戦い未だ終結せず。

明日は久しぶりに弁護士と接見する。
「慰謝料請求」の裁判の打ち合わせである。
実は、なかなか気がすすまない。
元夫との面接交渉も養育費の授受も、うまくいっていると思う。
そこに、慰謝料請求の申立を行うと、
「俺はこんなにしてやってるのに!」
と、きっとブチ切れてくるか、またさらに病に逃げ込むかのどちらかだと思う。
せっかく落ち着いているのに、また心揺さぶられたくないと思う。

先般、「行列のできる法律相談所」で、
夫が妻に暴力を振るった場合の慰謝料相場は、200万円、
骨折だと300万円なんて簡単に言っていたが、相場はあくまでも、相場。
それを勝ち取るのが難しいのだと思う。

元夫は、最初から、「故意ではない。」と主張している。
口論の最中に(口論というか、暴言のシャワーを浴びている間に)
思い切り蹴られたのが、どこが「故意ではない」のかがよくわからない。
彼は、私を蹴った直後に、「大丈夫か?」「すまん!」などの言葉のかわりに、
咄嗟に、
「そんなに強く蹴ったつもりはなかった。」
と言った。
それはその時、(まずは言い訳ですか?)と思ったので、はっきりと記憶している。
あんなに愛して尽くした男に、大流血させられている。
その上に、その男は「まずは言い訳」をした。コレは何コレは何コレは何・・・
人間、とんでもないことが起きると、
全然覚えていないか、異常にしっかり覚えているかのどちらかじゃないだろうか。
私は、すっぽり記憶が抜けている部分もあるが、
一言一句、すべての見た色と、その時目に映っていたものをキレイに思い出せる部分とがある。

たしか、事件直後私が鼻を押さえて痛みにのたうちまわっている時、
事の重大さに夫が配慮し子供達を実家に連れて行ってしまう前に、
彼は懸命に、ラグに飛び散った私のおびただしい流血を、ぞうきんで拭いていた。
ラグだけではなく、周囲のフロアや革張りのソファにも飛び散っていたのを、
ゴシゴシと力を入れて、懸命に拭き取っていたのを記憶している。
普段は、何をテーブルや床にこぼしても「こぼれたぞ」と言うだけで、
決して「拭く」などの行動を取らない人が、である。

そのラグは新居の祝いに、共通の取引先がプレゼントしてくれた、高価な外国製のラグだった。
脱出のときは、くるくる丸めて、和室に放置してきた。

どうして咄嗟に彼は言い訳をしたのだろう。
どうして咄嗟に、彼は血を拭いたのだろう。

日曜だったので救急病院に車で連れて行かれて、骨折の診断を受けた。
「折れてるらしいわ。」というと、夫は泣き、「ごめんなごめんな」と力なく言った。
そのあと、私はレントゲンとMRIとCTに行くように言われていた。
おそらく時間がかかるだろうと思われた。
ちょうど、夫が師範をつとめる空手の稽古の時間が迫ってきていたので、
私は、「空手行けば?」と言った。
そばに居てもらっても、しんどいだけだし。と思った。
元夫は「ええんか、ありがとう。」と従った。
だから私はその診察検査後、一人で病院から車を運転して家に帰った。
頭の骨の骨折だから、脳震盪の恐れがあるから、安静にしておけと言われていたのに、
夫が空手の稽古に行ったので、自分で運転して帰宅したわけである。

今思うと、「妻を骨折させた数時間後」に「病院に妻を置いたまま」で、
平気で稽古に向かった夫の神経を疑う。
よく、犯罪の直後に、平然と出勤したり、普通どおりの生活をしている犯人が居るが
まさにそんな神経なのだろうと思う。
「何があろうと、道場を閉めるわけにはいかないから。」ご立派、
社内旅行の時は、門弟に鍵渡して開けさせてたよね?
まあ今のところ生きてるし、いいか、と思ったのだろう。
そういう所に、「他人の心や体はどうなってもいい」という彼の感覚が窺い知れる。

「今日は私の骨折記念日」に細かいいきさつは書いた。
おそらく、明日は弁護士と、その骨折のあたりの話と、
元夫の「浮気」「暴言」「浪費癖」について、再度詰めなおすことになると思う。
元夫の「浮気」については、ここでは特に触れていないが、
またおいおい書いてみたいと思う。

「浮気」「暴言」「浪費癖」いずれのシーンに於いても、
私が泣いて泣いて嘆願して、夫に「もう私を傷つけないで欲しい」と訴えた記憶がある。
どれだけ傷つければ、気が済むのだろうと思った。
黙っていないで、何度も何度も訴えた。
訴えないと、生活できないと思ったから、話し合うべきだと思ったから、
何度も何度も、元夫に時間を作ってもらって、話し合いの場を設けた。

それでも、結局のところは、
私が「こういった部分が問題で、私がこのように傷ついているので、こういうふうに改めて欲しい。」と
言葉を上手に選んで、ケンカを売る形ではなく、
むしろ「お願い聞いて☆」状態で話しているのにもかかわらず、
「今の俺」のどんな些細な事についても妻がクレームをつけることは許されない、と
夫にはそのようにしか受け取れないらしかった。
だから、「今の俺」について「問題点」を提議した罪で、
さんざん妻である私は罵倒された。
その折、夫と私の出会いからその口論時点までの「気に障った点」を、
メモっているのかと思うほど克明に並べ立てて、こき下ろした。
それは、私が小言を1言えば、100の攻撃で返すほどの、徹底ぶりだった。

