町作り研究会(容子の部屋-別室)

町作り関連。地方新聞トピックス等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

長期滞在は「泊食分離」で

2008-04-10 09:11:48 | 市町村実践編

 

         

国土交通省で観光客で地域興し・・をする場合、従来のように、旅館で食事を取る場合より、お客様にはお食事を、地域自慢の店でとってもらう・・「泊食分離」の実証実験を国土交通省が行ったところ・・・、地域経済への波及効果がこの方がはるかに在る事が解り・・・観光地では今後、長期滞在客を獲得できる新たなビジネスモデルとしてこの方法を同省では「泊食分離方式」を全国の旅館に提案したい考えとの事です。


 日本の観光地では従来から旅館で食事を取る「泊食一体型」が主流でしたが・・長期滞在客にとっては似たような食事が続いて飽きられがちだとの事です。

また、経費面から言っても旅館やホテルでは閑散期に調理員や配膳員などの人件費がかさみ・・・それよりは食事だけを切り離した宿泊プランを提供する方が、経営効率化にも役立つと言うのです。

是は私の提案なのですが・・・有名旅館の周りは一定の雰囲気を持った面としての地域を作ってもらいたいものです・・そこには、旅館にはないその地域の珍しい物や、お食事処も和風旅館の隣にそれとそぐわない建物ではなく統一された雰囲気を持ったお店があると、そちにでるのが楽しくなると思います・・

 国土交通省での実験が、北陸や九州など8観光地の観光関連団体などと共同で、2006年度に1泊2日の泊食分離実験を実施したそうです。さらに07年度には、このうち4カ所で長期滞在型プランを考案を取り入れて実施してもらッた所・・・売り上げやお客さまの満足度について検証した結果いずれも、従来型より地域が一体となって観光客をおもてなしする方が地域にとってもメリットがあり、各レストランもそうなるとより一層料理に工夫をこらえるでしょうし・・いいと思います。

私なども地方に旅行する時、わずらわしさから解放されたいので、無事ネスホテルを利用します。と言うのは折角旅行したらその時のおいしい物を食べたいし、私の好きな神社仏閣めぐり、芝居見物に時間を割きたいので・・そのようなたびの仕方をしております。

特に外国人は、合理的な考え方の人が多く、食事にしても探してその土地を歩くのが好きなようです。

人によっては勿論旅館でゆっくり全てが揃った方を好む人も多いとは思いますが・・利益を地域全体で共有する「泊食分離型」のほうがいいと私も思います・・・それと観光地は駅の周りの雰囲気をもっと重要視して欲しいものです。駅は旅人の心を催sy歩に摑む場所だと思います・・・

 

           ホテルのと楽:落ち着きの中に洗練された雰囲気

コメント (4)

余市、仙台で自作ウイスキー塾・・・

2008-03-13 19:10:31 | 市町村実践編

 
ニッカウイスキーで面白い事を行っているよです。と言うのは、 同社のウイスキー工場で参加者が製造工程を体験して、しかも・・自分でたる詰めしたウイスキーを10年後に受け取ることが出来るイベントヲ開催しているそうで、現在も参加者を募集しているとの事です。
     

 このイベントの会場は、余市蒸溜所で行われているそうで・・「余市マイウイスキーづくり」と宮城峡蒸溜所でも「宮城峡マイウイスキー塾」の2ヶ所が在るそうです。

これらの工程を僅か1泊2日の日程で行うそうです。

先ず最初に、ウイスキーを熟成させるためのたる作りにも参加し・・それから蒸留したウイスキーの原液注入などを体験するんだそうです。

そして・・自分達の作った樽に参加者の名前を記録して、これらの工場内で熟成させます。

それから10年後に700ミリリットル入りのボトルで手元に届くのだそうです。

余市の方は4月11日-12日と同月18日-19日の2回行われるそうです。一方、宮城峡の方は3月28日-29日と4月11日-12日の2回を予定しているようです。

これらの大人の遊びはいずれも2月27日を締め切り日としているようです。これからも順次、この両工場で開催する予定との事です。

1人当たりの参加費は余市2万3000円との事です。宮城峡2万4000円だそうです・・

ウイスキー党の方は、この様な大人の遊びに参加なさったらどうですか??

