狂った規範1~モラハラが子供達に与えた影響~






調停前のある日、
仕事から帰り子供達をまっすぐ迎えに行った。
その日は皆に野菜を切るのを手伝ってもらって、
カレーを炊いて食べた。
美味しいね、美味しいねと話していたら突然娘が、

「パパ、ひとりぼっちで、どうしてるかな。」

と言った。

「大丈夫よ、ひとりじゃないよ、おじいちゃんおばあちゃんと居るからね。」

「そっか。ひとりじゃないか。」

「パパに会いたい?」

二人が声をそろえて、

「うん!」

と言った。
これから調停である。
ついに父母が、法的に戦いを始めるのである。
この子達は何も知らずに、無邪気にカレーをつついている。


なんとも言えない気持ちが襲ってきた。
私は私なりに、夫と生活していた時も、
夫との生活に見切りをつけ、突然脱出した後も、
このように半年もずっとのたうちまわって苦しんで、
結論を出してきた。


たとえば、家にとどまれたか?
答えはNOである。
あのままあの家に居たら、私は狂っていた。その寸前に居た。


たとえば、夫の家に戻れたか?
答えはNOである。
二度と出ないつもりで戻るなど、
あの夫を相手に、
そんなリスクのあることができるはずがなかった。


たとえば、離婚の結論を待ち、別居生活を続けられたか?
答えはNOである。
経済的に無理だった。
また、夫が病気に逃げ込み、
周囲から退職の可能性もあると言われたため、
最短で手続きする必要があった。


私は私なりに、その場その場で、
「それしかない」選択をしてきたように思う。
自分の意思に反して、選択したこともある。
たとえば、脱出は、本当ならしたくはなかった。
あの家からは離れたくない気持ちが強かったし、
ママ友や、隣人、義父母からは離れたくなかった。
けれど、夫との関係上、出るしかなかった。
これは言い訳ではなく、
本当にそれしか、道がなかったのである。


おいしそうにカレーを食べる子供達を見た。
私がこの子達から奪ったものの数を数えた。
申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
胸がつぶれそうな気持ちになった。
あの頃の私は、自分の身の振り方に精一杯で、
今ほど自信を持って、
「子供にとっても、出てきて正解に決まっている」
などとは言えなかった。
むしろ、
「子供は犠牲者、子供は巻き添え。」
と思っていた。

だから、罪滅ぼしに休日は朝から晩まで外に出かけては、
いろいろな公園やショッピングセンターに出かけた。
「パパのおうちに帰りたい」
と一度たりとも言われたくないという気持ちから、
私は子供達にサービスし続けた。

それは違うのだと気付くまで、続けた。
私はその頃はまだ、知らず知らずのうちに、
夫による支配の中で子育てをしていた。
その子育てが大間違いだと気付くのに、
そんなに時間はかからなかったが、
間違いだと気付いてから修正に至るまで、
母子ともに大いに苦しむことになる。


「ママ、パパに電話したらあかん?」

息子が受話器を持って、私のところに来た。

「なんで電話するの?」

「あのね、今みんなでカレー食べてるよって。
パパはひとりじゃない?って聞きたい。」

「それは、ダメなんだよ。
あのね、これからしばらく、パパには会えないし、
電話もできないの。
ママとパパは、喧嘩をしてたでしょ、
その話し合いをしているところだからね、
○ちゃんと○くんは、話し合いが終わるまで、会えないんだよ。」

「なんで、そんなん嫌や!だってパパに会いたい!
おばあちゃんに会いたい、おじいちゃんに会いたい!」

「ごめんね、ママとパパと早く話し合いして、
いろんなこと決めて、そしたらまた会えるようになるから。」

「パパともうずっと会ってないもん、電話はいい?
電話していい?お話したい。」

「電話もね、ダメって言われてるの。」

「でも僕、電話番号もらったよ、電話する!」

「ダメ!」

息子はがっくりと肩を落とし、不服そうな顔をしている。
まったく根拠がないけれど、私はこう言うしかなかった。

「ね、今度電話してもいいか、先生に聞いておくからね。」

「わかった。先生に聞いといてや!」

息子はそう、怖い顔で私に投げつけるように言った。
この怖い顔が夫を連想させて、嫌だった。
息子は思い通りにならないと、
いつまでも食い下がるところがあったし、
さらに私が悪いところを指摘しても、諭しても、
笑いながら、聞き流すところがあった。
これも夫の支配下での子育ての、影響だった。


