教科「情報」の「評価」について

今日は都高情研での評価ワーキンググループ研究会があった。およそ10名ほどが集まり、情報科での「評価」の現状や在り方などについて話し合った。
私がいうのも何だが、東京都も、ようやくここまできたのかな、と思う。
神奈川をはじめ、多くの道府県では、評価について、既に早くから取り組んでおり、ある程度の「成果」も見え隠れしているからだ。
もっとも、東京都は、3学年で開講する学校が多いので、「情報」の「評価」について「せっぱ詰まった」所がない、という現実もある。いろいろな意味で、東京は出遅れていると思う。
いずれにしても、大きな「柱」の一つである「評価」を、研究会の中でお互いに話し合える、という機会ができたことは、自分たちの授業を考える上でも、また、研究会の必要性という意味でも、大きな進歩だと思う。

もう一つ大きいのが、やはり「オフライン」での集まり、ということ。
研究会では、このBlogにリンクが張ってある方々も多くおいでになった。やはり、顔を合わせてでの情報交換は、色々な意味で刺激的である。
今日「夜の部」での一番の収穫は、「google」での「MAP」「サテライト」である。
早速試してみた所、何と感動的!!うちがばっちり見えてしまった。これはいろんなネタに使えそうだ。
教えてくださって感謝、感謝。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )