SEA side

静けさの中で波の音だけが永遠に響きつづける。
美しいものとの出会いの記憶・・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画「アヴェンジャーズ」

2012年09月07日 | 映画(ア行)

 ヒーロー大集合の豪華大作。怪獣ものならば対決企画映画になるところ、いずれも正義のヒーローなのでチームを組んで地球を守ろう、という方向になる。

 それぞれに主役を張ってきたヒーローたちなので、時代劇とモンスターとロボットを一緒にどうまとめ上げていくかが見どころの一つ。

 特に面白かったのは「ハルク」で、平常時の学者としての能力を買われての参加であり、怒りによって変身してしまうと敵味方の区別なくパワーが暴走してしまう。前半はとんでもないところで変身が起こってしまい、誰がこんなやつを連れてきたんだと言いたくなるが、後半はなぜかチームの一員になりきっている。

 キャプテン・アメリカは身を張ってのアクションだから、ロボットスーツのアイアンマンとの能力差は明らかながら、軍を仕切った統率力でヒーローたちを動かすところはさすが。

 最後の長い長いクレジットで、大半の客が帰った後に、本作一番の見せ場と思われるヒーローたちの食卓シーンが登場して笑える。くれぐれもお見逃しなく。

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 映画 「桐島、部活やめるって... | トップ | 映画 「アナザー プラネット」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(ア行)」カテゴリの最新記事

トラックバック

「アベンジャーズ」 ザ・アメリカ、ザ・ハリウッド (はらやんの映画徒然草)
今年の夏はアメコミ映画の当たり年ということで、「アメイジング・スパイダーマン」、