豊中市ブログ「マチカネくんのとよなか草子」マチカネくんと魅力文化創造課職員が、豊中のさまざまな魅力を紹介していきます!

このブログの掲載内容についてのお問い合わせは
魅力文化創造課 06-6858-2872 (第一庁舎5階都市活力部)まで

チューインガムが歌う「トヨナカ・シティー」

2013年06月14日 | ちょっととよなか自慢

昨日は暑かったですねー

豊中はなんと!昨日6/13に最高気温日本一となる37.9度を記録6月の観測史上でも日本一気温が高いまちとなりました。

今日もとても暑いです熱中症など、十分水分を補給してお気をつけください。

 

さて皆さん、チューインガムという歌手をご存じでしょうか

チューインガムは、1970年代に日本で活躍した姉妹フォークデュオ

メンバーの松田りかさん・松田マミさんは豊中市出身で、1972年「風と落葉と旅びと」でメジャーデビューしました。

デビューした年はなんと姉りかさんが13歳、妹マミさんは11歳で、市内の小・中学校に通いながらの活動でした。

当時は、「天才登場!史上最年少のシンガーソングライター」と話題になったそうです。すごいですね

 

そのチューインガムの7枚目のシングルとして発売されたのが、「トヨナカ・シティー」です

 

「トヨナカ・シティー」 (作詩作曲/松田りか 編曲/山室紘一 発売日:1974 /8/1 品番:SOLB-166)

「私の住むまちは、とても素敵なまち」と始まり、「学生が集まる本屋」や「いつもの駅で胸躍らせる」など歌詞の中に豊中の日常の風景が散りばめられています。「ライラライライ」と続くリフレインも爽やかで、お二人のコーラスがとても心地よいです

 

また、チューインガムの2枚目のシングル「岡田さんの手紙」や、ファーストアルバムのレコードジャケット撮影場所は、桜塚高校です。意外な所でも撮影されていたんですね

 

当時の桜塚高校校庭にて(左が2ndシングル・中央と右が1stアルバムの裏表ジャケット)

 

近年では、ベスト盤CDアルバム「GOLDEN  BEST / チューインガム 発売日:2002/6/19 品番:MHCL-131」も発売されており、その中にも「トヨナカ・シティー」が収録されております。

 

現在、お二人はチューインガムとしての活動は行っておらず、公式ホームページは残念ながら作っておられないそうなのですが、ファンの方々が中心となって、ご本人の許可を得て運営されている公認ファンサイトがあります。

チューインガム公認ファンサイト「チューインガム資料室」

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ancoro/gumroom/index.htm

 

なつかしの「トヨナカ・シティー」改めてもう一度、お聴きになってみてはいかがでしょうか? 

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 阪急宝塚線沿線観光あるき・... | トップ | 豊島体育館でレッツダンス♪ »
最新の画像もっと見る