私は営業マンをしていたので、話の筋がそれるのが嫌いで、
よく、話を元に戻そう戻そうと努力をした。
だって、話がそれた所で口論したところで、「そもそもの問題」は解決しないから。
そもそも今の話し合いについては、私からの問題提起の場なのであって、
私の過去の「気に障った点」については今回この場で論議すべきではない、
と夫に何度も訴え、もともとの本筋に話を戻そうとするが、
決まって夫は
「そうやっていつもお前は話をすりかえる!!!」
「お前とはまともな話し合いができない!!!」
というので、
笑みを浮かべて私は、
「いや、すりかえているのは、あなたのほうだと思うよ?」そうたしなめる。
そもそも争いごとは嫌いだし、仲良くしたいから話し合いをしているのである。
友好的に会話を進めたい。大人なんだから。
すると夫は、決まってキレた。
「もうええ!俺に四の五の四の五の文句つけるな!」
「じゃ俺が会社やめるから、お前明日から会社行け!」
「ええな?明日俺辞表出してくるから、お前が引き継いでくれ!」
「俺は専業主夫するから。それでええやろ?話し合い終わり!」
そこからは、冷静でいようと踏ん張っている私もさすがに、感情的になってしまい
スイッチが入ってしまう。
決まって「なんでそんなこと言うの・・・」と聞いても仕方ないことを聞いた。
夫は、そのアタリからとにかく、「自分が被害者だ」ということをまくしたて始める。
「俺」は仕事をとっても頑張っているのに、お前は一切理解しようとしない。
そんなお前に失望した。お前と話しようと思わない。
お前はそんなヤツだとは思わなかった。
こんなに頑張っている「俺」に文句言うなんて信じられない。
・・・延々と、私が泣くまで攻撃は止まない。
いいや、泣くまでと書いたが、泣いても夫の攻撃の手が(口が)休まるわけではない。
泣く妻に向かって「おうおう、泣けるヤツはええのぉ。」
「俺なんか男やから、泣いてごめんなさいでは済まんのや。」
「女はなんでも泣いて済まされると思っているやろうけど、男の世界は違うんや。」
「とにかく泣くのやめろ。冷静に話し合いできんやつと話しできん。」

結局全く話し合いにはならない。
いつも、問題提起した自分を恨む。
あんな酷いことも、こんな酷いことも言われたと、落ち込むハメになる。
全然問題は解決しない上に、酷く傷ついて、傷に塩を塗られて、えぐられて、
その後数日は「腹いせ」に「無視」を続けられるわけだから。

このような繰り返しを何度も行ううち、
学習しない、お人良しな自分が嫌になってきた。
いくら話しても、通じないのに、どうして話すのだろうか。
今まで一度として、まともに話し合いができたことがあっただろうか。
そう思うようになった。

そして私は、「堂々巡りの思考スパイラル」に陥ることが多くなった。
多くの人が経験しているだろう、この恐怖の「堂々巡りの思考スパイラル」。
知っていますか。それは、こうです。
「今、私は夫との間にこういう問題を抱えている。」

「もし今、夫にその話をしたとする。」

「すると夫はこのように酷い返答をする。酷い対応をする。」

「そして私は追い詰められて、とんでもない目に遭う。」

「だから、話さない。話しても仕方ないから、引っ込める決断をする。」
「もしくは後日、このことについてもう一度考えることにして、とりあえず保留にしよう。」

「そういう問題があったことを忘れよう。」

「再び問題が起きる」↑(一番上へ)

私はこれを、「堂々巡りの思考スパイラル」と自分で勝手に呼んでいた。
自分自身を、「空回りと堂々巡りの好きな人間」と嘲笑することもあった。
結局、コミュニケーションに絶望し、しかもその相手と同居するということになると、
誰しもこの「堂々巡りの思考スパイラル」に陥らざるを得ないと思う。

人は、傷つくことを怖れる。
だから、傷つくような事柄を避ける。
つまり、モラとの生活で言うと、夫との会話をしないように心がけるようになる。
ところが、夫婦だから、話し合いをしないといけない事柄だってある。
でも、話し合いができないのはわかっている。
結果的に自分の中で終わりの無いシュミレーションを描くことになる。
もしくは、一人で何もかも解決するしかない。

これを長きにわたりずっと続けるうちに、繰り返すうちに、
夫婦でいてもいいことなんて全くないように思えてくる。
家庭内が完全に空洞化してしまう。
空っぽになってしまう。
心がかさかさになってしまう。
でも、子供がいたり、収入が無かったり、夫とは社会的に離れられない要因がある。
夫に否定され続けて、自己否定のかたまりになっているから、
自分ひとりでやっていく自信がない。
行き場を完全に失った心は、バランスを失ってしまう・・・
どうして、自分はこんなに小さくなってしまったのだろう。
どうして、自分は何も自分で決められなくなってしまったのだろう。
そうして、見えない自分自身の持つ刃で、もう一度自分を傷つけはじめる。
夫により傷つけられた心を、今度は自分でまた傷つけるのである。
心身ともに、健康を害して当然である。

夫による、暴言や無視、罵倒、暴力を受けて、傷ついた部分も
当然のことながら、
こうして間接的に、二度と戻らない人生の貴重な時間を、
果てなく続く「堂々巡りの思考スパイラル」に費やし失ったことが意外に大きいと思う。

元夫は、「愛を下さい」とシッポを振る私に、
「孤独」というエサだけを与え、さらに知らんぷりを続けた。
お前はこれを食っておけ。何も食わないよりはいいだろうと、ふふんと鼻で笑いながら。
いつも飢えている私は、すこしのエサも残さず食った。
飢えているから、「孤独」というエサをたらふく食って、
しまいに狂った。

さあて、明日、先生に何から話せばいいのだろう。
「慰謝料」の請求にあたり、精神的虐待の部分に触れられたら?
「元ご主人との生活の中で、何が一番傷つきましたか?」と聞かれたら?
あの苦しい日々を、一言で形容する言葉が見つからない。
あの苦しさを、表現する言葉を私は持たない。
コメント ( 18 ) | Trackback ( 0 )
« フルーツサンド 慰謝料請求に... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (いぐ)
2005-06-01 06:02:21
全てが、これからのまっち~さんとお子さんの幸せのため、うまく進みますように・・・。

これ以上、まっち~さんが傷つかずにすみますように・・・。
 
 
 
