わんぱく通信

写真と日々の記録です/
思いついたまま書いてるのでちょっとあれです。ブログタイトル変えるのが趣味。



広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

はい!見てください

2008-01-03 02:05:29 | カルチャーみたいな何か

今更ですが、ポメラニアンズのザッキーのブログから知りました。

http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0043380/

↑GYAO カンニングの恋愛中毒 ♯70 芸人面接 ~鳥居みゆき~

ネタの凄さもさることながら、ネタ終わりの面接からがカオスです。何が本当なのかわからない。

カンニング竹山との絡みが面白い。

ザッキーはこの鳥居さんがコラムを連載している東スポ芸能の携帯サイトに

早速登録したそうでね・・・315円/月。

どうしようワタシも読みたい 

コメント (1)

うれしい悲鳴をあげてくれ

2007-12-03 01:57:51 | カルチャーみたいな何か

予定どおり先月30日に、予約していた本が届きました。

ロッキング・オン社から出た、いしわたり淳治著『うれしい悲鳴をあげてくれ』でございます。これは音楽雑誌ロッキング・オンJAPANに今現在も連載されているコラムが書籍化したものであります。私はJAPANを買ったら、お目当てのアーティストインタビューの次ぐらいに読みます。そのくらい好きでした。
コラムだと思って読んでいたのに最終的に小説になっちゃったよコレ。みたいな、なにかおかしな作りになっているのがいつも面白いなあと思っていたら、この本のあとがきに連載のオファーをもらったとき、事実7フィクション3ぐらいの温度感でコラムのような小説のようなものを書いてほしいとお願いされた、と書いてあって、あーーーやはりそうゆー名の下でやっていたのかと。。いやでも、いしわたりさん自身も言っていたけど、こんな高度なリクエストをするロッキング・オンさんもちょっと無謀だなと思いました。

それでも書けてるからすごいんだけどね・・・

 

いしわたり淳治さんとは、元スーパーカーというバンドのメンバーで、そのバンドが解散した現在では、今をときめくチャットモンチーのプロデューサーをしている人です。他にもいろんなアーティストに作詞楽曲提供していたりする結構すごいひとです。そしてなによりかっこいい。Kakkoii。

 

こんないろんなかっこよさをもちあわせた、いしわたりさんのこの本をぜひ読んでみてください。

ブログもやってますよ。

 

 

 

 

コメント (1)

ニコニコ

2007-11-29 22:14:37 | カルチャーみたいな何か
ニコニコで人の歌ばかり聴いてます。

みんなすげえ。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1326968

コメント

JAPAN

2007-11-26 17:01:12 | カルチャーみたいな何か

JAPANを買っても興味のあるバンドのインタビュー以外読んでいなかった私ですが。なぜだか今月号のJAPANはスミからスミまで 読もうと考えていて、今の段階でイイ線いってます。まあ、今月号は馴染みのあるというか、興味のあるバンドたちのが多かったから・・というのもあるかも。

まずバンプのインタビューは毎度のことだけど読み応えありますなあ。ほとんど喋ってるのは藤くんなんだけど、また今回も謎めいたことを話していました。丁寧に読まないと理解できなかったりするけど、そこがまた面白いですね。この人は一体何考えてんだ・・とか考えながら読むのが楽しい。そして来月号もまたまたバンプのNEWアルバムのインタビューが載るらしいです。わあ!

BaseBallBearのインタビュー・・・・ ちょっとショックでした。てっきり小出は小さい頃から今まで人気者の道を歩んできたのだとばかり思っていた。ブログの小話にもいっぱい友達の名前やら出てきてたし。やっぱこーゆ~人たちはあたしとは生きてる世界が違うんだよな~と。まさか小出がこんな経験をしていたなんて思いもしなかった。でもちょっとだけ嬉しかったり(-_-;)親近感?  卒業式の話なんか胸がきゅっとしめつけられる思いで。。 『十七歳』はやく聴きたい。

