コメント
 
 
 
おやすみなさい♪ ()
2005-06-19 03:09:38
どんな結果を迎えたにしろ…

一度は愛し この先の生涯を共に過ごしたいと願った相手だから…

そこにある想いっていうか どうして???ってな想いが残るのは

ある意味 仕方ないですよね。うん。



私なんて 離婚から2年以上たち 元配偶者・私共に新たな生活を

送っているにも関わらず 未だに思うこと 多々ありますもの…。



でも…現状を把握し・理解して その先に進むしか…

それしかきっとないんですよね!



なぁ~~~んにも感じてない奴よりは ほんの少しでいい

何かしら”糧”にして 先に進んで行けるのなら…



何も無駄なんてないはず!



…そう信じて… ガンバっ!!!!  (^_^)/

 
 
 
ごゆっくり ()
2005-06-19 03:25:21
ブログを拝見させていただき、入籍前のことを思い出しました。毎日のように囁いてくる愛の言葉、そして「一緒に住もう。」

つき合ってすぐ彼は情熱的になっていました。



不幸中の幸いか、私の場合、モラ出現が早かったので、早めに心の整理に取り掛かることが出来ました。



>元夫のところは、危険だからだ。自由ではないからだ。幸せがないからだ。



そうですよね。

将来に希望のない婚姻生活。

子供がいない私が言うのもナンですが、もう、

「外の人」になったお子様、まっちーさんを傷つける可能性は少ないと思います。こうなったらとことん、お子様と幸せになってください!

そして、幸せな家庭はこういうものだ。とお子様に感じさせる家庭を築いてください。



 
 
 
いつも拝見しています ()
2005-06-19 10:56:56
はじめまして。

今春に結婚し、その少し前から読ませていただいています。

心当たりのある文章に出会うたびに悲しくなり、でもきっと

うちは違うはずと思い直し、過ごしてきました。

でも、時々苦しくて悲しくてよくわからなくなるときがあります。

抽象的な文章ですみません。

誰でも心底幸せな時間があったから今があって、それを

取り戻したいという気持ちが痛いほどわかります。

がんばっても空回り、疲れてきますね。

もっと自分のままでいられる環境を、冷静に考えないと

いけないと思っています。

でも、どの夫婦も全部違うもの。こうと決めつけずに

自分で納得のいくように過ごして行きたいと思います。

また、書き込みさせていただくかもしれません。

自分らしく生きるために、行動をおこされたこと

励みになっています。

 
 
 
本当に・・・ (ぷくた)
2005-06-19 19:39:30
ウチとすごく類似点が多くて、いつもひとり驚いています。



まっち~サンは、もともと優秀な営業ウーマン。

私もお仕事大好き人間でした。(今もですが)

そして、又うちも回りもうらやむラブラブカップルでした(うげっ!)

付き合ってるときから、ケンカもしょっちゅうしてたけど、

それはぶつかり合いと言うか、

モラハラな理不尽な攻撃とは全然違うものだった。

豪勢な結婚式も二次会も友達がいっぱい祝福してくれた。

二人のために用意された家には毎日のように、

友達が遊びにきていた。



それがいまや・・・

なんでこんなことになってしまったんだろう。

どこで間違ってしまったんだろう?

あの時ああしていれば・・?



又、迷路のようにぐるぐる回る・・・。



朋さんが書いてくださったように、

「何かしら”糧”にして 先に進んで行けるのなら…

何も無駄なんてないはず!」

私もそう信じて頑張ります。



いつも、まっち~さんのブログによって

私自身も気づかせてもらったり、心の整理をさせていただいてます。ありがとう
 
 
 
ためいき…ですね (ウメ)
2005-06-19 23:18:45
本当にね…

モラが最初からモラ全開人間だったら、私達はきっと最初から恐れて近づかなかっただろうと思うのですよ。



私もモラと付き合っていた頃のお互いが笑い合っている写真、結婚式で嬉し泣きしている写真、楽しかったこと、優しかったことなど、過去の遺物を見たり思い出したりすると、何とも虚しい心境になります。一番大事にしたかった人との関係が、なぜこうなったのか。

しかし、これがモラなのでしょうね。

モラ自身も抑えられないどす黒い衝動。



私は離れるしか自分を取り戻せなかったですし、離れなければ正気を保てなかったでしょう。もし仮に、夫が今後優しい顔を見せても優しい態度を見せても、もう私の心は微動だにしないでしょう。あの恐怖の体験は私の心にしっかりと刻みつけられています。決して、二度と、体験したくない。二度と。



そしてそうならざるを得なかったことは本当に残念なことです。本当に…。

 
 
 
ありがとうございました! (朋さん、環さん、咲さん、ぷくたさん、ウメさん)
2005-06-25 02:04:33
■朋さん



こんばんは☆



>どんな結果を迎えたにしろ…

一度は愛し この先の生涯を共に過ごしたいと願った相手だから…

そこにある想いっていうか どうして???ってな想いが残るのは

ある意味 仕方ないですよね。うん。



はい、そうですね・・・仕方ないんですよね。



>私なんて 離婚から2年以上たち 元配偶者・私共に新たな生活を

送っているにも関わらず 未だに思うこと 多々ありますもの…。



ああ、そうなんですね。2年経ってもなんですね。

復縁って、多いって聞きます。きっと、相手がモラでなければ、

お互いに大人になって、やり直しってあるのかも知れません。



>でも…現状を把握し・理解して その先に進むしか…

それしかきっとないんですよね!

なぁ~~~んにも感じてない奴よりは ほんの少しでいい

何かしら”糧”にして 先に進んで行けるのなら…



そうですね。懸命に自分らしく生きるなかで、

出会いと別れを繰り返す中で、きっとまた何かを得ると思います。

モラと居ても、何も始まらなかった。

転んでも、タダでは起きない、でいいんですよね。



>何も無駄なんてないはず!

…そう信じて… ガンバっ!!!!  (^_^)/



ヽ(=´▽`=)ノ

ありがとうございます~!

ガンバります☆



■環さん



おお~環さん!



>ブログを拝見させていただき、入籍前のことを思い出しました。毎日のように囁いてくる愛の言葉、そして「一緒に住もう。」

つき合ってすぐ彼は情熱的になっていました。



そうなんですね、環さんとこも、ラブラブだったのですね・・・



>不幸中の幸いか、私の場合、モラ出現が早かったので、早めに心の整理に取り掛かることが出来ました。



いやほんと、環さんは、偉いと思う。

見極めが早い。私は、「変」と思う自分を信じられなかった。

だからズルズルと長引いてしまった。

きっと環さんが、モラに苦しむ人のミチシルベになります。



>そうですよね。

将来に希望のない婚姻生活。

子供がいない私が言うのもナンですが、もう、

「外の人」になったお子様、まっちーさんを傷つける可能性は少ないと思います。こうなったらとことん、お子様と幸せになってください!

そして、幸せな家庭はこういうものだ。とお子様に感じさせる家庭を築いてください。



はい・・・

子供に、幸せって、思ってもらえているといいですね。

なんとしても、この子達は守りたいです。

幸せになります。ありがとうございます!



環さんも、いよいよ、っぽいですよね。

体調整えて、来る日に備えてください。

いつも、とっても心配していますし、応援しています。



■咲さん



いつもありがとうございます。

はじめまして。



>はじめまして。

今春に結婚し、その少し前から読ませていただいています。

心当たりのある文章に出会うたびに悲しくなり、でもきっと

うちは違うはずと思い直し、過ごしてきました。

でも、時々苦しくて悲しくてよくわからなくなるときがあります。

抽象的な文章ですみません。



あっ、新婚さんなのですね。

新婚さんだと、刺激が強いかもしれませんね・・・

心あたりがおありなのでしょうか。

どうか、モラではなく、せめて自己中おぼっちゃま男であることを祈ります・・・



>誰でも心底幸せな時間があったから今があって、それを

取り戻したいという気持ちが痛いほどわかります。

がんばっても空回り、疲れてきますね。



そうですね・・・あの辛さってないですね。

こんなに辛くあたるなら、

優しくなんてして欲しくなかった。

あんなに私を避けるなら、

熱く抱き締めて欲しくなかった。

そんな感じでしょうか。(詩にしてる場合じゃない・と。)



>もっと自分のままでいられる環境を、冷静に考えないと

いけないと思っています。

でも、どの夫婦も全部違うもの。こうと決めつけずに

自分で納得のいくように過ごして行きたいと思います。

また、書き込みさせていただくかもしれません。

自分らしく生きるために、行動をおこされたこと

励みになっています。



はい、また書いて下さいね♪

私のしたこと、思うことは、一例に過ぎません。

モラにもランクがありますし、夫婦の置かれた環境も異なる。

私は、今でも、添い遂げられるならそれに越したことはないと思っています。

できることならそうしたかったから、懸命に努力したし、

ボロボロになるまでそばに居たことも、間違っていないと思う。

すべて逃げずに向き合ってきて、こうなっただけのこと、だと思っています。



新婚の咲さん、辛いときはまた話して下さい。

どうかご主人がモラでありませんように・・・



■ぷくたさん



こんばんは☆



>ウチとすごく類似点が多くて、いつもひとり驚いています。



えええ~そうなんですね~

顔も似てるのかな~



>まっち~サンは、もともと優秀な営業ウーマン。

私もお仕事大好き人間でした。(今もですが)

そして、又うちも回りもうらやむラブラブカップルでした(うげっ!)

付き合ってるときから、ケンカもしょっちゅうしてたけど、

それはぶつかり合いと言うか、

モラハラな理不尽な攻撃とは全然違うものだった。

豪勢な結婚式も二次会も友達がいっぱい祝福してくれた。

二人のために用意された家には毎日のように、

友達が遊びにきていた。



おおおっ!!そうそう、しょっちゅう人が来てましたわ~

最初の頃だけだけど。

いやいや、家買ってからもしばらくは来てたかなぁ~

夫の友人私の友人、共通の取引先と、どんどん来ていたと思う!



>それがいまや・・・

なんでこんなことになってしまったんだろう。

どこで間違ってしまったんだろう?

あの時ああしていれば・・?

又、迷路のようにぐるぐる回る・・・。



あの時ああしていればは、ないのだと思いますよ。

それしか、なかったんじゃないでしょうか。

その時その瞬間に、ベストを尽くしてきたはずです。私達。



>朋さんが書いてくださったように、

「何かしら”糧”にして 先に進んで行けるのなら…

何も無駄なんてないはず!」

私もそう信じて頑張ります。



そうですよね。

失ったものは大きいけど、

だからこそここの皆と出会えたし♪

私は夫と別れて初めて「自分」と向き合うことができました。

だから私にとって「自分らしく」というのは、「生き直し」に近いものがあります。

毎日が新鮮で、ワクワクするのは、生まれ変わったからかもしれません。



>いつも、まっち~さんのブログによって

私自身も気づかせてもらったり、心の整理をさせていただいてます。ありがとう



いえいえいえいえ、こちらこそ本当にありがとう。

支えあう心、思い合う心の絆、ほっこりあったかくて、ありがたくて、嬉しいですね☆

こちらこそ、ありがとう。



■ウメさん



こんばんは☆



>本当にね…

モラが最初からモラ全開人間だったら、私達はきっと最初から恐れて近づかなかっただろうと思うのですよ。



うんうんうんうん、そうですね。

そんな、バカじゃないもんっ!



>私もモラと付き合っていた頃のお互いが笑い合っている写真、結婚式で嬉し泣きしている写真、楽しかったこと、優しかったことなど、過去の遺物を見たり思い出したりすると、何とも虚しい心境になります。一番大事にしたかった人との関係が、なぜこうなったのか。

しかし、これがモラなのでしょうね。

モラ自身も抑えられないどす黒い衝動。



はい。

元夫も、結婚式のビデオに向かって、「幸せにするよ!愛してるよ!」と叫んでます。

「うそつきぃ~~~!!!」

失礼致しました。。。

そう、それがモラなのですよね。人を大切にできない、人たちなのですよね。



>私は離れるしか自分を取り戻せなかったですし、離れなければ正気を保てなかったでしょう。もし仮に、夫が今後優しい顔を見せても優しい態度を見せても、もう私の心は微動だにしないでしょう。あの恐怖の体験は私の心にしっかりと刻みつけられています。決して、二度と、体験したくない。二度と。



ううっ・・・

本当に、本当にそうですよね。

「離れなければ正気を保てなかったでしょう」

まさにその通りですよね。

モラの、酷いところはそれですよね。

相手の精神を追い詰め追い詰め、出口をふさいでは、コーナーでボコボコにする・・・

私も、元夫のことは、二度とシンジラレナイのです。

信じられない以上、同じ屋根の下に住めないのです。

それだけですね・・・



>そしてそうならざるを得なかったことは本当に残念なことです。本当に…。



はい、激しく同感・・・です。

「そうならざるを得なかった」

本当に本当に、残念ですね・・・
 
 
 
モラは見抜けないですよね・・ (kao)
2012-01-27 22:59:18
私もモラハラを受けていました。子供を出産してからモラハラが出始めました。最初はやはり分からなかったです。あるときミクシィをみていてこれってDV?とふと思い、精神的暴力とわかりました。親戚の医者にそれは自己愛性人格障害と聞き、驚くほど症状がモラ夫の言動、行動にあてはまりました。モラは子供がまだ生後2ヶ月くらいで寝ている子供の頭に受話器や鍵を投げたり、(当たらないからいいじゃないかと言った。)
私に暴言罵倒だけでなく親、兄弟、親の営む会社や従業員まで、おまえら全員死ね、殺してやりたいと激昂してすごかったです。二次被害もあります。モラ夫の親が「○○さんが(私)怒鳴ったとか、父は何もしてないのに「モラ親を罵倒した」など嘘のオンパレードばかり。子供のために別れず頑張っていましたが、子供が高熱がある時に医者にはしごで何件か言ってまだ食事の支度が出来てないと言った時、「それはいいから早く帰ってこい。」でいざ帰ってくると「食事は?なんで用意出来ないんだ、離婚だー。」とマンション内で怒鳴り始め、「離婚届けを出すまで帰らない」と、マンション中に響き渡る声、関係のない親への脅迫で、怖くて離婚届けを出す羽目になりました。
届けを出してからもモラハラはひどかったです。毎日のように子供を会わせていましたが、私と実家に暴言、罵倒、脅迫の繰り返し。
なんであんな男だとみぬけなかったのと言われますがやはり分からなかった。反対にモラ夫は、再々婚すると息巻いています。また騙されるんですよね。最初の奥さんは料理が出来る人で何も悪くなかったのに、最後には、その奥さんの実家と奥さんの親が営むクリニックに奥さんの過去(女性ならつらい強姦のこと)をファクスで流すのですから、異常です。
相手に○○された可哀想な自分で相手の同情をかいます。でも真実は違ってました。
こちらのブログを今日初めて読ませて頂き、うんうんそうそうと同感したり、私は悪くなかったと気付かされます。ありがとうございました。
 
 
 
Unknown (saw)
2017-09-04 01:09:13
ときどき読みなおしに来てます。
3年前に離婚し、数か月後に
自分の経験がモラルハラスメントというものだと知りました。
こちらのブログを初めて読んだときは
涙で画面が見えなくなりました。

最近は「モラは見抜けない」の記事を読みにきてます。
こういうことが書かれている場は他のどこにもないので
たまに読みにきて心の支えにしているのです。
書いてくださってありがとう。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。