実は子供達は、その頃には、
私の言う事をほとんどちゃんと聞いてくれなくなっていた。
何度も何度も言っても口をすっぱくして言っても聞かないので、
悲しくなるほどだった。
どうしてこんな風になってしまったのかと、
その度に途方にくれた。

けれど、離婚という人生の問題と、
自分探しなどの一連の精神的泥沼を乗り越えたり、
仕事を探したりと私も限界に近いほど考える事が多すぎて、
子供と母親である私の関係について、
そのことは何か違う違うと思いつつも、
後回し後回しになってしまっていた。

後回しにしたことは、何でも、
必ずつけがまわってくる。
この子育て問題は、その典型だった。
子供達を厳しく、正しく、ちゃんと育てなければと思った頃には、
子供達は全く私のいう事を聞けない人間になってしまっていた。


夫が私に多くの「禁止事項」を設けていたことは既に述べたが、
その中に、
「子供を叱ることの禁止」
があった。
話は夫と同居していた頃にさかのぼる。


たとえば、子供達が悪ふざけをしたり、調子に乗ったりして、
叱らないといけない場面に遭遇する。
私が、
「やめなさい!」と注意すると、夫は決まって、
「そんな言い方するな!もっと優しく言え!」と怒鳴った。

たとえば、ショッピングセンターへ行き、子供達がぐずったり、
エスカレーターのベルトにつかまったりする。
「ダメ!」と叱ると、子供達が泣き出し、
「静かにしなさい!」と私が言ったとする。
必ず夫が私を罵倒する。

「お前が大声出すから、子供らがびびったんやろ!」

「いや、こういうことはちゃんと注意しなきゃ!」

「あほかお前!この子達は俺たちについてきただけで、
何も悪いことしてないやんけ!
悪いのは、こんなとこにつれてきた俺達やんけ!
なのになんで子供達が叱られないとあかんねん!
間違ってるのはお前や!
いつまでたっても、小学校行ってもこんなことする子供はいないんやから、
叱ったりしたらあかん!わかったか、わかったら子供達にあやまれ!」

「・・・・。」

私が黙っていると、夫は鬼のような形相で私をにらんだあと、
子供達を抱き締めて、決まってこんな風に言った。

「ママは馬鹿でちゅね~パパの言葉がわかんないんでちゅね~
馬鹿の言うことは聞けませんね~」

夫は、
子供に向かってこのように、些細なことで、
私の悪口を言うのが好きだった。
その時は、子供と私が密着していて、
それが不快なのかと思っていたが、
今思えばただの嫌がらせでしかない。


義父母と居ても、子育てに関し、
「子供が一番」というスタンスは変わらなかった。
親戚の法事に子連れで出席したとき、
うちの子供たちが他人の皿に手を伸ばしたり、
触れてはいけないものに平気で手を出したり、
壇上に上がって踊ったりしたので、
私が、子供達の尻についてまわって、
思い切り怖い顔をして腕を掴んで、「やめなさい!!」
と何度も子供を叱ったら、
義母がすっ飛んできた。

「ごめんなぁ~こんなとこにつれてきた、
おばあちゃんが悪いんよ、○ちゃんは悪くないんよ、
さっ、お外に散歩しにいこう、なっ、」

私はその場に取り残された。
夫に指差され、皆の前で笑われた。

「こいつアホなんですよ、なんべん言ってもね。
子供叱るな、叱るな、言うてるのに日本語わからんのですわ。
いつか子供は大きくなるし、成長したらちゃんとわかるのに、
いつもヒステリーみたいにギャーギャー子供に当り散らすから、
子供が被害者ですわ~。
ヒスママを持ったら、子供がかわいそうですよね~」

恥ずかしくて恥ずかしくて、その場から消えたくなった。

万事この調子だったので、
公共の場で子供達が「悪さ」をするのは日常茶飯事で、
スーパーに行けば奇声を上げて走り回るので、
次第に連れて行くのが大変になって、
義母に預けるか、幼稚園に行っている間に行くようにしたものだった。
たまにファミレスで食事をすることになっても、
他のテーブルの食事に手を出したり、
テーブルの間を走り回ったりする子供達の後を
いつも私が追い掛け回しては周囲に謝っていた。
それでも、母として子を叱ることは許されていなかった。


あくまでも夫にしてみれば、
「連れてきた大人が悪い」のである。
そして子供達にとってみれば、
いつも夫がそのように胸を張って言うので、
「いつも大人が悪い、ママが悪い、自分達は悪くない。」
と目の前で言われ続けるのだから
自然とそのように信じてしまうのである。

また、コミュニケーション一つとってみても、
夫は子供達を抱き締めるのが好きで、
早く帰宅して子供達が起きていると決まって玄関口でハグをした。
私も、スキンシップは好きなほうなので、
子供達の次に夫に寄って行ってハグ待ちをしていると、
すごく迷惑そうな、嫌悪感たっぷりの顔で、
するどい目つきで思い切り睨まれながら、
肩をどんと押してつきとばされたものだった。
一度ではなく、何度も何度も、
子供達は目の前で、
父親が母親をそんな風に突き飛ばすのを見ている。

そのような繰り返しの中で、
どんどん母親である私の地位は危機的に低くなった。
子供達に注意する大人は居ないわけだから、
自然と、子供達は、自分達が小さな王様か何かと
勘違いして行った。
母親である私はその王様の周りの大人の中でも最も地位が低く、
時には父親に
「犬以下」に扱われたり揶揄されたりしていたので、
自分達>おじいちゃん>パパ>おばあちゃん>私という
構図ができあがってしまっていたのだろうと思う。

そんなふうに私の地位が最低に落ちている家庭で、
父親が母親を蹴り、母親が大出血をして倒れ、
病院に運び込まれるというシーンを、
子供達は心に刻み込むことになる。
つまり、地位の低いものは蹴ってもいい、
そのシーンを焼き付けてしまった。

この子達が成育したのは、
こんなふうに、間違った価値観が身についてもおかしくない環境だった。


話は調停の頃に戻る。

ちょうどこの頃から、息子が保育園でいじめを受けるようになった。
偉そうな態度と、すぐに手を出すことで、
皆からはじかれるようになったようだった。
息子の口からは、いじめられたので悲しいということしか聞かない。
が実は、他人に手を出したり、威圧的な態度で接していたため、
皆から敬遠されていたそうだ。
それを知らずに、私は息子がいじめられていると聞くと
その度に胸が痛く、押しつぶされそうになった。
けれど、今思えば、弱いものは蹴ってもいいという感覚の元に育ち、
体格的にもとても恵まれて成長している彼にしてみれば、
自分より小さいものは蹴ってもいい、怒鳴ってもいい、と
そういう感覚が当たり前にあったのかもしれない。



その頃から母子家庭になり、
また現在の再婚家庭に至るまで、
彼らと私の意識改革をするのが本当に大変だった。

母が注意をして、子供が素直に言うことを聞く。
この普通のことができない母子関係だった。
子供にしてみれば、
「愛し慕ってはいるけれど著しく地位の低い母親」が、
いつも自分達に向かってギャーギャーと
叫んでいるように映っていたのだろう。

気が向いたら話を聞いてもいいけれど、
自分が忙しいときは後回しにしていいでしょ?
その頃の子供達は、常にそんな態度で私と接していた。

私にしても、子供達を叱るたびに恐ろしい夫に怒鳴られていたわけだから、
叱ることに巨大な罪悪感があった。

あれから1年半。
今は、
子供達のために、それらの悪い価値観を完全撤廃し、
子供達に、悪いことは悪い、いいことはいいと
ちゃんと叱り育てることができる環境にある。

子供達も少しずつ狂った価値観を忘れて、
自分達はどういう立場にあるか、
また、何が正しくて何が間違っているのか、
吸収して私について来てくれている。

当初
叱られたことのないわが子は、
叱られることに慣れておらず、
きょとんとしていることも多かったが、
繰り返し繰り返し真剣に叱ることで、
ようやく自分のために言われているのだと知り、
今は母の言うことにちゃんとまっすぐ耳を傾けるようになった。

ここに至るまで数えきれないエピソードがある。
本筋と異なるので今まで触れずにいたが、
裁判直前まで行った壮絶な離婚劇の裏側で、
母と子が取っ組み合いで、何度も何度も泣きながら、
狂ったモラルを追い出したさまを、
また折に触れて書きたいと思う。

私が受けたモラハラは、自分が大人であるが故、
認識した途端に、
どうにか意識して追い出すことができたが、
子供の受けた「モラル」=常識を「狂わせる」という虐待は、
意外に根が深いものだった。
もしかしたら夫のモラハラの中で、
一番卑劣で後に残るモラハラが、
この子供へのモラハラではないかと思う。




今も毎日の生活の中で、それらの狂った規範の癖を、
懸命にもがきながら矯正する私達が居る。
私はいつかこの狂った規範を子供達から必ず追い出す。
そして何より、そのために戦う私達を、
いつも愛情を持って暖かく見守り、理解し、応援し、
支えてくれている、今の夫に心から感謝している。




↓一人でも多くの方にモラハラを知っていただきたくて、リンクを貼りました。




↓読んで、大泣きしました。

×一の子どもたち―彼らの本音

講談社

このアイテムの詳細を見る


↓別れた夫とうまく接触を保つこと、協力して育児することなどと書いてますが、
 モラ夫とは、無理ですねぇ・・・

離婚しても子どもを幸せにする方法

日本評論社

このアイテムの詳細を見る

コメント ( 24 ) | Trackback ( 2 )
« ほんとに調停... 狂った規範2... »
 
コメント
 
 
 
今の私・・・ (みっきー)
2006-05-18 09:26:57
はじめまして。いつも、ロムしてました。

今日の話は今の私そのもので、書き込まずにはいられませんでした。

子どもへの対応・・・まっち~さんはどうしていたのだろうか、といつも考えながら読んでいましたが、やはり大変だったのですね。

毎日の生活の場面場面で、夫(別居中。まだ離婚できていません)の影がちらつき、子どもの態度が憎々しい夫と重なります。

何度説明しても、子どもには理解できないことがあります。

「僕は悪くない。お母さんが悪い。」

なだめたり、エサ(うちの場合、おもちゃやゲームのことが多い)で釣ったり、大声で怒ってみたり、ほったらかしたり・・・

いろいろな方法で対処しても、子どもはピンときていない様子。



まっち~さん、もっともっと子どものこと書いてください!!お願いします。

 
 
 
とても納得できるお話でした (かすが丸)
2006-05-18 09:41:50
はじめまして。しばらく前から、毎日ブログを読ませていただいております。モラハラの元で育ってしまった子供たちのお話、非常に興味深く、また恐ろしく思いました。



学校や幼稚園、病院などで、大人(特に母親・女先生、看護師さん)の言うことを全く聞かない・聞けない子供たちをときどき目にして、あれはどういうことなのかと、長年、とても不思議に思っていたのですが、このような生育環境であれば、そうなっても仕方がないと、心から納得できました。



程度のひどいお子さんになると、自分の母親だけでなく、世の中の母親全部が価値の低い、足蹴にしてもかまわない存在だと思いこんでいるようで、友人の母親を自分の下僕のように扱おうとしたり、母親たちの見ている前で、わざと友人の物を取り上げたり、罵倒したり、暴力的ないじめをやってみせるなど、異様としか言えないような振る舞いを平気でするのです。



相手の子の母親が見かねて叱っても、せせら笑っているか、聞こえないふりをしますし、自分の母親が相手の親子に土下座するようにして謝っていても、自分は決して「ごめんなさい」とは言いません。まるで、その場で一番偉いのは自分であると、心から思いこんでいるかのようなのです。



そういうお子さんは、幼稚園児ぐらいの子であっても、人を支配する毒のような侮蔑や批判の言葉を平気であやつり、表情もどこか異様です。他人を殴ったり突き飛ばしたりするときに、全く躊躇がないことも大きな特徴です。他人の痛みに対する共感が、全くないのだろうと思われます。



そういう子供は、男の子だけでなく、女の子にも見られ、ほんとうに不思議に思っていたのですが、物ごころのつかないうちから、家の中で母親が虐待され、さげすまれているのを見せつけられて育ったならば、世間の母親全部がそういう存在だと思いこんでも、不思議はありませんね。



