみて、汚泥を発酵させ出来たメタンガスを活用する・・・方法のようです。このような困難な事業をやったいる会社は「こうべバイオガス」と言うそうです。何しろ神戸市の人口は37万人だそうで、これらの下水を処理している東灘区の東灘下水処理場の実験プラントで、現在は市が精製しているそうです。

今までは、この困ったさんを焼却処理するのにもお金をかけていた物が、今では・・・これを化石燃料に代わる燃料として有効利用する計画はすでに実験段階に入り、・・バスや一部公用車にも使われだしているとの事です。

 ガス会社は「こうべバイオガス」。約三十七万人が住む地域の下水を処理している同市東灘区の東灘下水処理場の実験プラントで、市が精製しているのだそうですが・・・ここに企業も参画してほしいものです。

一般には処理場では、下水に含まれる有機物などを微生物の働きを利用して沈め、水を浄化しているのだそうですが・・・この沈んだ固形物である汚泥を神戸市は、空気を遮断し約三九度に温めたタンクの中で汚泥を発酵させるのだそうで、それによって減量され、 発酵によってメタンを含むガスが出ます。

これを東灘処理場では、従来このガスの四分の三を、タンクを温めるためなどに使い、残りは焼却処分していたのだそうです。

ここで出来るメタンは、都市ガスの約九割を占める成分だとのことです。従って抽出したガスでの濃度は約60%もあり、残りはほとんど二酸化炭素(CO2)なそうで・・・このままではガスの発熱量が少なく、自動車の燃料などで使うのが難しかったそうです。

 それを神戸市は、メタンの濃度を自動車燃料として問題のない約98%に高めるプラントを東灘処理場に設置したそうです。つまり水とガスを高い圧力をかけて混ぜて、メタンの濃度を上げるのだそうです。それは・・・圧力をかけるほどCO2が水に溶けるのに対し、メタンはほとんど溶けない性質を利用しているとの事でした。

この汚泥処理によって二次的な効果も期待できるのだそうです。NPO法人環境エネルギー政策研究所のコーディネーター、能村聡さんは「生活の中で出てしまうものを有効に活用する事で、循環型社会を考えるきっかけになる」と指摘しております。

ただ、今の実験施設では、自動車のガスタンクに圧縮して詰める設備の容量が小さく、最大で一日百立方メートルしか供給できないそうで、神戸市ではこの実験結果から本格供給用のプラントを建設中との事です。

もうすぐ来年二月には、施設が完成するそうで、そうなるとバイオガスを一日に四千九百立方メートル精製できるようになるそうです。素晴らしい事業です。

そ役所の計画ではここで作り出された、二千九百立方メートルをタンクを温めるためなどに使い、二千立方メートルを自動車用に供給するのだそうです。

これは一日に三十キロ走る乗用車七百台分に匹敵するそうです。ここで出来たガスを今後は市バスや公用車での利用を拡大するほか、民間事業者用にも供給したいと言う計画もあるそうで・・・今では汚泥様様です。

出力はまだ都市ガスに比べ一割落ちることから、民間向けのガスの価格は、都市ガスより一割程度安い価格を検討しているそうです・・・幸い今石油の値段が高騰しています。このガスの価値をもっとPRして利用者を増やす努力をして欲しいものです・・・

 

 

コメント

各地の水族館でさまざまな工夫

2007-11-04 13:40:47 | 地方新聞

 

                            
お待たせペンギン散歩 松島水族館・3日から

これは宮城県の松島町のマリンピア松島水族館で3日、秋冬の人気イベント、オウサマペンギンの散歩を始めたそうです。開催にあたってリハーサルを2日間も行われたそうで・・・これが幸い人気がでそうです。何しろあの短い足のペンギンがかわいい行進をするのですから来訪客から歓声が上がったとか・・・

この水族館では7種類80羽ものペンギンを飼育しているそうですが、散歩をするのは体長約70センチの大型のオウサマペンギン2羽だけなそうで・・・ペンギンは人の後を付いていく習性があるそうで、そのため飼育員の誘導に従って、館内を約15分間歩き回ったそうです。

 南極周辺に生息するオウサマペンギンまったく環境の違った、福島でも暑さが答えるらしく、夏は冷房の効いた飼育室の中で過ごしているそうです。やっと外気温が下がるこの時期から毎年、散歩を披露しているとの事です。

 最近は旭山動物園のさまざまな工夫が集客を呼び今では全国でもあの動物園に行く人が本当に多くなりました。そのためか他の動物園、水族館もさまざまな工夫をするようになり今では大人も子供も楽しめる所が多くなりました。

コメント

新たな精華町の観光ルート開拓へ ・・・

2007-11-03 17:23:24 | 市町村実践編

 

 

            新たな精華町の観光ルート開拓へ シルバー人材センター、会を結成

京都府の精華町にはいままで観光協会がなかったそうです。私など京都には多くの観光協会があると思ってました。しかし今度京都府の精華町シルバー人材センターの会員たち約20人が、町内の社寺や文化財、公共施設をガイドする「ふるさと案内人の会」を4月に結成したそうで、今後は町内の観光施設の説明や案内を行うそうです。

早速2日には「ふるさと発見・秋の旅」と題して、町東部の祝園神社や府木津川上流浄化センターなどを巡る約6時間のコースで、実際に町内外の観光客を案内したそうです。

今後は、5から6の定番ルートを作り、町観光の活性化を目指して活動するとの事です。そこで同センターは「観光産業を起こすきっかけになれば」と事業化を決め、町の文化や歴史を学ぶ講座を一昨年に開催したようです。そこで研修を終えた人には町内の社寺など約30カ所を実際に歩いたり、地元のお年寄りや研究者への聞き取りや文献を基に説明資料を作成したりその準備に忙しいようです。
        

 今回の「秋の旅」は、4月の「春の旅」に続いて2回目の企画だそうです。観光客18人が参加したそうで・・・会員8人が案内人を買って出たそうです。このあたりには・・・近鉄狛田駅の近くに、石仏が出土した木津川河川敷の百久保遺跡や、重要文化財の仏像がある常念寺などをがあるそうで・・・最後に新祝園駅まで歩いて終わりなのだそうです。また祝園神社では、毎年行われる正月の祭りの様子などを会員が詳しく説明したり、まずは会員の地元文化に対する啓蒙活動から始めているようです。

 同会は今後の計画として、町西部や関西学研都市の施設を巡るコースや、親子連れや高齢者向けの半日コースも企画しているようです。目標としてはNPO法人(特定非営利活動法人)化を目指しているようです。

会長の篠原修彦さん(71)は「15年前に移り住んだそうですが、精華町の歴史や文化を知れば知るほど愛着がわくと言ってます。

コメント