やばい・・・ (ちひろ)
2005-06-01 08:32:02
堂々巡りの思考スパイラル



すっごくうなずいてしまった。

今まさに私はそれです。

ただ、もう夫に対しての愛がないので

平気と言えば平気です。

全く相談もせず話し合いもせず

全部自分で決めてしまう。

話しの筋が逸れるのも一緒です!(笑)

なんなんでしょ。思わず笑ってしまいました。

馬鹿馬鹿しさに。

元に戻そうとすると怒って「話にならん」と言う。

本気で馬鹿なんじゃないかと思う。

俺様が正しい以外の事柄は理解できないらしい。
 
 
 
Unknown (Ako)
2005-06-01 09:39:24
まっちーさん、なるべく穏便に事が進むように心から祈ってます。



それにしても、ああ、本当に、我が家と、そっくりです。

父が母を突き倒した時のことを思い出しました。

痛みで起き上がれない母の側で、父は「ちょっと押しただけだ」と言いました。

病院に連れて行こうにも、脚を曲げることができず、救急車を呼ぶと言うと、「呼ぶなら呼べ。近所で恥さらしになりたいんならな。」

アンタが恥じさらしなことしたんだろ!!



父は弁も立つので、母は太刀打ちできません。だからもう我が家には話し合いなんてものもありません。私も腹が立つので、必要なこと以外喋りませんが…。(笑)
 
 
 
うちも同じです (みな)
2005-06-01 09:41:59
はじめまして、みなといいます。離婚予備軍です。うちのだんなもまさにこの状態なのです。わたしを殴ってもけして自分がなぐったことは誤らず、私がわるいからなぐったんだというばかり、痛かったか、大丈夫かとかぐらい聞けないのかよと言いたいです。でもそれを言うと逆ギレするし、病気だとおもって黙って無視するしかないんですよね。
 
 
 
私もそう (ちよ)
2005-06-01 10:26:41
はじめまして。昨夜から今朝、もめて痛い事たくさんして、体も心もつらいので慰められようと思って「暴力」というキーワードでここにやってきました。

他にも自分と同じような人がいる、という事で自分を慰めようと思っているのも間違いかもしれませんが、他にも自分みたいな人(あるいはもっとひどい場合)を見ると、慰められると同時に、なんだかやっぱりいたたまれない思いになってしまいます。

でも、なんとか皆、自分もそうだけど、前向きに物事考えられるようになれればいいな。。。
 
 
 
初めまして (enami)
2005-06-01 11:19:40
モラルハラスメントの検索で、こちらにたどり着くことができました。



今、パートナーとの関係を清算中です。

「堂々巡りの思考スパイラル」という表現が自分の経験した事と重なり合ってとても納得してしまいました。

 
 
 
似た状況っす♪ (かなぴ)
2005-06-01 16:11:05
離婚は成立済み



養育費は滞ったことは無く面会も順調



で、私は慰謝料ではなく財産分与の調停を起こしている最中です。



気が進みませんよねぇ・・・

もう、やっと表面上は落ち着いてきたのに、余計な波風立たせたくないですよねぇ・・・

お気持ちお察しします。



法的に白黒はっきりケジメようと思ったら、話し合いのできない相手と話し合いをしなくてはならない。

いくら第三者が間に立つとはいえモラはモラ、その外ヅラの良い仮面で第三者を味方に引き入れる可能性だってあるしその第三者もまたモラでないとは言えない。

調停員しかり、弁護士しかり、カウンセラーもまたしかり・・・



二次被害テンコ盛りの世間と接するたび、いったい何を信じればいいんだ?何が正しいんだ?と吼えたくなりますわ^^;



同じ大阪の空の下、家庭裁判所に通う同志です。共にがんばりましょう!

 
 
 
ごぶさたでした (M&M)
2005-06-01 17:01:57
相変わらず身辺慌しく過ごしてますが、ブログは読ませていただいてました。



慰謝料請求裁判、「今」落ち着いているのにと思えばしんどいですが、それでも力を振り絞って、なんとしても少しでも多くの金額を勝ち取っておくにこしたことはないと思います。



骨折するような怪我をさせられて離婚になったことだけを考えても、慰謝料をもらうのは当然の権利ですから。

さらに、今うまくいっている面接、今きちんと払われている養育費、それがいつまで続くか、なんの保証もないですし。

本当に、面倒だし億劫だし疲れるし、もし億単位くらいのお金を持っていれば「もういい」と言えるのでしょうけれど。(笑)



財産分与とか慰謝料を取るとなると、口さがないことを言う人たちも出てくる可能性は残念ながらゼロではないと思いますが、負けずに頑張ってね。
 
 
 
わたしも (ぷくた)
2005-06-01 17:37:58
ちょっとご無沙汰です(でも、しっかり読ませてはいただいてます)。



まったく同じだ・・・

またおどろいてしまいました。

ここまで、おなじとは・・・

「堂々巡りの思考スパイラル」本当にそうですね。

まっち~さんの思惑通り、少しでも気分が鬱陶しくならないようにことが進みますように・・・





 
 
 
その言葉 (酒蔵)
2005-06-01 18:47:03
まっち~さん、あなたは素晴らしい。

もうもうもうもう、ファンです!



私も「表現する言葉」を捜しています。早くみつかるといいな……。
 
 
 
そっくりです (ポラリス)
2005-06-01 22:50:55
まっち~さん、はじめまして。

投稿するのははじめてですが、いつもブログは読ませていただいていました。

うちの夫もナルシスト系モラで、親離れできておらず、私の出産を機にモラハラがエスカレートしてきました。今は別居して、離婚に向けて準備中です。



モラルハラスメントという言葉に出会うまで、どうしてこんなことになったんだろうと自分を責めてばかりいました。

そして、まっち~さんと同じく何とか話し合って解決しようと無駄な努力を繰り返しては更に傷を深めてしまっていました。

話し合いの流れや、セリフがうちとほとんど同じで、再現ビデオを見ているような気になってしまいました。



>こんなに頑張っている「俺」に文句言うなんて信じられない。



何でも「俺がこんなにしてやってるのに…」「俺の好意をふみにじりやがって…」「俺がどれだけ苦労してるか…」俺・俺・俺のオンパレード。

自分しかないとこ、そっくりです。



モラハラを知ってあまりのショックに、現実を受け入れることが出来るまで長い間ボーゼンとしてしまっていましたが、まっち~さんの的を得た表現に「そうそう、私が感じていた違和感はこれだ!」って、たくさん気づかせてもらえました。

何だかわからないけど、おかしいんじゃないかって感じていた色々なことは、「こういうことだったんだ」って納得できて、スッキリしました。

夫にはお前がおかしいとすべて否定されていたので、私はおかしくないってわかっただけでも随分救われました。

ありがとうございます。



まっち~さんの凛とした姿勢、お子さんに対する深い愛情、お料理上手なところ、文章ににじみでている人柄、とっても、とっても尊敬しています。

今後の展開も、どうかまっち~さんにとってうまくいくようにお祈りしています。

私も、前向きに自分らしく生きていけるように頑張ります

 
 
 
山を越え谷を越え・・・ (suimy)
2005-06-01 23:09:59
「本当の辛さなんて、実際に体験した人にしかわからない!何の事にしても。」

・・・最近、心の底からつくづく思うことです。



さんざん傷ついてきたのに、今になってもまだ過去の出来事、酷いやりとり、を再現・証言しなければならない。

自分にしかわからない辛かった日々を、

今になって冷静に話さなければならない・・・

---なかなか臨場感まで伝えるのは難しいし、その時感じた同じ気持ちを本当に共感してもらえる言葉なんて・・・、実際には皆無に近いですよね。



でも・・・。

自分の納得のいく結果を得るためには、闘いに完全燃焼で挑むしかない!んですよね。

限られた可能性にかけて・・・。

本当に心はとても辛いですが、

完璧な一言で形容しようとせずとも、ムリしすぎず、思いのままに話してみてはいかがでしょうか?

あれもこれもと一度に頑張らず、話せることから一つ一つ伝えてはどうでしょうか?



また神経フル稼働させなければならないと思いますが、納得いく話し合いになりますように・・・。



私は本日、調停3回目(前回から2ヶ月近く、間が開いての開廷)でしたが、なんと今回は相手が出頭してこなかったんですよ。

これで話はまたまた先延ばしです。

とにかく逃げてますよ、大人になりきれていないモラ夫。



普通が普通じゃない・正義が勝つとは限らない・正直者がバカをみる・一体何が正しいのか??一体誰が信用できるのか??な世の中、実は不公平・不平等な世の中、

と言っても過言ではない現実ですが・・・、

前を向いて生きてみましょう、お互いに。
 
 
 
同感同感 (ころちゃん)
2005-06-02 16:46:20
まっちーさんの文章、コメントされてる皆さんの文章、

同感することしきりで、つらい気分にさいなまれる中、こんな目にあってるのは私ひとりじゃないんだ、ってことに励まされちゃったりします。



解決のためではなく勝つための論争、議論のすりかえ、モメてるさなかの海外旅行 etc

あー、もうみんな同じだ。

細かいせりふも一緒だ。



最近「平気で嘘をつく人達」(M・スコット・ペック 著)という本を読んだのですが、悪人はすべて同じに見える、といったことが書いてありました。

「普通の人」にはいろんなバリエーションがあるけどモラは程度の差こそあれ見事にワンパターン・・・



なんでここまで巧妙な罪悪感のない行動がとれるんでしょうか。

こういう人間にバチは当たらないのでしょうか?

(今の心境ではバチよあたれ、と思ってしまいます。)



ちなみに我が家のモラは同居していたころ真剣な顔して

「コロが機嫌が悪くなるせいで出世ができなくなった。コロのせいで上司の評価が落ちた。コロのせいで同期に遅れをとった。」

と実家のコロ父に言いにきました。

なんじゃそれ。

自分の正当性を訴えたいんだろーけど因果関係が遠すぎるわ、そんでなんで相手の親にいいにくるねん、おめーはアーホーかー、と思いました。



「あいつの話術は巧妙やけどすぐバレよるからまだまだじゃ」

と実家のメンバーは苦笑いでした。



まあまあ今は冷静に分析できるようになって冷めた目で笑ってみれますが、そのときはめちゃめちゃ腹がたちましたけど。



巧妙なようで巧妙でないのでまだまだモラ道をきわめてないですね、我が家のモラ夫は。

名づけて「アホモラ」です。





 
 
 
モラとの交渉 (ウメ)
2005-06-03 23:11:59
こんばんは!



モラと交渉するって辛いですよね。

それでも慰謝料請求の手続きを進めるって

すごいパワーがいると思います。



私はもう連絡も取りたくないし、声も聞きたくない。

先日は私の結婚記念日でした。

虚しい気持ちで結婚式の日を、皆が祝福してくれた日を、神に誓った日を思いました。

そして、最近モラからメールが来ました。

他人事のように、丁寧なメールに非常な虚しさを覚えました。もう「ぎゃ~!」と言いたい気分です。



離婚すれば縁も切れるのかもしれません。

でもまっち~さんは、子どもを通して元夫とのつながりがあるのですよね。そして今後も続く数々の手続き。あ~、私だったらたまんないですね。気がおかしくなりそうです。痛めつけられた上、平然とおかしな理屈を付けるモラと、交渉しなければならないなんて。



それにしてもまっち~さんは、本当に一生懸命で一途な方だと感じました。きっとまっち~さんは自分にも厳しい方なのでしょう。他の人への配慮も人一倍気を使われ誠実に応えようとする方なのだと思います。一人一人へのコメントを見てもそう感じますし、まっち~さんのブログの文章を読んでもそう思います。人それぞれ、いろいろな考え方があります。自分の体験に基づく信念があると思います。それでいいと思います。同意する人も、反対する人もあっていいのです。10人いれば、10通りの考え方があるのです。まっち~さんは、まっち~さんの思うことを述べればいいと思います。そして、反対意見も「そうか」と、感じればいいと思います。私自身は、まっち~さんの虐待の記事に関して、多少違う考えを持っています。でもそれでいいのです。違う意見もあるのだと、いろんな意見もあるのだと、思えばいいのではないでしょうか。私達は著名な専門家ではないのですから(そこまで世間に影響はないのでは?なんて、失礼か?)。



まっち~さんとこうやっておしゃべり?できるのは楽しみです。

 
 
 
遅くなりました。 (いぐさんちひろさんAkoさんみなさんちよさんenamiさん)
2005-06-10 00:30:09
☆☆☆いろいろありまして、お返事がとんでもなく遅くなりました。

申し訳ございませんでした☆☆☆



■いぐさん



こんにちは☆



>全てが、これからのまっち~さんとお子さんの幸せのため、うまく進みますように・・・。

これ以上、まっち~さんが傷つかずにすみますように・・・。



ありがとう。

慰謝料より養育費が大切かなっと、少し思い始めてます。

傷つくのは、仕方ないですね。それも人生かなと・・・



■ちひろさん



こんにちは☆



>堂々巡りの思考スパイラル

すっごくうなずいてしまった。

今まさに私はそれです。



この単語かなりヒットだったようで(爆)

やっぱり皆同じところで悩んでいるのだなぁと痛感でした。



>ただ、もう夫に対しての愛がないので

平気と言えば平気です。

全く相談もせず話し合いもせず

全部自分で決めてしまう。



あ~わかりますわかります~。

相談したらどんどん話がややこしくなるから、全部こっちが決めるんですよね?



>話しの筋が逸れるのも一緒です!(笑)

なんなんでしょ。思わず笑ってしまいました。

馬鹿馬鹿しさに。



はい、離れてみると、それに「合わそう」としていた自分が一番、

バカバカですよね(泣)



>元に戻そうとすると怒って「話にならん」と言う。

本気で馬鹿なんじゃないかと思う。

俺様が正しい以外の事柄は理解できないらしい。



「話にならん」!!!言われた言われた~

どうしてこう皆同じなんでしょうか。

どこかで「モラ社員教育」でも受けているのかも・・・ですね。



コメントありがとうございました!



■Akoさん



こんにちは☆



>まっちーさん、なるべく穏便に事が進むように心から祈ってます。



はい、ありがとうございます!Akoさんに祈ってもらって、心強いです☆



>それにしても、ああ、本当に、我が家と、そっくりです。

父が母を突き倒した時のことを思い出しました。

痛みで起き上がれない母の側で、父は「ちょっと押しただけだ」と言いました。

病院に連れて行こうにも、脚を曲げることができず、救急車を呼ぶと言うと、「呼ぶなら呼べ。近所で恥さらしになりたいんならな。」

アンタが恥じさらしなことしたんだろ!!



ぶわははは(≧▽≦)

すみません、笑うところじゃない・・・

しかし、「自分のこと」しか考えてないですね、ホントに・・・

でも、私としてはAkoさんの場合元夫じゃなくて「身内」だけに、

ずけずけ言っていいのか微妙です・・・



>父は弁も立つので、母は太刀打ちできません。だからもう我が家には話し合いなんてものもありません。私も腹が立つので、必要なこと以外喋りませんが…。(笑)



そう、信じられない話ですが、

「筆談」してくれと迫られたことがあります(笑)

ほんとに、信じられない世界です。

そんなにコミュニケーションが嫌なら、どうして結婚したんだろう、ヤツ・・・



コメントありがとうございました!



■みなさん



こんにちは☆

私が昔使っていたHNと同じです~

すごい親しみ沸きます♪



>離婚予備軍です。うちのだんなもまさにこの状態なのです。わたしを殴ってもけして自分がなぐったことは誤らず、私がわるいからなぐったんだというばかり、痛かったか、大丈夫かとかぐらい聞けないのかよと言いたいです。でもそれを言うと逆ギレするし、病気だとおもって黙って無視するしかないんですよね。



ええっ、殴るんですか・・・

殴るなら、「無視」とか言っていないで「脱出」を視野に入れて

考えられたらいかがでしょうか・・・

私は相手が「モラ」の場合は共存もできると思っていますが(強い意志と精神力が必要ですが)

「DV」の場合ば家を出たほうがいいと思っています。

巷で「妻殺し」の話を聞くたびに、そう思います・・・

よかったら、また話しに来て下さいね?

ここでも、掲示板でもいいし。



コメントありがとうございました!



■ちよさん



こんにちは☆



>はじめまして。昨夜から今朝、もめて痛い事たくさんして、体も心もつらいので慰められようと思って「暴力」というキーワードでここにやってきました。



はじめまして、ちよさん。

大丈夫ですか?

心も体も、辛いですね。

まずは最初に一言、言わせてくださいね。

「あなたは悪くない」のです。

どうか、自分を責めないで、愛してあげてくださいね。



>他にも自分と同じような人がいる、という事で自分を慰めようと思っているのも間違いかもしれませんが、他にも自分みたいな人(あるいはもっとひどい場合)を見ると、慰められると同時に、なんだかやっぱりいたたまれない思いになってしまいます。

でも、なんとか皆、自分もそうだけど、前向きに物事考えられるようになれればいいな。。。



そうですね、「共感」とは、DVやモラの男と生活していれば、なかなか得られるものではなく

ここでは皆さんが同じようにつらい思いをなさっていますから、

心救われる思いになりますね。

「暴力」を受け入れず、どうか「私は殴られたくない」という今の気持ちを

大切になさって下さい。

私からのお願いです。

どうか、ご自愛下さいね。



コメントありがとうございました!



■enamiさん



はじめまして、こんにちは☆



>モラルハラスメントの検索で、こちらにたどり着くことができました。

今、パートナーとの関係を清算中です。

「堂々巡りの思考スパイラル」という表現が自分の経験した事と重なり合ってとても納得してしまいました。



はい、この単語とてもしっくり来ますね。

私は夫と7年も居ましたから自分で、「スパイラル」に入ったとき、

「ああ、また入ってもた・・・」とよく苦笑したものでした。

「清算」はうまくいきそうですか?