また、こういう子供たちが、母親の離婚に伴って歪んだ家庭を出て、まともな常識の生きた新しい家庭になじむことは、相当に困難だろうと思われます。まっちーさんのこのブログを読んだ上で、子供の立場から離婚に反対されるような方は、おそらくは、歪んだモラハラのルールの中で支配者側の立場に置かれ、ぬくぬくと育っていたかつての自分の暮らしに戻りたい思いがあるのでしょう。親身になって、歪んだ性根を叩き直してくれるような存在に出会えなかった、気の毒な「子供」のまま大人になってしまった人たちと言えるのかもしれませんが、子を持つ親としては、そうした人たちと、自分の子供をお付き合いさせたいとは、決して思いません。





まっちーさんは、ご自分のお子さんたちを、歪んで狂った人生から、命がけで救い出したのですね。ほんとうに頭が下がります。







 
 
 
ちょうど (にゃりんた)
2006-05-18 11:05:19
この頃子育てに悩んでおりました。

息子は3歳なのでそういう時期でもあるのかなと思っていましたが、まっち~さんのお子さんの様子と重なるところがあり、ひょっとして息子もモラハラの影響があるのでは?と思ってしまいました。

もしそうなら私も本気で間違いを正さないといけないと思います。

そのためにもまっち~さんがどのようにしてお子さんと向き合われたのか、是非知りたいと思います。

 
 
 
うちも・・・ (hanako【ココロ内離婚】)
2006-05-18 11:08:17
そんな感じなんですよ。娘が。

結構聞かん坊で・・・。

旦那が何かにつけて、娘のお菓子を与えて連れ出したりしていて、「買い食いさせんといて!!おやつはおうちに帰ってから!!っていい聞かせてよ!!」と言っても、「公園のベンチに座って食べてたし・・・」と言われ・・・。

まったく旦那のやっていること事態に問題はないかのように言われ続けてました。

今別居して実家にいますが、私の母からは娘がいうこと聞けないで反抗すると、「誰に似たのかしら?」と嫌味を言われ、辛いです。

 
 
 
一番大変な問題ですね。 (あずき)
2006-05-18 11:24:23
私は同居中なので、本当に一番の問題です。

・・・・・・・・・・

反抗期なんだかわかりません。



また、子供がいちいち聞きにくることもあるので、

夫が「お前が支配する怖い母だからみんなお前に聞きにくるんだ」

と、いわれるとすごく悩みます。

・・・・・

悩むことばっかりですね~~。
 
 
 
紹介させてもらいました (Moon)
2006-05-18 11:49:57
はじめまして、この数日で最初から読ませていただきました。

モラルハラスメントが子どもに与える影響が大きいことに心を痛めていますが、そんな子どもを救えなかったひとりです。他人は無力です。



私のブログでまっち~さんを紹介させていただいたのでTBさせていただきます。

 
 
 
Unknown (スイカズラ)
2006-05-18 12:03:41
私はこれ、うまくできなくて

今は色々複雑な状態になってしまっています。

モラ&DV加害者の夫もかなり強敵ですが

共依存&過干渉のオバアチャン、てのもかなり曲者でしたよ。

でもって、「普通」を知らないσ(-_-)ワタシ

私はどうやって矯正していけばいいか分かりませんでした。

今の旦那が長男について言ってる事がどうしても理解できませんでした。

だって私も長男と同じ環境で大きくなった大人だったから。

長男の反応が私にとって「普通の反応」でも、ごく平凡に育ってきた人間には「異常な反応」だった事にその時は気付きませんでした。

でも、長男を元旦那のような人間にしたくなかったので色々私なりに頑張ったんですけどね…。

その結果、ウチは最悪な結果になってしまいました。

でも今になってやっと少しずつ良い方向に向かってきました。

随分時間がかかってしまいましたけど、私もこれから頑張っていきます!



すいません。自分の話しになっちゃって…。

まっち~さんの話も参考にさせてもらいますね♪
 
 
 
まっち~さん、応援してます♪ (ほたる)
2006-05-18 14:18:54
こんにちは。

被害者同盟のほうで、

息子ねたでスレを立てさせていただいたところに、

まっち~さんのこの記事。

タイムリーで感謝しています。



やはり私の息子の態度も元夫のモラが影響しているんですね。

離婚してよかったです。

息子は17歳ですが、

この間、

おもいっきり息子とぶつかりました。



「『つい親だから』って思ってしまう」

という息子の甘い価値観と

おもいっきりぶつかった私。

息子は自分の価値観の甘さに気がついて、

泣きました。



「変えていくようにする。

 でも、

 まだ17歳だから、

 子供だから、

 すぐには変わらないかもしれないけど、

 変えていくようにする」



と息子は言いました。



そして、

確実に変わってきています。



とにかく、

へんに気を使わないこと。

自分が愛情を持って育ててきたことを信じて、

おかしいと感じたことは、

魂をぶつけるつもりで叱ること、

それしかないかなーと思っています。



そして、

今までのことがマイナスではなく、

モラの価値観の世界と、

モラでない世界。

そのどちらも経験したことが、

かえって息子の人生のプラスになると信じています。



まっち~さんも

自分の愛情と、

子供たちの絆に自信をもってね。



ブログの中からも

子供たちへのあふれるばかりの愛情を感じます。

自信をもって、

子供たちとぶつかっていってくださいね
 
 
 
ニート (かなちゃん@夫の浮気にサクッと対応)
2006-05-18 16:31:00
最近流行のニート。

一説によると、子供に何でも好きにさせてあげる環境がニートを生むのだとか。



あくまでも一説ですが。



子供を叱りたくても叱れないなんて、

子供たちをつぶしているようなものです。。
 
 
 
わかるっ! (酒蔵)
2006-05-18 17:27:28
子供のイナイ私が言うのは何なんだけど。

すーーーーーーーーーーーっごく、よくわかる!!



実は私の場合は、兄一家が少々そんな家風でして、「親の言うこと聞かない、ワガママな悪い子!」として、甥Aが実家に預けられてた時期があってね。

甥の祖母であるマイ母と、叔母である私がビシビシ叱り付けたわけなんですけど(笑)、不思議?なことに、甥Aちゃんは、付いてきてくれた。

目を見て本気で(このままじゃ、あんた、ダメになるから!)って愛情持って叱ると通じちゃった。



不思議だな……って思ったし、子供って可愛いなって思ったし、教育って大人の責任だって思った。

やっぱり「弱者を見下し、傷つけても構わない」みたいな価値観を小さな甥が持ちはじめているのを見てるのって、すごく怖かったし、イヤだった。あとで苦労するのはこの子なんだって思うと、たまんなかった。

自分の子じゃないから、おのずと限界はあったけどねw



まっち~さん、ご苦労したけど、ご自分で子育てができて、妙な価値観の連鎖を断ち切れて、よかったですね!

現旦那様をどうぞ大切にね(>言うまでもありませんねw)。
 
 
 
ちょっと違うかもしれませんが (hr8585)
2006-05-18 21:10:49
近頃未成年が路上生活者の方を死なせるという事件を報道で耳にしましたが、こういった事件の加害者もそれに似た価値観を与えられて育ったのではないかな、と思いました。

確かに「働かざる者食うべからず」とは言いますが、そういった生活をせざるを得ない方たちにも働けなくなった何らかの事情があるだろうし、そもそも加害者自身が働いてもいなくて親に養ってもらっている学生だったりしますからね。



かくいう私も今は扶養されている身で独身だし子供もいないし、大して偉そうなことを言える立場ではないですが。
 
 
 
深々と (れんれん)
2006-05-18 22:42:08
頷いて読ませてもらいました。



>私が受けたモラハラは、自分が大人であるが故、

認識した途端に、

どうにか意識して追い出すことができたが、

子供の受けた「モラル」=常識を「狂わせる」という虐待は、

意外に根が深いものだった。

もしかしたら夫のモラハラの中で、

一番卑劣で後に残るモラハラが、

この子供へのモラハラではないかと思う。



この言葉、本当にその通りだと思います。

軸を狂わされたままに育つ子供は悲劇です。

軸の狂った大人に育ち、他者を苛めずにはいられない。



子供を育てるという事がどういう意味か、理解出来ない大人に育てられるという事は、ある意味手ひどい虐待ですよねぇ・・・。







 
 
 
ずっと気になっていました (ジア)
2006-05-19 00:08:02
実は私自身の話になってしまいますが、我が子の今後の事がずっと気になっていました。



そういう意味では今回のお話は、今までの中でとても知りたかった話題でもありました。



家の子の場合は、加害者よりと言うよりも、被害者よりな反応の方を見せているので、今は悲しかった・怖かったという、その心の穴をどう埋めていけばいいのかで四苦八苦していますが、この感情が終った後に、今度は加害者よりの反応に変わっていくのではないかと、不安だったりします。



