町作り研究会(容子の部屋-別室)

町作り関連。地方新聞トピックス等

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名旅館も海外展開する時代・・・

2006-07-01 23:54:50 | 修学旅行交換で町おこしを

 

 

石川県能登半島にある和倉温泉街の「加賀屋」さんは高級旅館として有名
です。

しかし、日本の名旅館と言えども、最近の日本人の海外旅行ブームで客足の
落ち込みは、かってとは比較にならないほどで、有名旅館も閉鎖する所が
多いなかで、この「加賀屋」さんは今でも稼働率80%にもなっているそうです・・

しかし、今日のテレビを見て、その秘密に一部が解りました・・・
それは、海外のお客様を積極的にお迎えしようと、コマーシャル、雑誌等にも
力を入れ、お客様のリピーターを増やすため、従業員も徹底したプロとしての
訓練にも力を入れているようです・・・

 

また、女将さんが率先して海外の要人との交流も怠らないようでこの日も、台湾
の李登揮前総統を訪問してました。
この日は、台湾に「加賀屋」さんが進出するようで、・・・そのこともあっての
台湾旅行のようでした。

女将さんのお話の中で、アメリカの方からもお話があるといってました。

この加賀屋さんは、いま、能登空港が出来てから、交通も便利になり、・・・何より
徹底したサービスと、旅館内も合理化された部分と、きめの細かさ、豪華な館内
には、旅人を満足させる旅館としていろいろな要素が、台湾でも有名なようです・・

台湾人も、この「加賀屋」は知っている人が多く、一度は行ってみたいといってま
した・・・


最近は、日本の高品質な商品として、お米も、果物の、木材も、日本酒も値段
的には決して安くはないのですが・・・海外の富裕層を対象にして売れ行きも良
いようですし、・・・・これと同じ発想だと思うのですが・・・

加賀屋さんは一泊の料金も高めに設定されていますが、稼働率が落ちない所
に感心します・・・

日本のように国土が狭い国にとって、工業製品なだけでなく、いろいろな分野も
高品質な商品を徹底して追及し、それを売りにするか・・・・、客層を絞って安くて
気軽な旅人を対象にするかを決定して、徹底した対策を立てているところが繁盛
しているようです・・・

もう日本の中で篭っていないで、需要のあるところにはまずはリサーチから始
めて、対策を立てたなら、必ず道はあると思います・・・

 

 

コメント

女将さん達の活動

2006-06-02 22:07:48 | 修学旅行交換で町おこしを

 

 

最近の旅行ブームは海外に出かける人が多いのではないでしょうか??

それは、海外旅行が意外と安く出来ることを知った事と、何といっても日本で見慣

れた風景とはまったく違った風景と空気、お料理、人々の生活など、異空間の面白

さ、美しさ、を体験できるからではないかと思います??

でも今日は、日本でも全国ネットで女将さんたちも様々な会をたち上げ勉強会を

開いたり、懸命な努力をしている女将さんを取り上げようと思います・・・・

幸い政府も最近は観光事業に本腰を入れ始めたようですが・・・

しかし、観光立国にするためには、、問題は多く、私は旅していてがっかりする

事の第一は、広告のどぎつさ、無秩序さです・・

これは政府の仕事だと思います・・・・法規制をかけない限り解決できない事だと

思います。もっと地方に権限を渡せば別ですが・・・

日本は交通があまり発達しない頃は、もっと地方色が色濃かったと思うのです

が・・・今でも飛騨地方とか富山の五箇山地方とか概ね不便な所のほうが、郷土

色が残っていて本当に良いところが多く在ります・・・

これからは、もっと郷土色豊かな建物の再生や文化を誇って欲しいものです・・・

旅の効用は・・・見慣れた風景が一変したところに感動するからではないかしら・・・

今盛んに言われている地域活性化を観光事業にももっと活用して欲しいもです。

現在日本は交通網も発達しているし、北から南まで誇れるものが多いのに、一

時期東京風というべきか??その風土に似つかわしくない建物が無秩序に建った

為、そして広告がどきつい色使いで折角の自然の美しさを壊しています。

これは、政府、各県、町がある種の規制をかけるべきです・・・・

一旅館がどんなに美しく、きめの細かい接待をしようともそれだけでは、観光客は

大幅に増えるとは思われません・・・・

女将さん会の中で「美作三湯女将さんのおもてなし」は美作地方にある湯原温泉、

奥津温泉、湯郷温泉の旅館はみな細やかな心使いでお客様をおもてなししている

事、勿論温泉の泉質が良い事、従業員の訓練が行きとどいていることなどが、人

気を呼んでいるのだと思います。

私は行ったことがないのですが、黒川温泉、湯布院温泉等は聞いた範囲では、

個々の旅館より全体の旅館街を特徴付けているようです。その方がPR活動

をするにも効用があると思います・・・・

そんな旅館街に和風美術館が庭園の中に在ったり、その町にぴったりの粋な

お店で小物の買い物が出来たり、食事が出来たらうれしくなります。

それらのお店も全体の中で調和する店構えであって欲しいものです・・・

旅館だけがどんなにきめ細かくても、隣近所も一つの雰囲気で町が特徴を

出した方がよほど効果的かと思います。

どうぞ女将さん会の皆様方、個々ではなく面としての特徴を発揮されますよう

お祈りいたします・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント