prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「クヒオ大佐」

2012年06月16日 | 映画
どこからどう見てもつけ鼻をした日本人なのに、アメリカ空軍パイロットでカメハメハ大王やエリザベス女王の親類で、結婚したら軍から結納金が5000万円出るとかいう、どう考えてもヘタなホラとしか思えない話にだまされる女性たちがいたという実話をもとにした話。

堺雅人がものすごくいかがわしいけれど、とにかく女性には好感を持たれるという感じによく合った。

ただ、このキャラクターを紹介したラジオ番組が一番おもしろくて、原作それから映画とキャラクターが肉付けされるに従って、逆になんでこういうどう見てもバレバレの話にだまされるのだろうという素朴な疑問が気になるようになってしまう。
なんで、と思わせておくうち、想像の余地があるうちが花といいますか。
(☆☆☆)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


言霊大戦

クヒオ大佐 - goo 映画

クヒオ大佐 [DVD]
主演 堺 雅人
アミューズソフトエンタテインメント

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 6月15日(金)のつぶやき | トップ | 6月16日(土)のつぶやき »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

クヒオ大佐 (本と映画、ときどき日常)
監督 吉田大八 出演 堺雅人     松雪泰子     満島ひかり 結婚詐欺のお話です。 あんな胡散臭いアメリカ軍人?に誰が引っかかるの~って(爆 でもこれがイイ女が次から次へと(笑 さすが堺雅人の演技力。 肩ひじ張らずにニヤニヤと楽しめる作品です。
「クヒオ大佐」 笑いの中に人生の哀しさあり (はらやんの映画徒然草)
「私は相手の望むことをやっただけだ!」 ジョナサン・エリザベス・クヒオ大佐と名乗