prisoner's BLOG

見た映画のメモを☆=20点★=5点による評価つきでつけていますが、テレビ画面で見たなどの理由でつけないこともあります。

「けいおん!」

2012年02月12日 | 映画
もとのマンガもテレビ版もまったく知らないで見た。

女子高生のバンドの話であることは知っていたから、カワイイ光線ばりばりで見ていて辟易させられるのではないかと思っていたら、誰かに媚びて可愛いのではなくて自分たちが可愛くあるのが楽しい、好きという感じで、違和感なく見られた。
絵から動作から発声から衣装・小道具にいたるまで、日本人というのはなんでこうも可愛らしさに異常に敏感なのだろう。

女子高生でいられる時間、仲間と一緒にいられる時間は限られているという感覚が通奏低音のようにずっとあって、それでいてロンドン行きのエピソードとか卒業前の教室での演奏会といったイベントを今しかない式にことさらに特権的に祭り上げないでさらっと描いているのに好感が持てる。

演奏される楽曲がむやみとうまいでもなく(出だしのエアバンドはうまいけれど)下手でもなくというほどほど感がいい。本当はうまい人たちが演奏しているのだろうけれど。
(☆☆☆★)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


映画「けいおん!」 - goo 映画
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 2月11日(土)のつぶやき | トップ | 2月12日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

映画「けいおん!」  監督/山田 尚子 (西京極 紫の館)
【声の出演】  豊崎愛生(平沢唯)  日笠陽子(秋山澪)  佐藤聡美(田井中律)  寿美菜子(琴吹紬)  竹達彩奈(中野梓) 【ストーリー】 桜が丘女子高校軽音部の3年生、平沢唯、秋山澪、田井中律、琴吹紬の4人は、卒業を控え、いつも通りのどかな日々を送ってい....
映画 けいおん! (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★★“先輩と後輩の愛情に思わず涙”原作は4コマ漫画であることからか、テレビでも一貫したストーリーがあるわけではないのに、映画とは一体どんな展開になるのかと不安でもあり興味のあるところでした。 いろいろご都合主義的なところもありますが、唯たちの卒業に...
アニメ『けいおん!』考・その1 (徳丸無明のブログ)
『けいおん!』は、とある女子高を舞台とした、軽音部員達の何気ない日常を描いた作品だ。 小生は、自身の人生の中で、このような高校生活を送ることができなかったので、代理で......
アニメ『けいおん!』考・その2 (徳丸無明のブログ)
梓が先輩達に怒りを爆発させる場面がある。遊んでばかりいて、練習を真面目にしない、という態度に対してだ。 ひと悶着あった末に、遊んでばかりいる4人が、いざセッションとな......