また、辛くなったら話しにきて下さいね。



コメントありがとうございました!

 
 
 
ごめんなさい、遅くなりました・・・ (かなぴさんM&Mさんぷくたさん酒蔵さんポラリスさん)
2005-06-10 00:32:35
■かなぴさん



こんにちは☆



>離婚は成立済み

養育費は滞ったことは無く面会も順調

で、私は慰謝料ではなく財産分与の調停を起こしている最中です。



おおお、ホントに似たような状況ですなぁ~☆(やっぱりウレシイ)



>気が進みませんよねぇ・・・

もう、やっと表面上は落ち着いてきたのに、余計な波風立たせたくないですよねぇ・・・

お気持ちお察しします。



はい・・・児童扶養手当の申請を、先日済ませてきました。

名字も手続きするところです。どういうのでしょう、着々と距離が保てると

逆に思い起こしたり掘り起こすのが面倒に思えてならないですねぇ。



>法的に白黒はっきりケジメようと思ったら、話し合いのできない相手と話し合いをしなくてはならない。

いくら第三者が間に立つとはいえモラはモラ、その外ヅラの良い仮面で第三者を味方に引き入れる可能性だってあるしその第三者もまたモラでないとは言えない。

調停員しかり、弁護士しかり、カウンセラーもまたしかり・・・



はい、もう、コピぺして自分の意見にしたいぐらいですわ。

うちは、「うつ病」をタテに逃げるおつもりです。

そのために、私と連絡を取るたびに「うつ、うつ、うつ」の連発です。



>二次被害テンコ盛りの世間と接するたび、いったい何を信じればいいんだ?何が正しいんだ?と吼えたくなりますわ^^;

同じ大阪の空の下、家庭裁判所に通う同志です。共にがんばりましょう!



おおっ、大阪ですかぁ!!

同じ家裁だったら笑いますね~(その節は宜しくです☆)

調停の場合は顔合わすことはないですよね。

裁判の場合は、私の答弁を後ろで元夫が聞くというシチュエーションがあるらしいのです。

想像するだけでうっとおしいです。

それに、元夫の答弁を聞くなんて、私後ろから羽交い絞めにしたくなるわ(ハアハア)



ともかく、お互いに頑張りましょうね☆また、結果を教えて下さるとウレシイです。

コメント、ありがとうございました!



■M&Mさん



こんにちは☆



>慰謝料請求裁判、「今」落ち着いているのにと思えばしんどいですが、それでも力を振り絞って、なんとしても少しでも多くの金額を勝ち取っておくにこしたことはないと思います。

骨折するような怪我をさせられて離婚になったことだけを考えても、慰謝料をもらうのは当然の権利ですから。

さらに、今うまくいっている面接、今きちんと払われている養育費、それがいつまで続くか、なんの保証もないですし。

本当に、面倒だし億劫だし疲れるし、もし億単位くらいのお金を持っていれば「もういい」と言えるのでしょうけれど。(笑)



はい、先日宝くじ買いました(爆)

ここのコメントと、次のコメントにおけるM&Mさんの「今が大事」

とても参考になるアドバイスだと思いました。

実は夫「うつ」を理由に退職する可能性もあるのですよね。

できるだけ頑張って、取りに行きたいと思うようになりました。



>財産分与とか慰謝料を取るとなると、口さがないことを言う人たちも出てくる可能性は残念ながらゼロではないと思いますが、負けずに頑張ってね。



はい、それもそうだと思います。

一度終わった話を・・・というのがあるので、できるだけ早く提訴しなきゃと思いつつ、

夫が「うつうつうつ」と言うので、足踏みしています・・・

でも、なんとか、1円でもいいから頑張ろうと思っています。



コメントありがとうございました!



■ぷくたさん



こんにちは☆



>ちょっとご無沙汰です(でも、しっかり読ませてはいただいてます)。



はい、ご無沙汰です。夏は間近ですね。お元気ですか?



>まったく同じだ・・・

またおどろいてしまいました。

ここまで、おなじとは・・・

「堂々巡りの思考スパイラル」本当にそうですね。

まっち~さんの思惑通り、少しでも気分が鬱陶しくならないようにことが進みますように・・・



そう、同じなんですよね。

私だけかと思っていたら。

ええ、提訴は正直考えるだけでうっとおしいのですけど(爆)

なんとか頑張りたいと思い始めています。

ほんと、色んなご意見がいただけて、有難いです☆



ともかくぷくたさんは体調を整えて、よく休んで下さいね。

コメントありがとうございました!



■酒蔵さん



こんにちは☆



>まっち~さん、あなたは素晴らしい。

もうもうもうもう、ファンです!

私も「表現する言葉」を捜しています。早くみつかるといいな……。



いやぁ~

ありがとうございます☆

これは動かない頭で、「同居中」に逃げ込んでいた単語なのですよ。

また単語発明してみますね☆



■ポラリスさん



こんにちは☆



>まっち~さん、はじめまして。

投稿するのははじめてですが、いつもブログは読ませていただいていました。

うちの夫もナルシスト系モラで、親離れできておらず、私の出産を機にモラハラがエスカレートしてきました。今は別居して、離婚に向けて準備中です。



おおっ、はじめまして、別居して離婚準備中とは、ついこないだの私と同じですね!!!

急ぐことないですよ、じっくり、じっくり、心の回復から図って下さいね。



>モラルハラスメントという言葉に出会うまで、どうしてこんなことになったんだろうと自分を責めてばかりいました。

そして、まっち~さんと同じく何とか話し合って解決しようと無駄な努力を繰り返しては更に傷を深めてしまっていました。

話し合いの流れや、セリフがうちとほとんど同じで、再現ビデオを見ているような気になってしまいました。

>こんなに頑張っている「俺」に文句言うなんて信じられない。

何でも「俺がこんなにしてやってるのに…」「俺の好意をふみにじりやがって…」「俺がどれだけ苦労してるか…」俺・俺・俺のオンパレード。

自分しかないとこ、そっくりです。



はい、そうなんですよね。

どうしてどうして、自分ばかりなのでしょうか。

話し合いですから、「俺」から始まるのは大切ですよね。

けれど、彼らの普通と違うところは、こちら側の話を全く聞いていないところじゃないでしょうか。

きっと、こちらが話している間は、「次の話題」「次のネタ」を考えているのだと思います。

それぐらい、こちらの人間の「意思の存在」を意識していない人種なのだと思います。

どう変換すればそういう受け取り方になるのか!!!

と懸命に分析しましたが、それこそ無駄な努力だったのですよね・・・



>モラハラを知ってあまりのショックに、現実を受け入れることが出来るまで長い間ボーゼンとしてしまっていましたが、まっち~さんの的を得た表現に「そうそう、私が感じていた違和感はこれだ!」って、たくさん気づかせてもらえました。

何だかわからないけど、おかしいんじゃないかって感じていた色々なことは、「こういうことだったんだ」って納得できて、スッキリしました。



はいはいはい、言わせて下さいね。「おかしい」のは相手ですからね、

ポラリスさんは悪くないんですよ~!ここ確認して、進んでくださいね☆

モラハラショックはわかりますよ。

自分の努力が全て「無駄だった」と知る瞬間ですからね、残酷ですよね。

でもでも、ここからの「無駄な努力」を全部省略できると思えば、

繰り上げ返済みたいで、お得な気がしませんか???



>夫にはお前がおかしいとすべて否定されていたので、私はおかしくないってわかっただけでも随分救われました。

ありがとうございます。



はい、ここからも揺れると思います。

いっぱい、「私がおかしいんじゃないか」と思わされると思います。

でもでも何度も思い出して、「私はおかしくない」と唱えて下さい。

ここの皆があなたの、味方です☆



>まっち~さんの凛とした姿勢、お子さんに対する深い愛情、お料理上手なところ、文章ににじみでている人柄、とっても、とっても尊敬しています。

今後の展開も、どうかまっち~さんにとってうまくいくようにお祈りしています。

私も、前向きに自分らしく生きていけるように頑張ります



うんうん、ウレシイです。

尊敬なんて、恥ずかしいですが。

お互い違うところで戦う者同士、頑張りましょうね☆

コメントありがとうございました!

 
 
 
大変遅くなりました・・・ (suimyさん、ころちゃんさん、ウメさん)
2005-06-10 00:33:36
■suimyさん



こんにちは☆



>「本当の辛さなんて、実際に体験した人にしかわからない!何の事にしても。」

・・・最近、心の底からつくづく思うことです。



ホントそうですね・・・

逆に不用意に、「立場になった」つもりでも、なりきれないのがほとんどですものね。



>さんざん傷ついてきたのに、今になってもまだ過去の出来事、酷いやりとり、を再現・証言しなければならない。

自分にしかわからない辛かった日々を、

今になって冷静に話さなければならない・・・

---なかなか臨場感まで伝えるのは難しいし、その時感じた同じ気持ちを本当に共感してもらえる言葉なんて・・・、実際には皆無に近いですよね。



はあ~・・・はからずも、ここで、涙です。

「その時感じた同じ気持ちを・・・」あの悔しさ、やり場の無い寂しさを

思い出しました。

同じ時間、モラと生活しなければ、誰にもわかってもらえないですよね。

本当に、あの理不尽さは、わかってもらえない。



>自分の納得のいく結果を得るためには、闘いに完全燃焼で挑むしかない!んですよね。

限られた可能性にかけて・・・。

本当に心はとても辛いですが、

完璧な一言で形容しようとせずとも、ムリしすぎず、思いのままに話してみてはいかがでしょうか?

あれもこれもと一度に頑張らず、話せることから一つ一つ伝えてはどうでしょうか?



はい、ありがとうございます。

弁護士さんは、特には聞かなかったですね。

もう26ページの論文を出してあるからだと思います。

心が被害から新鮮なうちに、書いておいてよかったと今更ながら思います。



>また神経フル稼働させなければならないと思いますが、納得いく話し合いになりますように・・・。



はい、ありがとうsuimyさん。(涙)心配してくれてうれしいです。



>私は本日、調停3回目(前回から2ヶ月近く、間が開いての開廷)でしたが、なんと今回は相手が出頭してこなかったんですよ。

これで話はまたまた先延ばしです。

とにかく逃げてますよ、大人になりきれていないモラ夫。



うわ、ありがちといえば、ありがち。

夫さん、不利ですのにね・・・

調停、もっととっととする方法ないのでしょうか。

彼らにとっては仕事でも、こちらにとっては人生の貴重な1ヶ月ですよね・・・



>普通が普通じゃない・正義が勝つとは限らない・正直者がバカをみる・一体何が正しいのか??一体誰が信用できるのか??な世の中、実は不公平・不平等な世の中、

と言っても過言ではない現実ですが・・・、

前を向いて生きてみましょう、お互いに。



はい、ありがとう。

ほんと仰る通りだと思います。

胸締め付けられるほど、どうしてこうなってしまったのかと落ちる夜もあります。

それはsuimyさんも同じかな・・・

お互い、ほんとに、頑張りましょう。明るいほうへ歩いて行きましょう。



■ころちゃん



こんにちは☆



>まっちーさんの文章、コメントされてる皆さんの文章、

同感することしきりで、つらい気分にさいなまれる中、こんな目にあってるのは私ひとりじゃないんだ、ってことに励まされちゃったりします。



はい、ここの投稿のコメント集、素晴らしいですね。

もう泣きながら返事してますよ。

なんだかこんなに優しい方々が苦しんでいるのが、理不尽で辛いですね。



>解決のためではなく勝つための論争、議論のすりかえ、モメてるさなかの海外旅行 etc

あー、もうみんな同じだ。

細かいせりふも一緒だ。



そう、細かいセリフまで同じなのですか。やっぱり「モラ星人」?



>なんでここまで巧妙な罪悪感のない行動がとれるんでしょうか。

こういう人間にバチは当たらないのでしょうか?

(今の心境ではバチよあたれ、と思ってしまいます。)



はい、彼らに「感情的世界」はないものと思われ。

よって、「経済損失」「社会的損失」以外で苦しむことはないという、

いわばとっても楽チンに生きられる人生を生きておられますよね。

バチがあたるとしたら、その二つの損失が一番ですから、

金員の法的請求は最もダメージ大ですよね。

モラ=ケチが多いですから・・・



>ちなみに我が家のモラは同居していたころ真剣な顔して

「コロが機嫌が悪くなるせいで出世ができなくなった。コロのせいで上司の評価が落ちた。コロのせいで同期に遅れをとった。」

と実家のコロ父に言いにきました。

なんじゃそれ。

自分の正当性を訴えたいんだろーけど因果関係が遠すぎるわ、そんでなんで相手の親にいいにくるねん、おめーはアーホーかー、と思いました。



ぶわははは(≧▽≦)

すみません、長いノコギリ想像しちゃいました。

人のせいにしたがる人間、本当にみっともないのですが、

それをしないと生きていけないところに、弱さを感じますね。



>「あいつの話術は巧妙やけどすぐバレよるからまだまだじゃ」

と実家のメンバーは苦笑いでした。

まあまあ今は冷静に分析できるようになって冷めた目で笑ってみれますが、そのときはめちゃめちゃ腹がたちましたけど。

巧妙なようで巧妙でないのでまだまだモラ道をきわめてないですね、我が家のモラ夫は。

名づけて「アホモラ」です。



ぶわははは(≧▽≦)

ああ~おかしい、ツボです。

「まだまだじゃ」といったコロ父、かっこいいじゃないですか~

実はうちの妹も長いこと「あのアホ」とうちの夫のこと言ってました(爆)



コメント、ありがとうございました!



■ウメさん



あっ、ウメさん、こんにちは☆



>モラと交渉するって辛いですよね。

それでも慰謝料請求の手続きを進めるって

すごいパワーがいると思います。



そうなんですよ~

いつまでダラダラやんのかなという感じで。

でもでも、ココロなしか、元夫はそれでも関われるから楽しそうな気がするのですよね。

勝負事、大好きですから。



>私はもう連絡も取りたくないし、声も聞きたくない。

先日は私の結婚記念日でした。

虚しい気持ちで結婚式の日を、皆が祝福してくれた日を、神に誓った日を思いました。

そして、最近モラからメールが来ました。

他人事のように、丁寧なメールに非常な虚しさを覚えました。もう「ぎゃ~!」と言いたい気分です。



ぶわははは(≧▽≦)あっ、すみません、笑ってしまって・・・

なんか「ぎゃ~!」がわかるもんで。

うちもメール、すっごいすっごい丁寧ですよ。バカ丁寧。バタ丁寧。

なんというか、敬語で、「ごめんなさい」とか「ありがとう」の連発なんです。

サムイボ立ちますよね。

何が気持ち悪いって、ギャップが激しすぎますから~!!!



>離婚すれば縁も切れるのかもしれません。

でもまっち~さんは、子どもを通して元夫とのつながりがあるのですよね。そして今後も続く数々の手続き。あ~、私だったらたまんないですね。気がおかしくなりそうです。痛めつけられた上、平然とおかしな理屈を付けるモラと、交渉しなければならないなんて。



はい、何と言ってもね、

「マトモな方が損」

ですよ。絶対に。

言うのも辛いし、聞くのも辛い。

先方は、どっちも勝負事だから「ウレシイ」わけですから。

弁護士さんとよぉく話し合って、そこらあたり、決めようと思ってます。





>それにしてもまっち~さんは、本当に一生懸命で一途な方だと感じました。きっとまっち~さんは自分にも厳しい方なのでしょう。他の人への配慮も人一倍気を使われ誠実に応えようとする方なのだと思います。一人一人へのコメントを見てもそう感じますし、まっち~さんのブログの文章を読んでもそう思います。人それぞれ、いろいろな考え方があります。自分の体験に基づく信念があると思います。それでいいと思います。同意する人も、反対する人もあっていいのです。10人いれば、10通りの考え方があるのです。まっち~さんは、まっち~さんの思うことを述べればいいと思います。そして、反対意見も「そうか」と、感じればいいと思います。私自身は、まっち~さんの虐待の記事に関して、多少違う考えを持っています。でもそれでいいのです。違う意見もあるのだと、いろんな意見もあるのだと、思えばいいのではないでしょうか。私達は著名な専門家ではないのですから(そこまで世間に影響はないのでは?なんて、失礼か?)。



ウメさん、ありがとう。

ここでこうやってそっと書いて下さったウメさんの優しさ胸に沁みます。

手を合わせて、本当にありがとう。



>まっち~さんとこうやっておしゃべり?できるのは楽しみです。



うんうんうん、私も、この「対話」と「交流」が大好きなのですよ~

皆違う空の下で、頑張ってる。

そして、皆、とてつもなく深くて優しい。

また弱ったら、ウメさんの肩貸して下さい。
 
 
 
ほんとうに・・・ (サンバ)
2010-08-25 06:24:22
はじめまして。いつも頷き涙ながらに読ませて頂いてます。

夫婦やって7年間。
夫婦の共感などなく、なんとかこどもでつながり、表面上家族をしてたと思います。

ただ今別居中。
モラ夫からはハネムーン期のメールがきていますが(返信しないですけど)、いつまたキレるか、傷つけられるかビクビクしてます。

まっち~さんが言われたように無理矢理議論しても思い通りの結論がでなそうだと「オレが専業主夫、になるからおまえが働け!!」と怒鳴られることしばしばでした。。
なんだそりゃと冷めて落胆してもうだめだと毎度思いました。

私も早く離婚したいっす(涙)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。