港区まち創り研究会(まち研)ブログ

港区まち創り研究会の活動の状況やまちづくりについての様々な情報をお伝えします。
海外の街あるきの報告もあります。

マンション建築確認取り消し 建築主が敗訴

2019-09-08 22:06:31 | 港区まち創り研究会
このブログを読んだ方のコメントから。
文京区小石川後楽園ル・サンクのマンション建築確認取り消し、建築主の敗訴が確定したそうです。
以下が8月19日の日本経済新聞に掲載された記事です。
このマンションを買われた方は、今後どうされるのですかね。
建築主が払い戻しをしてくれるのですかね。
無理な開発への一つの警鐘になるでしょう。
市民運動の勝利ともいえるでしょう。

-----------------------------------
マンション建築確認取り消し 建築主敗訴が確定

避難階段の不備などを理由に完成直前の東京都文京区のマンションの建築確認を取り消した都の裁決を不服として、建築主のNIPPOと神鋼不動産(神戸)が裁決取り消しを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は19日までに、2社の上告を退ける決定をした。16日付。請求を退けた一、二審判決が確定した。
地元住民から審査請求を受けた都建築審査会が2015年、マンション1階の駐車場は直接地上に通じる出入り口のある「避難階」には当たらず、避難階段もないことから条例違反とし、建築確認を取り消す裁決をした。建物は完成直前に工事が止まったまま残されている。
一審・東京地裁は、駐車場の床面と道路への出入り口の高低差などから駐車場は避難階に当たらないと判断し、請求を棄却。二審・東京高裁も一審判決を支持し、2社の控訴を棄却した。
コメント

地域が伝える日本の伝統文化アート展のご案内

2019-09-08 17:53:03 | ギャラリー高輪AO
今年も「地域が伝える日本の伝統文化アート展」をギャラリー高輪AOで9月20日~29日まで開催します。
主催は松ヶ丘会(高輪一丁目町会)で東京2020応援プログラムに認定され、港区から助成金を受けることが決まりました。
いろいろなジャンルの9人のアーティストが日本の伝統文化を伝えます。
今年は創作人形作家吉野光宝さんが御所人形を出展します。昨年のメンバーに加えてヒーリングアートの三嶋禮雄さんの水彩画、デザイン書というユニークなジャンルでの若尾敬子さんの出展が新しいメンバーです。
昨年好評だった國兼凛仙さんの書、関野洋作さんの木版画、阿部太郎さんの切り絵、大沼信之さんの色鉛筆画、イツカ・スターンさんの水墨画、矢沢正子さんの日本画が今年も出展します。
どうぞお楽しみに。入場無料です。
さらに、9月28日、日本の伝統文化の講演会がHUG高輪で開催されます。
講演される方はこけし蒐集家のイツカ・スターンさんがこけしについてお話します。また、吉野光宝さんが御所人形の魅力についてお話します。
講演会も入場無料です。どうぞ、お気軽においでください。
ちらしは以下の通りです。





コメント

羽田空港新航路の試験飛行

2019-09-08 11:10:09 | 高輪地区のできごと
みなと空を守る会」からの情報提供です。
8月末から9月の初めにかけて、朝6時~8時ごろ羽田空港新航路の試験飛行を行っているようです。
なんでも小型飛行機を飛ばしての試験飛行だそうです。
窓を開けた家の中にも騒音が入ってきました。
小型飛行機なので、音はそれほどでもありませんでしたが気になります。
これが大型旅客機ではどうなのかやはり不安です。
知らない人も多く、情報はもっと開示すべきだと思います。
コメント