樽ごと10年後には参加者のご自宅に届くそうです・・・きっとよく熟成した自分手作りのウイスキーですよ・・・                  

           

コメント (2)

JR北海道直営、24時間年中無休の“鉄道村”

2008-03-12 09:56:03 | 市町村実践編

 

             メーン写真 ネットカフェ内にある畳15枚分のジオラマ(JR北海道提供)

JR北海道直営のインターネットカフェ「自遊空間JR琴似駅店」が今人気を集めているそうです。ここには、ある巨大な鉄道模型(Nゲージ)コーナーが、狭いマイホームで肩身の狭い思いをしているマニアたちにとっては、夢の空間であり・・しかも24時間365日いつでも楽しめる憩いの場として利用出来るのだそうです。

ここでは、北海道を走る鉄道の模型の貸し出しもあるそうで、地元以外の鉄道ファンにはとってもいって見たい所の一つかも知れません。また旅の思い出として鉄道フアンにとってはお奨めの場所だと思います・・・

ここは一歩この店に入れば異空間・・・ 駅高架下にある店内の右奥には、ビリヤードとダーツの隣のエリアに畳15枚分の鉄道村」が現れるのだそうです。しかも・・商業ビルや牧場など都市と自然が混在した札幌らしいジオラマをぬうように総延長約200メートル、1周30メートル超のルートが6種類用意されていると言うからたまりません・・・

ここの利用者は30代以上の男性が中心だそうですが・・・平日の仕事帰りの人や、休日には子供連れで来る場合が多いそうですが・・・これなど親子で同じ趣味を持つ良い機会だと思います。また・・・深夜から明け方まで鉄道マニアにとっては一人悦に入り、たっぷりと楽しむことも可能だそうですよ・・・

この店は駅高架下の有効利用しているようで・・・ゲームソフト販売店やゲームセンター、ネットカフェを経営する「ランシステム」(埼玉県狭山市)とフランチャイズ契約を結んで平成17年5月にオープンしたのだそうです。ネットカフェ初という鉄道模型コーナーは去年で着たとか・・・

ここはなんと言っても・・ 鉄道ファンにとっても、特に電化区間が少ない北海道では、めったに会えない車両がたくさん集まる特別の場所との事で・・・店では貸し出し用に寝台特急「北斗星」や「C11ニセコ号」など北海道を走る鉄道模型を数多くそろえているそうです。

特に、19年10月のダイヤ改正で引退した旧特急ライラック(781系)の運転席を使った「VIP席」は直営店ならではの特典だそうです。

自遊空間JR琴似駅店」は札幌市西区琴似1の1の1で、電話011・632・650101との事です。

                          ネットカフェ内にある畳15枚分のジオラマ(JR北海道提供)

鉄道ファンや家族連れという新たな利用者を獲得することで、青少年らが深夜にたむろしたり悪質サイトを利用したりするなど、ネットカフェにありがちなマイナスイメージを払拭する狙いもあったようです・・・

最初の線路レイアウトやジオラマの組み立ては現場経験のある社員らが担当してくれるそうで・・・その後は利用者の意見を取り入れながらレイアウトを改良したり、車両に小型カメラを搭載するなどのリニューアルをも行っているそうで・・男の子をお持ちのお父さん達にとっては、共に楽しめ、親子関係も緊密になると思いますが・・・

(産径新聞記事引用)         

                 北海道を走るキハ183系ノースレインボーEXP(JR北海道提供)

コメント (2)

寒村を蘇らせた・・・・

2007-12-10 19:02:32 | 市町村実践編

 

              復田の様子(新潟県佐渡市)

 これは福田内閣メールマガジンに載っていた中で私の興味を引いた記事です。
ここに取り上げられた茂木(もてぎ)町元古沢地区と言う所謂、茨城県境に接する山間地だそうで、放棄された農地が多いと言うところだったそうです。

そこに生まれたTさんは、昭和50年代、嫁さんの来る元気な村を再生したいの思いから、そのTさんは、脱サラしてこの困難な荒れ地挑戦する日々が始まったようです。そこでこの荒れ果てた農地に最初はゆずを植えて、集落全戸参加型の『みんなでやっぺーゆずの里』を目指したようです。それから、昭和60年にゆず生産組合を設立して、元気村がやっと動き始めました。

この集落の人達をもっと元気を出して欲しいとの思いから・・「こだま運動」というみんなで「やっぺー」と叫ぶんだそうです。そうすると周りの山々から「やっぺー」とこだまが返ってき手それに誘われるように村人も元気になると言ってます。このこだま運動は思わぬ効果を挙げたようで、陥りがちな減気を元気に変える・・・意識が全員を一丸とさせたようです。


 
 さらに「カキクケコ」を提唱したとの事です。「カ」金をかけずにある物生かせ(埋
もれているお宝発掘)。「」気力で乗り越える。「」工夫(知恵を出せ)。「」景観づくり。「」後継者づくり・・・これらが功を奏して、6人の嫁さんと1人の婿さんを迎える事が出来たそうです。

このTさん中々のアイデアマンのようで、 平成5年には、都市と農村の交流拠点づくりとして「ゆずの里かおり村」を設立して、ゆずの木オーナー制度を創設したそうです。このオーナー制度の元祖として評価を得ているようです。

 
 これらの手法が評価され、茂木町は、そば・梅・いも・しいたけ・棚田など、各種里づくりのオーナー制度が町内に生まれ・・・その15団体の組織で協議会を創設できたので、オーナーの地域だけで、年間60万人の交流人口が得られたと言うから大変なものです。

茂木町には、道の駅や、モータースポーツを中心とする総合レジャー施設「ツインリンクもてぎ」が出来て一層の活気が生まれているとの事です。この記事を読んで実際に寒村を生き生きとした」街に作り変えるきっかけを提唱し、村民と共に歩んだこの行き方の中に、いま日本が抱えている、廃村になりつつある村でも・・・このTさんのような英知と実行力のある人がいる事で、それを帰ることが出来るのだと・・・教えられました。  大尊敬・・・

コメント (2)

新たな精華町の観光ルート開拓へ ・・・

2007-11-03 17:23:24 | 市町村実践編

 

 

            新たな精華町の観光ルート開拓へ シルバー人材センター、会を結成

京都府の精華町にはいままで観光協会がなかったそうです。私など京都には多くの観光協会があると思ってました。しかし今度京都府の精華町シルバー人材センターの会員たち約20人が、町内の社寺や文化財、公共施設をガイドする「ふるさと案内人の会」を4月に結成したそうで、今後は町内の観光施設の説明や案内を行うそうです。

早速2日には「ふるさと発見・秋の旅」と題して、町東部の祝園神社や府木津川上流浄化センターなどを巡る約6時間のコースで、実際に町内外の観光客を案内したそうです。

今後は、5から6の定番ルートを作り、町観光の活性化を目指して活動するとの事です。そこで同センターは「観光産業を起こすきっかけになれば」と事業化を決め、町の文化や歴史を学ぶ講座を一昨年に開催したようです。そこで研修を終えた人には町内の社寺など約30カ所を実際に歩いたり、地元のお年寄りや研究者への聞き取りや文献を基に説明資料を作成したりその準備に忙しいようです。
        

 今回の「秋の旅」は、4月の「春の旅」に続いて2回目の企画だそうです。観光客18人が参加したそうで・・・会員8人が案内人を買って出たそうです。このあたりには・・・近鉄狛田駅の近くに、石仏が出土した木津川河川敷の百久保遺跡や、重要文化財の仏像がある常念寺などをがあるそうで・・・最後に新祝園駅まで歩いて終わりなのだそうです。また祝園神社では、毎年行われる正月の祭りの様子などを会員が詳しく説明したり、まずは会員の地元文化に対する啓蒙活動から始めているようです。

 同会は今後の計画として、町西部や関西学研都市の施設を巡るコースや、親子連れや高齢者向けの半日コースも企画しているようです。目標としてはNPO法人(特定非営利活動法人)化を目指しているようです。

会長の篠原修彦さん(71)は「15年前に移り住んだそうですが、精華町の歴史や文化を知れば知るほど愛着がわくと言ってます。

コメント

世界遺産になった石見銀山・・・

2007-10-28 14:17:18 | 市町村実践編

 

            石見銀山

最近は石見銀山が世界遺産に登録されたことから、観光客も増えているようです。
ここで産出された銀は一時世界の経済に貢献するほど大量に取れたとの事です。

何しろこの坑道は皆人力で彫ったのもだったため、入口も狭く坑内も立って歩くのが難しい所もあるようです。今でも多くのまだ未調査な所が多いそうです。今回・・内部を調べるための探査ロボットを、松江工業高等専門学校の学生たちが製作し、実際に3カ所の間歩にロボットが入り、今まで知られていなかった竪坑などを確認したそうです。

写真

 

この石見銀山には、坑道が約600あるそうですが・・・、公開されているのは龍源寺間歩と大久保間歩の二つだけなそうです。ですから多くの間歩は、奥がどうなっているのかほとん調査されていないのだそうです。

そこで、石見銀山探査ロボ隊は、松江高専の久間(くま)英樹准教授(45)の指導のもとに、学生の卒業研究として作製したのだそうです。

その中には・・・タイヤで走るクルマ型や無限軌道で移動する戦車型、ロープにつられて縦穴を上下するウインチ型など、幅約20センチ、長さ約60センチ、高さ約30センチほどのロボットなどを全部で15台も作ったそうです。

それらの部品は多くは家庭にある風呂のマットを加工して滑り止めに使うなど、部品の多くは廃材を利用したとの事です。

このロボットはなかなか良くできていて、有線で操縦し、ライトを積んで内部を照らしながら、間歩の内部をハイビジョンカメラで撮影したそうです。

その中でも・・・82号と呼ばれる間歩では、23.5メートル先の一番奥まで到達でき、撮影に成功したとの事です・・・

このように地域の高校生の力で作られたロボットは、今後地震などのときも多いに役立つでしょうネ・・ガンバレ高校生・・・ 

 

          大森の町並み

 

コメント   トラックバック (1)

飛騨の高山祭・・・

2007-10-11 13:12:17 | 市町村実践編

 

                    

 

国の重要無形民俗文化財「秋の高山祭」が9日、岐阜県高山市で開幕したそうです。私もこの祭を見た事がありますが・・・高山の民家にこの祭はより一層彩りを添え、飛騨の匠の技がこの祭屋台に終結したようで・・・特に夕方からの祭屋台に提灯に明かりが灯ると、その見事さは一層引き立ちます。

それを見るために多くの観光客がこの地に訪れます。最近では韓国、香港、台湾など海外からも多くの人が遣ってくるようななったとの事です。・・・・今年はこの祭神輿が10台も出たそうで・・・さぞや見事な事だったでしょうね・・・

夕方から始まった「宵祭り」では、祭り屋台に提灯光りが灯ると、その美しさは古い街並みの中で輝きを増し、幻想の世界に迷う込んだような風情があります。これを見るために観光客は遠くから遣ってきますが・・・きっと満足する事でしょう・・・

境内では、布袋(ほてい)台でユーモラスなからくりが奉納され、盛んに拍手が送られたとか・・・この地の匠たちは昔からヒノキ材を生産する土地柄のせいか?京都の宮大工にもなる人が多く、優れた大工の技を磨いてきたと聞きます。

 今年は、初日でも約13万8000人でにぎわったそうですが・・・これからがもっと祭を楽む為に大勢に人にこの地の優れた民家や、この豪華な山車屋台、を見たほしいものです。

観光客の皆様にはついでに飛騨古川にもお立ち寄りしてもらいたいものです。私はこの古川がダイスキで、ここは高山市とはまるで違い、商家はあまりないのですが、普段のこの地方らしい優れた民家にいまも住んでいて、それをきれいに手入れしてさまは、日本人に昔の人の住まいに対する手入れが見られ・・・一見の価値があります。

            

コメント (2)

岡山城の天守閣で結婚式・・・

2007-10-09 18:48:01 | 市町村実践編

 

 

           

             岡山城

この岡山の名城・岡山城で岡山県の大学病院勤務の医師大西学さんと尚子さんの二人の強い希望で結婚式を挙げたそうです・・・このような事は勿論始めての事のようですが・・・岡山市の観光協会も試験的に二人の申し出を受けてくれて、ここでお式をしたことは一生の思い出になると思います。

この記事を見て、ビックリしたのは、このお2人はよろいかぶとに身を包んだ鉄砲隊に先導されて、城の通路をゆっくりと天守閣に向かッたそうです。

そして・・・天守閣前の広場では郷土芸能の鬼太鼓が新たな門出を祝福して、お2人は観光客が見守る中で、天守閣の中の「城主の間」で指輪を交換して永遠の愛を誓い合ッたとの事です。私もこの記事を見ただけでなんて素晴らしい結婚式だった事だろうと思います。なんといっても背景がお城ですもの・・・・

新婦の尚子さんは「感激で言葉がありません。こんなによい式をあげさせてもらい、感謝の気持ちでいっぱいです」と笑顔で話していたそうです・・・

この岡山城は1597年に築城され、現在の建物は昭和41年に再建されたものなそうですが・・・今回のように一般の人が結婚式をあげるのは初めてでの事のようです。

                            


岡山市の観光協会もこのような形で・・・・今後このお城を活用したイベント・結婚式等を行うことで、市の活性化に結びつける事を考えているようです。「今後は何度か試したうえで将来は定期的に挙式できるようにしたい」と生き込んでいると思います・・・・日本の名園・名城などは観光資源として今後活躍の場を広げていったら多くの可能性がありそうで・・・楽しみです。




           後楽園3 後楽園庭園

コメント (2)

美濃和紙あかりアート展・・・・

2007-10-07 13:29:10 | 市町村実践編



                   写真

私は日本の民家がダイスキですが・・・この写真を見ただけで、岐阜県美濃市に強く惹かれます。記事によれば美濃和紙を使った照明オブジェが500点も展示している「美濃和紙あかりアート展」が開かれているそうですが・・・私の心はそちらに飛んでいます。

さぞや美濃の「うだつ」が残る民家にその風景はピッタリ合うだろうと・・・・想像します。和紙を通した柔らかな光りは街を一層際立たせ・・・趣のある世界がそこにはあるように想像します。

 あかりアートは、白熱電球などを美濃和紙で覆ったオブジェだそうです・・・ここに全国から出品されたそうで、それらの作品は、この美濃にある「うだつ」を活用して・・・隣家からの延焼防止などのため小屋根付きの壁がある「うだつ」に取り付けられて町並みの軒先に展示しているそうです。

                            

いままでこの「うだつ」も人の目を引く機会が永い事なかったのにいよいよ出番が回ってきて・・・夕方の薄闇が広がる頃になると、一斉に点灯され・・・おもわず観光客からも歓声が上がったそうで・・・私も想像の世界ではもう・・・ウットリです。

今回の催しも1994年に市制40周年を記念して始まったそうですが・・・このアート展も今年で14回目なそうです。ここには毎年10万人もの人が訪れる秋の風物詩となっているそうで・・このような催しこそ日本の民家のよさを最大限発揮できると思います。私のような日本の古民家が好きなものにとっては最近、やっとそのよさが見直され・・・各地で民家を利用した催しも多くなり、とてもうれしいです・・・

美濃市の皆さん本当に日本の民家を誇りにしているようで・・・うれしくなります。


          

コメント

パソコン教室 講師は高校生・・・

2007-06-02 00:44:42 | 市町村実践編

 

 これはうれしいニュースです。といいますのは高校生によるパソコン教室が人気を集めているようです。

これを実行しているのは、大田区の都立田園調布高校(生徒数707人)のパソコンサークルが年に3回、初心者向けに開いている講座だそうです・・・

定員20人に対し、毎回倍以上の申し込みがあり、抽選になる。生徒たちは「少しでもわかりやすく」と、教え方やテキストのレベルアップに取り組んでいるようです。

 サークル名は「メディア・サイエンス愛好会」といい、05年、パソコン好きの当時の1年生たちが立ち上げたそうです。

現在のメンバーは13人。パソコンを使ったボランティアが主な活動だそうです。日本の昔話を外国語に翻訳した絵本を作って海外の子どもたちに贈ったり、独自のパンフレットで校内でチャリティーコンサートを開き、ユニセフに寄付したりしてきたそうで、子お様なユニュークな事業を展開してきた実績があり、このような学校なら大人も参加出来る分野もありそうですね・・・

 メンバーのほとんどが、小さい頃からパソコンに親しんでいるそうで・・・松永泰祉(たい・じ)さん(3年)は「子どもの頃のお絵かきは、紙よりもパソコンの画面だった」そうです。だからこの松永さんは職員室のLAN回線の整備を頼まれるほどの「腕前」だとの事です。

この学校の特徴は 「せっかくの知識を、パソコンを知らない人に広めよう」と05年8月に始めたそうです。学校のパソコン教室を会場に、中高年が中心の5日間の講習だそうです。

 電源の入れ方やマウスの動かし方などの基本操作から始め、文書作成ソフト「ワード」の使い方や、インターネットの接続なども教えるそうで・・・私の体験から言うと、インターネットの面白さを最初に教え、ワード、エクセルはさらりと教え、それよりも実際の企業が使う実際に使うものをどんどん参考にした方が、いいのではないかしら?

中高年の世代こそパソコンは必需品だと私は思います。

 「わかりやすい」「気軽に質問できる」と、申し込みが100人を超えたこともあるそうです。

 最初は、初心者にわかるように話すのに苦労したそうです。蛭田悠真さん(3年)は「『次はドラッグして下さい』と言って、全員にきょとんとされちゃいました」と苦笑するそうです。毎回、参加者にはアンケートを書いてもらい、「難しかった」と指摘された点の改善に努めているなんていい授業を行なっていると思います。

 教室が終わる頃には、どの参加者も一通りの操作ができるようになる。松永さんは「最初は『壊したらどうしよう』と震えていたお年寄りが、最終日にはネットで好きなホームページを探して楽しんでいる。教えがいがあります」といってました。教える側も大人を相手に大変でしょうけど・・でもまた別の楽しみが生まれるかもよ・・・・

(朝日新聞記事引用)

コメント (2)   トラックバック (3)