連鎖を断ち切る事、忘れない様に心に刻んでおきます。
 
 
 
「支配をしない(されない)」子育て (きよ)
2006-05-19 01:04:38
↑というのが、どんなに難しいのかを考えさせられます。



まっち~さんのブログを読みはじめ、3週間ほどになります(そして初めてこうゆうコメントに投稿します)。

今回、これまでで一番モラハラの恐ろしさを感じました。



まっち~さんはじめ、みなさんががんばっても、そこにモラハラする夫や親族がいる限り、子供に影響がでてしまう・・・。



そしてここが怖いなぁと思った一番のところですが、もしも、

モラハラに影響されて育ってしまった子供からもモラハラにあってしまったら・・・

そしてもしも、そんな子供に嫌悪感を抱いてしまうようになったら・・・



話が飛んでしまいますが、前に「人類の滅亡」はどのようなかたちで起きたのか、という未来を予測する感じの漫画があるという話を聞いたのですが、

その漫画で、なぜ人類が滅亡したのかというと、

「親が子供を育てなかったから」

だそうです。

「親」とは、母か父か、どっちだったか、その漫画を読まずにあらすじだけ聞いただけなので分からないのですが、多分「どっちも」なんでしょうね。



 きっと、こんなモラハラの連鎖を止めなければ・・・と気づいた人が、母(父)ひとりで子育てをするという決意をするのかなぁと思いました。

そして、それには「離婚」は仕方ない選択、ということ。

何も、「離婚」がしたいわけではない。

愛するわが子、そして愛さなければならない自分自身を守る、

その最後の手段が、離婚。

経済的にも精神的にも肉体的にも大変なことなのに、女性が働く場所が多くなったこともありその選択をする人が増えましたが、それは

子供を守る親がまだまだいるということなのだと思い、希望が持てました。



がんばりましょう!



 
 
 
Unknown (wingseed)
2006-05-19 11:28:05
夫も私もモラハラ家庭に育っており、ゆがみがそれぞれに現れています。私は母親に殺意覚えたことあるし、夫は父親が母親を下に見た家庭らしく、モラ被害者の母親を、人間ができていないと軽蔑しています。(夫は祖父母に育てられたようなもの)現在夫の祖父母は認知症になって、夫の母親の反撃が始まっています。怖いものがあります。

私はモラ被害者でありますが、加害者になる可能性も自覚しています。子供がいない今ですら連鎖の恐ろしさを感じるので、子供ができたら負の連鎖はより進んでいく気がします。子供に「殺」の文字を名前にこめようと思ってしまうくらいですし。
 
 
 
だいじょうぶです! (あかね)
2006-05-19 11:46:51
はじめて投稿させていただきます。

昨年からずっと読んでいましたが、辛くてコメントできませんでした。

「子供のこと」でおもわず出てきましたが、

断言します!「大丈夫です」!!!

うちは共存中なので心配になり、聞いてみたところ「オヤジはサイテー。どこがいけなくて、なにがいいのか全然わかっとらん!

話がどんどん違うところにいってんのに自分だけ納得して満足してる。

友達のお父さん達とは違う人種。」と、きっぱり!

小6ともなるとたいしたもんです。まっち~さんのお子さんも、もう少し大きくなれば(教えなくても)分かる事だと思います。





 
 
 
今日の記事で (にゃりんた)
2006-05-19 11:50:36
この記事の事を取り上げさせていただきました。トラバも送らせていただきます。よろしくお願いします。
 
 
 
まだありました (あかね)
2006-05-19 12:12:25
「親父は自分が思った事は家族も『その通り!』と思うって勝手に思ってる。

オレと親父は違う人間だから。

それに親父が怒るのは自分が怒りたいから怒ってる。

かーちゃんはオレのこと考えてるから叱ってくれるんだよね。」

涙でました。
 
 
 
Unknown (ちっこ)
2006-05-19 20:19:49
>懸命にもがきながら矯正する私達が居る。

>私はいつかこの狂った規範を子供達から必ず

>追い出す



このメッセージにざわざわと心が揺れます

子供達の悲鳴が聞こえてくるようです



辛いです。

子供は自分で気がついて立ち上がって歩いていくよ。



今まで自分と子供の間に大きな壁を作られて苦しかったと思う。

元夫さんは本当に酷い悪魔みたいなやつだと思う

でもその目撃者の子供だってお母さんとの壁に阻まれて苦しかった筈



その壁が取れた途端

「さあ。矯正だ。矯正だ。矯正だ」



子供達は見た事をちゃんと選んで吸収していくよ。

親が出来る事はただ見守る事だけだと思う



もう悪魔は側にいないのだから・・・
 
 
 
頑張って下さい! (えみ)
2006-05-20 02:29:04
初めまして。

『にゃりんたが行く』の にゃりんたさんの所から来ました。

まっち~さんのブログの内容が、とても強烈だったのでコメントさせて頂きました。

私の夫も「モラハラ夫」でした。

偶然にも、今日が命日なので、私の場合はもう苦しむ事はないのですが・・・

でも、もう終わったと思いながら、今度は被害を受けた自分が? と、ふと思えたり(威圧的な言動)、まっち~さんが子供の前で言われてた言葉が、夫が私に言ってた物と余りにそっくりで・・・。

自分の時の状況をすぐに思い出して背筋がゾーっとしてしまったり・・・。

もしかしたら、私はまだ抜け切れてないのかも?という不安が出て来てしまいました。

モラハラの恐ろしさを改めて痛感です。

子供を持つ母として、まっち~さん 頑張って下さい!

応援します。 
 
 
 
もっと早く知りたかった (さよちゃん11)
2006-05-23 17:58:56
最近 偶然 モラハラを知り このブログも知りました。

私は実母から被害者で、55年間ずいぶん苦しみ 傷ついてきました。もっと早く知りたかったです。

皆さんのコメントを呼んで 元気づけられたり そうだったんだと思ったりしてます。  
 
 
 
大変参考になります (あらいぐま(・エ・))
2014-01-17 10:52:15
初めまして

今日このブログに初めてたどり着いて、目から鱗が落ちました。息子さんの反応については、特にそう思いました

私がしっかりしていないから息子が誠意のない謝罪するのかと思っていましたが、モラ夫の影響とおっしゃっているのに『なるほど…』と思いました

なかなか子供の反応について書かれているブログに出会えていなかったので、また訪問させていただきます

 
 
 
モラハラ環境に育つ私 (奈々美)
2016-02-13 20:10:58
父の母に対するモラハラに悩まされています。とても辛いです。一度、「毎晩毎晩ケンカして、気付いてないとでも思ってんの!?そんなに喧嘩ばっかしてんだったら離婚しろよ!」と泣き叫んだことがあります。それから暫くは平和だったのですが。私が父に言いたいことは、「あなたが傷付けてんのは母だけじゃない」ということです。父は人間として底辺なのでこう言わないと分からないのでしょう。本当に私の父は最低でクズな男なんです。私は『どうして子供は親が選べないのだろう』と思わせる親は親失格だと考えます。夫婦喧嘩を子供の前でするのも親失格でしょう。不仲を隠すことはできません。気付きたくなくても気付いてしまいます。なぜ自分が関係なくていい事に悩まされなければならないのでしょう。私は1年後受験生です。遅くまで勉強することでしょう。しかし、夫婦喧嘩が聞こえると勉強は手につかなくりますし、だからと言って眠ることもできません。本当に迷惑極まりないです。私はこんな二人を見る度に、絶対にこうはならない。絶対に結婚しない。と思っています。ああ、悲しー笑
 
 
 
Unknown (Unknown)
2018-09-11 02:58:45
なんか読んでてうざってなった
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
モラ星人 (Melon改め・・Moonの人間考察)
つい最近、モラルハラスメントと言う言葉を知った。モラルハラスメントを知り、『モラ星人』の存在を知り、胸に刺さっていた棘がすっと抜けた気分がする。 家族日記子育てブログのような埒もないこのブログだが、書きはじめたきっかけは、『〝ブリキの人形〟』と ...
 
 
 
最近の子育ての悩み (にゃりんたが行く)
現在、息子は3歳5ヶ月になりました。 最近の息子は今までと違い、感情が豊かになってきたせいか、その感情をむき出しにするようになってきました。凄くつまらないことでキーッと怒り出し、ぐずぐず言い出します。例えばバスのおもちゃで遊んでいて、その通り道 ...