髭の2万字インタビューも楽しかった。2万字ともなるとかなりの量になるから、だいたいその人の幼い頃の記憶とかかなりパーソナルな部分からインタビューが始まったりするんだけど、それがおもしろいんですよね。インタビューを受ける人に変わり者が多いからかもしれないけど、2万字はすらすら読めちゃいます。人の人生を一から知っていくのってなんでこんなにワクワクするんだ?って感じです。特に興味ある人のなら尚更。いつかのバンプの藤くんの2万字は読むべきベキ!でした。

 

さて、

昼ごはん食べた後にモスの期間限定、霧島黒豚メンチカツバーガーを食べました。むしゃむしゃ食べてしまったので味がよく分かりませんでした。おいしかったのは確実です。まるでブタのよう。

 

コメント (1)

嬉しい出費

2007-11-20 01:56:22 | カルチャーみたいな何か

明日発売のJAPANを買いに行かなければならない。あ、もう今日になっちゃった。

 

バンプが表紙(!)で、バンプの12月19日に出る待望のNEWアルバム(T_T)の速報が載ってるという・・・・(感涙)。それと、BBBの12月5日に出るアルバム『十七歳』についてのインタビューまでも・・・・はァ。 だって、小出祐介 激白って書いてあったよ。読まなきゃ。他にしなきゃいけないこといっぱいあるけど、行かなきゃ買わなきゃ読まなきゃ。やばい。何やってんだか・・というわけでガッコウ終わって、お昼から天神に向かいまふ。地元の本屋は2日遅れで入荷されるらしいので発売日に手に入らないから。予報では雨が降るというのに行きます。ホントはあんまり行く気しないけど行こうと思います。2日ぐらい絶対待てるけど、今日買いに行かなければならないのです。

 

だれか私を止めてください。

 

いしわたり淳治さん、あなたの本まで予約済みです。

 

 

ハロゲン様様。でも低温火傷に注意。

コメント

はっ!!

2007-10-12 09:58:42 | カルチャーみたいな何か
今気付きました。この前買った、ふかわりょうの『無駄な哲学』という本。カバー写真撮ったの梅佳代だった! また出会ってしまったという感じです。いやーいつも うめかよにはビックリさせられるよ… この本見た瞬間何かが変だとは思ったんだよな~ 裏表紙なんて明らかにおかしなことになってるもん。でも 写真うめかよかな?と感づけなかったのが残念だ(゜_゜)


ところで、今更気付いたけど、
ふかわっていろんな才能あるんですね。DJをやっているのは知っていたけど小説まで書いてたみたいです。話題になったってたっけ?この本にもちょこちょこドラマっぽい作りの話が載っていたけど、ドラマ化してみたらってくらい完璧な気がします。行定監督っぽい雰囲気の画で、


どーでもいいが 秦基博は 宮崎出身らしいです。さすが九州人や!
コメント

品川ヒロシ

2007-08-21 01:27:40 | カルチャーみたいな何か
品川庄司の品川、好きじゃないけど ブログは読んでたりする、わたし。たまに、まとめ読みだけど。
しかも、なんと今日、本になった品川ブログ買っちゃったよ。
たぶん普通の精神状態なら買ってなかった。
だって全部パソコンで読めるよ・・・ ブログなんだから。
でも、なんかタイムリーだったんですよ。
前の日にちょうど品川のブログを久しぶりに読んで、書籍化されたって聞いて気になっちゃったんすよ。
しかも若槻千夏がオビにコメント書いてるって聞いて気になっちゃったんすよ。
気分転換ですよ。
てか、なにこのテンション。
しかも本屋に行って、探してないのに見つけちゃったんですよ。
なに、このいらないめぐり合わせ。
しかもぴったり¥1000。サプライズ。
どーでもいーけど、品川のブログ読んでると、アタシも芸人になりたい!
って思うね(笑) アホでかっこいいよ芸人は。
あーどうか芸人の嫁になれますように・・・

て感じで最近はますます芸能人のカルチャー本が気になるわたし、あと4日でハタチ。

ど~してくれる。
コメント (1)