港区まち創り研究会(まち研)ブログ

港区まち創り研究会の活動の状況やまちづくりについての様々な情報をお伝えします。
海外の街あるきの報告もあります。

世界の街から33---イギリスのミルトン・キーンズ

2012-01-20 16:42:19 | イギリスの街から
・計画都市ミルトン・キーンズ
 ミルトン・キーンズはロンドンから70kmの距離にあり、計画人口25万人を目指したイギリス最大のニュータウンである。1970年に計画が発表され、着工された。詩人ミルトンと経済学者ケインズの名前を合わせて命名された。その後、人口は順調に定着し、現在およそ20万人の都市に成長している。住宅だけでなく、工場・オフィスも誘致され職住一体型の都市である。筆者がこの街を訪れたのは、およそ10年前である。

・歩車分離の徹底と碁盤目状の道路パターン
 この都市の計画の最大の特徴は、道路の速度により、道路構成を行っていることと歩車分離の徹底である。一方、専用化された道路は、碁盤目状に配置され、大きな交差点はロータリーになっているので準高速道路並みに走行できる。道路の沿道に、街路樹がびっしり配置されあまり景色が見渡せることができない。一方、住宅地内の道路は、車の速度を落とすような設計となっている。確かに、交通渋滞はほとんどなく、歩行者と接触する危険はない。車の利用を前提として、つくられた都市である。バスもあるようだ。

碁盤目状の車専用道路(高速で走れる)

全体都市図(機能が分散配置している)

高速道路(上)と低速道路(下)の分離

センター地区からのびる歩行者路

・低密度都市と農村集落の取り込み
 この計画区域に人口約4万人の農村集落があったが、保存しながら計画の中に取り込んでいる。この点は評価できる。都市全体は27戸/haと低密度である。
 広い公園・緑地もあり、自然豊かである。しかし、実際歩いてみると、農村のような風景でこれが都市だろうかと疑問を持つ。最初に行った住区は、大きな湖があり、湖からたくさんの水鳥が道の上を歩いており、人間は一人も見えなかったのに、ショックを受けた
イギリス人の理想は、農村に住むことという話を聞いたことがある。そんなイギリス人の嗜好が計画都市に現れているのかも知れない。日本人の感覚からすると、あまりにも寂しいという気持ちになる。老夫婦になった時に、どんな生活になるのだろうかとぞっとする。
 実際、自殺者が多いという裏話を聞いたことがある。

水鳥ばかりで人間の姿が見えない

戸建て住宅地はこんな感じ

集合住宅も低層である。当時、1戸300万円位で買えるといっていた

既存の運河を計画に取り込んでいる

緑道だが、寂しい

職場ゾーンのオフィス

・センター地区
 唯一、都市らしいところで、大きなショッピングセンターがあり、人もかなりいたが、にぎわうという感じでもない。シネマコンプレックスの建物もとなりにある。しかし、都市生活を楽しめるという雰囲気はない。

ショッピングセンター

シネマコンプレックス

・まとめ
 イギリスのニュータウンを代表する計画都市として、交通、住宅、自然、景観などよくできた都市と言えるだろう。
 頭で考えた機能的都市として完璧なのかも知れないが、都市の楽しさ、魅力はあまりないと言わざるを得ない。都市全体、寂寥感が漂う。住みたくない都市の一つである。
 建築評論家松葉一清氏もこのミルトン・キーンズを訪れてやはり相当がっかりした様子が著書「失楽園都市」に書かれている。失楽園都市はミルトンの叙事詩「失楽園」にかけている。
コメント   この記事についてブログを書く
« 港区後期基本計画に寄せられ... | トップ | 世界の街から34------ベルギ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イギリスの街から」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事